豆柴の迷子を保護

昨日、家族全員でインフルエンザ予防接種に行こうと玄関を出たら
黒白の激カワ豆柴が飼い主さんも連れずノーリードでお散歩中。
通りかかった大型柴犬ポン太(仮名)に「遊ぼうよ!」と跳びかかったりしながらまとわりついていた。
ポン太はうろたえてるしお父さんも困り顔だったので
とりあえず豆柴を保護した。
人懐っこいけどなかなかリードを付けさせてくれず手間取った。
お散歩中によく出会う豆柴のクリちゃんに似ていたので
クリちゃんのお家をご存じと思われる柴犬サラちゃんのお家に向かった。

しかしその豆柴を見たサラちゃんのお父さんは
「この子は男の子だからクリちゃんではないよ」と。
確かに。
予防接種の後私は別の用事もあるため豆柴くんはサラちゃん宅に預けた。

サラちゃんのお父さんが警察に連絡してくれて
豆柴くんはパトカーに乗せられて警察に保護された。
2時間後に飼い主さんから問い合わせがあり
無事にお家に帰れたとのこと。
1歳4か月の男の子豆柴アレックスくん。フレンドリーで可愛かったなあ。

[PR]
by honyakusha | 2017-11-19 13:23 | | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 息子の英語理解度に驚く 「嘘つきヤコブ」上映会 >>