イエス様の癒し

日曜礼拝のメッセージはマルコ1章40~45節。
「重い皮膚病」を患っている人がイエスに癒されるくだり。
この「重い皮膚病」(新共同訳)は新改訳聖書第2版では「らい病」となっていた。
現在の第3版では「ツァラアト」に改訳されている。
これは元のヘブル語をそのままカタカナ表記しているもの。
牧師の説明によると、ヘブル語の「ツァラアト」は
ハンセン病に特定されるものではなく、複数の皮膚病を含む言葉だそう。
新改訳第3版は「ツァラアトに冒された人」となっているけど、
NHKや朝日の表記に従うと、病に「侵される」だと思う。

日本にも差別の歴史があるけど、当時もこのような病人は
けがれているとされて家族や社会から排斥されていた。
「神からも人からも捨てられた人」であり、自身でもそう思って疑わなかった。
しかしイエス様はためらうことなく「手を伸ばして彼に触って」癒された。
牧師は、イエス様はおそらくこのような患者に直接手で触れた最初の人、と言っていた。
イエス様もファーストペンギンだったのだと思うとなんだか親近感がわく。

しかし、そんなすごい癒しの奇跡をおこないながらイエス様は「誰にも言うな」とおっしゃった。
この世に来たのは罪をゆるすためで、病気を治すためではない。
病気を治してほしい人がどっと押し寄せると、罪のゆるしという本来の目的を達成できないかもしれないと思ったから。
しかし癒された人はその奇跡を言い広めたため人々が押し寄せ、イエスは町に入れなくなってしまった。
こういう人間の浅はかさにも親近感を覚えるのでした。

[PR]
by honyakusha | 2017-10-30 05:40 | 本・映画・舞台 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 洗濯機の買い替え 授業参観 >>