揺れたら「保存」

今日も未明にグラグラしました。その時、頭に浮かんだのは「保存」の二文字。

3月11日の金曜日、私は双子を延長保育にお願いして朝からせっせとテキスト翻訳をしておりました。昼前に「火曜に納品の予定でしたがクライアントの要望で、どうにかして月曜朝の納品にしてもらえないでしょうか」という電話がありました。まあ双子を迎えに行く5時まで頑張ればなんとかなるな、と思い「月曜朝でオッケーです」と言って、昼休みもそこそこに猛スピードで翻訳作業をしていたところ、なにやらユラユラと揺れ始めました。和室を仕事部屋にして畳に座って作業しているので、小さな地震でもすぐに気づきます。今それどころじゃないのよ、と揺れにも構わず作業を続けていたけどいよいよ激しくなってきたので、立ち上がって掃出し窓を開けて様子を見てたらますますひどく揺れるのでそのまま庭に出て、おびえるロビンに「大丈夫だよ」と触れながら、「神様、お守りください」と祈りました。高台にある我が家の庭からは、家々が大きく動き電柱が激しく左右に揺れている街の様子がよく見えました。

揺れが収まり、隣の畑のおじさんと少し言葉を交わして庭から室内に戻ると、PCの電源が落ちていました。停電していたのです。がーん。作業中のデータは…。立ち上がる前に「保存」しなかった気がする…。なんとか作業を再開したいけど、電気が復旧しないと何もできない…。とノートPCにバックアップしておかなかったことを激しく後悔しましたが後の祭り。

結局深夜まで停電が続き、月曜朝の納品に間に合うかなあ、とほほ、と悲しい思いを抱きつつも、懐中電灯の明かりの中双子や犬のことで精いっぱいでした。翌朝恐る恐るPCを立ち上げてみたところ、幸い自動保存でデータは残っており、土日の追い込みでなんとか月曜朝までに納品することができたのでした。

そんなわけで、とにかく今は、揺れたら「保存」、携帯の緊急地震速報が鳴ったらすぐ「保存」、と反射的に思うようになりました。でもやっぱり常にバックアップはしておかないと、と改めて思いました。

[PR]
by honyakusha | 2011-04-18 09:53 | 仕事・趣味 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< イースター 地震な日々 >>