学級閉鎖

今日は幼稚園の「お別れ合唱会」という行事であった。ピカの熱はだいぶ下がったけどまだちょっと微熱があるからどうしよう…。夫が「午前中はピカについてるからルカを見にいってやれば?」と言ってくれたけど、ピカ本人が「絶対にだいじょうぶ。ピカくん歌うからね!」と大変な張り切りようで、7時前には制服に着替えてしまったりしてたので、そこまで言うなら、とピカルカを幼稚園に連れて行った。

登園して3分後に幼稚園から電話で「ピカくん熱があるので教室には入れません」とのこと。今日ピカルカのクラスはインフルエンザによる欠席者が11名もいて午前中の合唱会が終わったらそのまま学級閉鎖となるそうだ。ルカが歌うのを母が見られるように、ピカはそのまま職員室内のベッドに寝かせておいてくれることになった。

ピカルカのクラスは3分の1以上がいないので、舞台上に並んだ様子もスカスカだった。女の子がほんの数名になってしまっていたけどルカは元気いっぱいに歌っていた。私は行事のたびに、2人それぞれに客席から手を振って合図したり2人がうまいこと画面に収まるようにビデオやカメラで撮影するのに大忙しなんだが、今回は撮影対象はルカ1人だから楽勝だなー、と思ってた。でも実際に見てみると、1人しかいないなんてつまらないなーと思った。多少忙しかろうが、やっぱ双子がいい。

[PR]
by honyakusha | 2011-02-21 21:52 | 双子 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 母の勇み足 母は結婚式へ >>