2011年 09月 23日 ( 1 )

敬老会

台風は無事に通り過ぎ、停電にもならなくてよかった。一気に秋めいてきました。

先日幼稚園の敬老会があり、静岡から私の父とK子さんが新幹線で来てくれた。K子さんは父の奥さんなので、私の義理の母という関係だけど、私と10歳しか違わない。K子さんは見た目も若いので私の姉と思われることも多い。なので私はずっと“K子さん”と呼んでいる。ピカルカにとっては「おばあちゃん」にあたるけど絶対におばあちゃんには見えない。ピカルカには「K子ちゃん」と呼ばれていた。

幼稚園では園児たちが、それぞれのおじいちゃんおばあちゃんを交えて歌を歌ったりゲームをしたりと楽しいひと時を持ったみたい。こういう機会でもないとなかなか家まで来てもらったりは出来ないので、幼稚園の企画はとてもありがたい。ピカルカは5歳となった今は岐阜のおじいちゃんおばあちゃんと静岡のおじいちゃんおばあちゃんをきっちり区別して認識している。そしてこのたび初めてK子さんがおじいちゃんの奥さんであり、つまりは自分たちにとってのおばあちゃんだと気づいたみたい。呼び方も自然と「おばあちゃん」になり、たっぷり甘えていた。K子さん自身は「おばあちゃんに昇格したのよ」とまんざらでもなさそうだった。

そして双子はおじいちゃんにランドセルを買ってもらった。ピカはお店に下見に行って決めたランドセルを、家でカタログに印をつけて楽しみにしていたのだ。
ついに来春は小学生か…。

e0122514_11221384.jpg

[PR]
by honyakusha | 2011-09-23 11:24 | 双子 | Comments(0)