「ダンケルク」

ダンケルクから、ただいま帰還いたしました。

もうこの浜辺からお家には帰れないだろうと半泣きになりながらも
最後まであきらめなくて本当によかった。。。
泳ぎが得意でよかった、と途中何度も思いました。
とは言ってもあんなに銃弾やら魚雷やら飛んでくる中
無事に脱出できたのは、もう奇跡としか言いようがない。

そんな気持ちになるぐらい、臨場感たっぷりでした。
またしてもやってくれたなあ、クリストファー・ノーラン監督。

IMAXで観てよかった。
まだドキドキしてます。



[PR]
by honyakusha | 2017-10-11 15:15 | 本・映画・舞台 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 「ハンナ・アーレント」 感覚を磨くことが大切 >>