やなせたかし先生

アンパンマンミュージアムにて。あまり目立たないとこにあったこれに私は釘付け。
e0122514_15582837.jpg

双子に「これなあに?」と聞かれて、「アンパンマンは困ってる人がいると“元気をお出しよ”と言って自分の顔をちぎって食べさせてあげるんだよ」と説明しようとしたけど途中で胸がいっぱいになって話せなくなってしまった。
突然黙ってしまった母を双子は不思議そうに見つめていたけど、きっと君たちにもそのうち分かるよ。

こんなすごいキャラクターを世に送り出したやなせたかし先生は今もごく普通の2LDKで、謙虚な暮らしをされてるそうです。

[PR]
by honyakusha | 2009-08-26 16:10 | 仕事・趣味 | Comments(2)
Commented by ciconata at 2009-08-27 08:46
honyakusyaさん、おはようございます^^
コメントとても久しぶりですが
ちょこちょことお邪魔いています。

アンパンマンの優しさ、honyakusyaさんが胸がいっぱいになったこと
なんだかとても共感してしまって。
今は分からなくても、その優しさが分かって
優しさを分けられるような人になってもらいたいな。
子供たちがアンパンマンに興味を持ち始めて
つい先日やなせたかし先生のこといろいろ読んでいました。
その時に本当の意味で偉大さを知って
なんて素晴らしい方なんだろうって。
感動していたところなのですよ。
Commented by honyakusha at 2009-08-29 04:50
ciconataさん、おはようございます。
実は私もよくお邪魔してるのでお久しぶりというより
毎度どうも!な感じです。いつもマメにお出かけ&更新されていて感心しています。

共感してくださってどうもありがとう。
私も新聞などでやなせ先生のインタビューなどを読むたびに
素敵な方だなあとあこがれています。
子どもたちは無償の愛を受けることで、強く優しい人に育っていくんだろうなと思います。
アンパンマンは無償の愛をとってもシンプルに分かりやすく示してくれて
親としても、ああこんな風に手を差し伸べればいいのね、と思うのです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 山の家 久々にミュージカルなど >>