2009年 10月 05日 ( 1 )

運動会でした。

昨日は幼稚園の運動会でした。本当は3日(土)の予定でしたが、雨で一日延期となったのです。幸いにもスポーツの秋にもってこいのいいお天気となりました。小学校の校庭を借りて開催されたマンモス幼稚園の運動会。それはそれは壮大で迫力あるものでした。

一週間ほど前に幼稚園の園庭で総練習が行われ、アナウンスが我が家までよく聞こえていたので、思わず散歩を装ってのぞきに行きました。年少園児は電車の形のダンボールに入って競走するのですが、うちの息子はみんながまっすぐに走ってる時になぜか激しく蛇行していました。2両編成の電車の後部車両で蛇行するため、前の車両の女の子が一生懸命走ってるのになかなか前に進まず…。帰宅後「なぜあんなにくねくね走ってたの?」と聞いたら「だってピカくんくねくねしたかった」とマイペースな息子でした。

運動会当日の朝、夫が場所取りのため早朝4時20分に会場へ向かったところすでに100人もの列が!辛抱強く7時の開門を待ち、ダッシュしてばっちり場所をキープした夫はそのまま持参した朝食用のパンなど食べつつ私と双子を待っていました。私はお昼のお弁当や水筒を用意して、双子を連れて8時45分の集合時間ぎりぎりに到着。シートを敷いて待っていた夫に「場所はもっとあっちの方がよかったんじゃない?」などと人の努力を台無しにするようなことを言って夫を涙ぐませました。

本番ではピカは前の車両で走らせてもらったせいか、うれしそうにニコニコしながらちゃんとゴールに向かって一目散に走っており、私もホッとしました。親子競技は夫に2人分走ってもらいました。そして最後は全園児が親子で踊るんだけど、子どもたちは友達同士で盛り上がって踊っており親はいてもいなくてもいいみたいな感じでしたがとっても楽しそうでよかった。

運動会で父母が存在感を示すには、やはり最高に盛り上がる代表父母によるクラス対抗リレーの選手になるに限りますね。ああいうところでビュンビュン走って活躍できるお父さんお母さんは実にかっこいいです。子どもが小さいうちに、親はカッコイイ姿を見せられるよう自分の得意なスキルを磨いておくことが大事と思いました。走るのが速いとか楽器演奏がうまいとか、分かりやすい特技があるといいですね。私は多少得意なつもりの水泳とスキーをまたしっかりやろうっと。

[PR]
by honyakusha | 2009-10-05 22:36 | 歳時記 | Comments(0)