「インフェルノ」

TOHOシネマズの割引券の期限が迫っているので、午後の用事までに帰宅できるようサクッと渋谷まで観にいきました。が、「インフェルノ」は割引料金800円では申し訳ないぐらいゴージャスな映画でした。

「神曲」の地獄篇が関係してるらしいので、以前kindleにダウンロードしてあった「神曲 -まんがで読破-」を電車の中でささっと読んでおきました。そのおかげでなんとなく冒頭から作品の世界に入りやすかったような。舞台となるフィレンツェの街が美しかった。個人的に若かりし日の思い出が詰まってる街なので、ポンテヴェッキオとかドゥオモの光景に、胸がキュンとしました。

ラングドン教授は“歩く博物館”みたいな知識の宝庫で、映画の中でも彼が博識を披露するシーンがちょくちょく出てきます。こういう人が身近にいたら翻訳中に史実を確認したりする必要が生じた時に便利だろうなあ、なんて考えてしまいました。

重厚な文化と歴史に縁取られた謎解きの楽しさが、なんだかとってもゴージャスな気持ちにさせてくれる映画でした。そして「字幕 戸田奈津子、監修 越前敏弥」という王道コンビネーションも、これまたゴージャスな印象。

ダン・ブラウンの著作もこのところ読んでませんでしたが、改めてどっぷりと謎解きの世界に浸ってみたくなりました。

[PR]
by honyakusha | 2016-11-08 15:17 | 本・映画・舞台
「奇蹟がくれた数式」 >>