なかなか家に着かないよ 大渋滞

すぐに猪苗代の整形外科に向かい、レントゲンを撮って骨折を確認し、つま先から足の付け根までギプスを装着した。ギプス装着前に骨を整復するため大人が4人がかりで足を引っ張った。これはかなり痛い。でもまあ我慢できないほどではない。

翌日の昼ごろ、ホテルを出発して自宅に向かった。しかし大雪により東北道は通行止めで、一般道も激しい渋滞でほとんど動かない。通常なら午後5時半には家に着くけどたぶん夜8時か9時になるな、と予想した。が、甘かった。

雪はやまず、通行止めは解除されず、延々と連なる車列はほとんど進まない。信号が青に変わってもびくとも動かないまままた赤になり青になり赤になり…。1時間に5キロも進まないから歩いた方がよっぽど早い。しかし私の足はギプスで固定され助手席のダッシュボードに載せた状態だ。こうしておかないと足がどんどん腫れてしまう。深夜0時を回った時点でまだ全行程300キロのうち30キロ程度しか進んでいなかった。いくらなんでも朝までには着くよね、と思った。が、甘かった。

夜が明けて首都圏に近づくにつれ、昨夜から渋滞に巻き込まれている車と路肩に放置された車両と出勤のために都心に向かう車とで、ますます混雑してきた。午前7時半になったので子供たちの小学校に電話した。「まだ埼玉県なんですが、全然進まないのでたぶんお昼にも間に合いません。」あああ、給食当番の白衣も持っていかなきゃならないのに…。

結局自宅に着いたのは午後1時過ぎ。まるまる24時間以上もかかりました。その間、夫は一睡もせずずっとハンドルを握っていました。私は運転を変わることも出来ず足をダッシュボードに載せたまま。長い長い24時間でした。

地元の総合病院に行き改めて検査をし、手術が必要だと言われた。予想どおりだ。しかしベッドが満床で入院は金曜、手術は月曜とのこと。無事に治るなら何でもいいです。

というわけで、今日これから入院です。
今回のスキー旅行、アロちゃんは寒さが苦手なので獣医さんでお留守番でした。仕事もスキー前にすっきり片付けておいたので、特に支障もなくそのあたりは幸いでした。

e0122514_1052198.jpg

[PR]
by honyakusha | 2013-01-18 11:15 | お出かけ | Comments(2)
Commented by ありちゅん at 2013-01-22 08:25 x
ひぇ~~~絶句。大丈夫でしょうか?大きなケガをなさったのに、ユーモアあふれる日記で…。ロッキーのテーマにはウケてしまいましたが、事態を考えるとやっぱり大変ですよね。くれぐれもお大事になさってください。うちも子供が小さい頃は、よくスキーに行きました。子供は上達が早いですよね。ゴンドラに乗りながら交わす会話も楽しいですし。でも、ホントにゆっくりなさってください。早くよくなりますように。
Commented by honyakusha at 2013-01-27 16:34
ありちゅんさん、ご心配いただきありがとうございます!
子供にはケガに注意するよう言っておきながら自分がケガしてとっても恥ずかし!な母でした。でもこの経験もいつか仕事の参考になる日がくるのではないかと。
ありちゅんさんファミリーもスキーの思い出がいっぱいなのですね。私もこれに懲りずにまた家族でスキーに行くぞ~♪と思ってます。
名前
URL
削除用パスワード
<< 骨折手術…痛かった。 やってしまいました…骨折 >>