仕事本格的に再開しました。

双子が順調に幼稚園になじんでいくのと同時に私の仕事もさりげなく量が増え、それが普通になりつつあります。やはり毎日双子が幼稚園に行ってくれる、そして帰宅後疲れてよく昼寝などしてくれる、というのは在宅で仕事をする上で非常にありがたいことである。以前は双子が寝た夜中と土日に夫がみててくれる間しか仕事はできなかった。入園前はしばらく仕事をお休みしていたとはいえ、それでも急な仕事を頼まれることもあった。日曜日の午前中にピカのお弁当巾着を作り、昼ごはんにイカ入り焼きそばを作り、午後はルカのお弁当巾着を作り、夕飯にレンコン入りメンチカツを作ってる途中でバイク便が持ってきた素材DVDを受け取り、夜中にその映像から字幕を作る、などという一日中いろんなものを作ってるなーという日もあった。

集中して仕事できる時間が確保できると本当に楽だ。今まであんなに苦労して育児の合間に仕事して、どっちも中途半端みたいな気がしてストレスを感じたりしたことが嘘みたい。こんなことなら生まれてから幼稚園に入るまでは育児だけに集中すればよかったのではないか、とも思った。でももしそうしていたら、今のようにいきなり仕事モードにはなれなかっただろうし、ブランクによる能力の低下みたいなものもあったに違いない。何より、双子育児の大変さを理解してくれて、ペースに配慮しながら私に仕事を依頼し続けてくれたコーディネーターさんの存在が大きい。私を信頼してくれてると思えるからこそ、そのやさしさに甘えることなく質の高い仕事をしようという気持ちを持ち続けられてる気がする。

現在取組んでるのはコメディ映画のコメンタリーで、久々の長尺です。たぶん字幕は2000枚ぐらい。なかなか歯ごたえのある仕事です。がんばるぞー。

[PR]
by honyakusha | 2009-05-19 17:05 | 仕事・趣味 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 夜中のゴーフル アスパラ=asparagus >>