ハロウィーン・パレード

今日は午前中、バザーの準備で幼稚園へ行き、昼に帰宅してご飯食べようかなと思ったとたんに幼稚園から電話。またルカが発熱で早退させるから迎えに来てくださいですと。夕方病院へ連れてったら、同じクラスの男の子がルカと似たような症状から悪化して点滴を受けていた。ルカもこじらせないよう明日はお休みだな…。どうしよう、あさっての朝までにやらなくてはならない仕事。まだピカの七五三の着物の肩上げとか半襟付けも終わってないけど。

昨日はピカの英語教室のHalloweenパレードで、仮装した小さな子たちが100名以上ぞろぞろと練り歩きました。ピカはピーターパンの衣装にフランケンシュタインの帽子、ルカは不思議の国のアリスの衣装に魔女のヘアクリップをつけて参加しました。ルカは仲良しのメイちゃん(仮名)と手をつないで歩いていました。メイちゃんのパパはアメリカ人ですが日本語があまりにもうまくて、ママも子どもたちも英語がしゃべれるようにならないため、英語教室に通っています。メイちゃんのパパは『ロード・オブ・ザ・リング』のガンダルフの仮装をしており、もともと背が高いんだが身長3メートルぐらいになっていた。夏のキャンプで仕入れた枝を削って作ったでっかい杖をはじめ衣装は全部パパが自分で縫ったそうで、さすがアメリカ人。気合が違う。ネイティブの先生方もいい大人がそこまでやるか、というぐらいがんばって仮装していて感心しました。

花嫁さんみたいな白いドレス姿のメイちゃんが「あのね、ハロウィンじゃなくてハロウィーン(ウィーンにアクセント)なんだってパパが言ってた」とルカに教えてくれた。そうです!私も常々、疑問に思っているのです。Halloweenを「ハロウィン」って発音するのはすっごく妙な感じがするのに、なぜ日本ではみんな「ハロウィン」と言うのでしょうか。別にネイティブみたいに発音できなくても日本人は日本人らしい英語を話せばいい、と思ってはいますが、何もヘンな発音をわざわざ定着させなくてもいいのではないかと。これだけ一般化してしまうともはや改善の余地はないんだろうな。

レゴラスの仮装がばっちり決まってるメイちゃんのママ(長身でかっこいい)から「来年はぜひ仮装してね」と言われた。私に出来そうな仮装は……怪物くんかなあ。一年かけて考えよう。

[PR]
by honyakusha | 2010-10-26 00:26 | 歳時記 | Comments(2)
Commented at 2010-10-27 13:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by honyakusha at 2010-10-28 09:34
鍵コメさんへ。日本ではハロウィンは“仮装祭り”として定着した感があります。海外赴任帰りの家庭が多い地域なんかではTrick or treatをしてる例も多いようですが、どちらかというと子どもたちに仮装させて楽しむイベントみたいな気がします。でも日本にも、カトリックだから絶対しないという人もやっぱりいるし、洋物文化だから関係ないと無視してる人もいる。これはおそらくどこの国でも同じだと思う。ただ、小さい子のいる家庭ではもはや無視しようがないぐらい広まってしまってるので、ハロウィンがアメリカのマーケティングビジネスによって世界中に広まった民間の風習で、洋の東西を問わず、これを受け入れる人も受け入れない人もいるんだよということは、そのうち親が子どもに教えたほうがいいかもね。そういう点では、本来の姿とかけ離れた“サンタ祭り”として広まってしまったクリスマスともある意味共通してると思う。
名前
URL
削除用パスワード
<< 楽観主義でいこう オタク万歳 >>