少しずつ、前を向いて

土曜日に、かつてロビンと何度か訪れた県立相模原公園に行ってきました。桜がきれいでした。
e0122514_230945.jpg


帰りに「ラ・リチェッタ」さんでランチして、売上が被災動物たちの義援金になるクッキーを買いました。

まだ時々どうしようもなく悲しくなってしまうけど、少しずつ夫も私も立ち直っていると思います。犬を飼うことを決めて、どんな犬をどんな形で迎えるかあれこれと考えたり相談したりしたワクワクな日々から、やがてその犬を心の中の愛おしい思い出にしていく過程まで、すべてを含めて「犬のいる人生」なのだなあ、と。

でもやっぱり単純な作業をしてる時なんかは、いろいろと考えてしまうので、このところアイロンかけが出来ません。夫がシワシワのシャツで会社に行っているので申し訳ないのですが。

ちょっと納期の厳しい仕事をしてキリリとせねば!と思ってたら、ちょうどそんな感じの依頼があり、勇んでお受けしたところ、なんと“犬”のドキュメンタリー番組でした。それも激しく感動の実話。なんというタイミング。

きっとこれが今私がすべき仕事なのだろうと思って、心を込めて訳します。

[PR]
by honyakusha | 2011-04-06 23:21 | | Comments(4)
Commented by すー at 2011-04-07 16:24 x
運命的ですね… その作品、ものすごく拝見したいです!!
Commented by さく母 at 2011-04-07 18:57 x
日曜日は砧公園前を通過しながら色々思い出しました~
オフ会の事、ゆめのすけと毎日散歩していたこと・・・
相模原公園も懐かしいな~
こちらの桜はゴールデンウィークかなぁ~
Commented by honyakusha at 2011-04-08 05:45
すーさん、
「どんな厳しい状況の中でも常に人間を愛してくれる。やっぱり犬は最高の友達!」というメッセージが伝わってくる番組です。これはロビンから私への伝言に違いないと思いつつ訳してます。
Commented by honyakusha at 2011-04-08 05:55
さく母さん、
桜を見るといろんな思い出が…と以前言ってましたよね。私もこれから毎年桜を見るたびにいろいろ思い出してしまいそうだけど、時が少しずつ心を癒してくれる、と信じて。また遊びたいね~。
名前
URL
削除用パスワード
<< いよいよ年長さん 今がんばってる動物たちのために >>