ぞくぞくぶるぶる

PCに向かってひたすら字幕を書いてると、なんだかぞくぞくと寒い。キーボードを打つ指もブルブルと震えてうまく打てない…。急に気温が下がったせいか、それとも今訳してる作品が霊が出現する内容だからなのか、それとも単に腹が減って血糖値が下がってるのか。

ずっと仕事してるとピカが背後霊のように立って私の見つめるPC画面を後ろから見ている。「その・・・も・・・きたい・・・で・・・よう」などとぶつぶつつぶやいているのは、字幕のひらがなの部分だけを読んでいるのだ。

そういえば先日夫が双子を連れて科学館に行ったら、マイクに向かって話すと声のトーンが低くなってスピーカーから聞こえる、という実験装置みたいなもんがあったそうだ。ルカがそのマイクを使って話したら、スピーカーから聞こえてきた声があまりにも私にそっくりで、夫はぎょっとしたらしい。「母も行きたいよー!」という私の思いはそのような形で現れていたのね。

[PR]
by honyakusha | 2010-09-25 11:28 | 仕事・趣味 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< まだまだいけるぞ いきなり晩秋みたいな >>