今年の終盤に向けて

昨日スーパーに行ったらクリスマスのお菓子が並んでいた。
ついにこの季節か。年賀状、どうしようかな。

今年の初めに、今後どういう仕事をしていくつもりなのか考えた。
乳がんになって、もう仕事は辞めようと思ったのは4年半前。
残り少ないかもしれない日々を子どもたちと過ごしたいと思ったから。

でもその後体も気力も回復し、1年近く休んだ仕事を再開してから
字幕翻訳をしながら合間に実務翻訳という働き方が続いてる。
いよいよ子供も小学校最終学年となり、来年は中学生。
母は少し離れて見守った方がいいような場合も増えてきた。

翻訳者として一段ステップアップしたいと思うようになったけど
一番やりたいのはどんな分野の翻訳なのか。
何が出来て何が出来ないのか。
それを知るために半年間スクールに通った。
結果的に、自分に何が足りないのかはよく分かった。
引き続き学びを続けるうちに、何がやりたくて足りない部分を補おうとしているのかが少し分かってきた。

残り少ない今年のうちに、来年からの仕事の仕方をより明確に
イメージできるようになりたい。


[PR]
by honyakusha | 2017-11-12 05:55 | 仕事・趣味 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 字幕制作会社のパーティー 「女神の見えざる手」 >>