カテゴリ:未分類( 22 )

ロックミュージカル「GODSPELL」

三軒茶屋のシアタートラムで上演中の「GODSPELL」(主演・演出 山本耕史)、2回観ました。新約聖書のマタイによる福音書の内容を2時間で表現するロックミュージカルです。バプテスマのヨハネのもとにジーザスが現れるところから始まって、弟子たちに数々の寓話を通して神の御心を説き、受難を経て十字架につけられるまでをロックの調べにのせて描きます。

1回目は、あまりの台詞の多さに圧倒されて内容に入り込めないまま終わってしまった。ジーザスと弟子たちの会話はテンポが速くて、山上の垂訓、ノアの方舟、放蕩息子の帰還、よきサマリア人、シーザーのものはシーザーに、などなど次々に話されるので、ある程度聖書の内容を知っている私でも、ただ台詞を聞いてるだけみたいな感じになってしまった。

でも2回目は、なぜか分からないけどすんなりと舞台の世界に自分の気持ちが溶け込んで、素直に感動した。山本耕史の演じるジーザスが熱心に教えを説き、苦悩しながら十字架に向かっていく姿に胸を打たれた。このミュージカルに登場するジーザスはすごく素朴で純粋で親しみやすい。服装とかずいぶんデフォルメされてるけど、そのおかげで見た目の神々しさみたいなごまかしがなく、とても好感が持てる。カトリックにいまいちなじめなかった私にとってはとてもリアルなイエスだ。GODSPELLに登場するジーザス、それはまさに、「ただ公義を行い、誠実を愛し、へりくだって あなたの神とともに歩む」という、神が人に求めていることをみずから実践している姿だったなあ、と昨日の礼拝での牧師の話、ミカ書6章8節の解説を聞きながら思った。
それにしてもオーディションで選ばれたという11人の出演者の皆さん、とっても上手くてびっくりしました。歌がすばらしかった。聖書をもとにこういう舞台が作られることも神様からのプレゼントなのですねえ。
アドベントの時期にこの舞台を観ることができてとても幸せであった。

73年の映画よりPrepare Ye the Way of the Lord. (“今こそ迎えよ主を”と訳詞されていた。この映像はポルトガル語字幕つき)
" target="_blank">

[PR]
by honyakusha | 2010-12-20 22:53 | Comments(0)

どんぐり

グリムスの木「ロビン」がまた元気に成長してるみたいでよかった。ブログを書くだけで植林活動に協力できるという、日ごろ余裕がなくてエコな生活もあんまり出来てない自分にとってはありがたいプログラムです。どんな木に成長するのか楽しみ。

双子は昨日は幼稚園の遠足で森林公園まで往復歩いて行ってきました。お天気にも恵まれ楽しかったみたいです。牛乳パックで作った“どんぐり入れ”を首から提げて、拾ったどんぐりをたくさん入れて帰ってきました。ピカは春の遠足は当日の朝に発熱し、運動会の夜も発熱。初めての預かり保育でも発熱して早退しましたが、秋の遠足は熱が出ることはありませんでした。帰宅後もすごくハイになってて落ち着きがないなーと思ったら夕方6時過ぎに2人とも眠ってしまいました。やっぱり疲れてたみたい。

先日またディズニーランドにいきました。
帰宅後ルカの描いたミニーとピカの描いたミッキー。
e0122514_1726668.jpg

[PR]
by honyakusha | 2009-10-24 17:30 | Comments(2)

思ったとおり…

うつってました。ルカにも。

昨日の朝にはピカはすっかり元気になってましたが、今度はルカがなーんとなく元気がないなー。起きてすぐの体温は37度台前半。午前中、母はせっせと翻訳作業を進め、夫と双子はシンデレラのDVDを見てましたが、DVDが終わったところで夫が「38.2度に上がってるから病院だ。」時刻は11時5分。休日診療所の午前の受付は11時30分までらしいので、母は大急ぎで支度して車を飛ばした。

休日診療所はマスクをかけた人々でごった返していた。車を止めるスペースもないので、一時停止させたまま「午前の受付は終了しました」という看板を無視して受付だけさせてもらい、待ってる人数が35人ということを確認していったん帰宅。夫が用意してくれてあったレトルトカレーを食べた。その後再び診療所へ夫とピカに車で送ってもらった。

結局3時間ぐらい待って無事診察を受け、タミフル5日分を処方してもらった。待ち時間が長くても、ルカは割りと元気だったし子どもが1人だとまあどうってことないな、と思った。でも3連休の間は休日担当の小児科医をもう1人増やすとか、行政にもうちょっとなんとかしてもらいたいとも思った。「絶対に新型インフルエンザウィルスを国内に持ち込ませない!」と目の色を変えて成田でチェックしていたあの時期に、実際に国内で大量感染が始まったらどう対処するか、ということをきちんと考えていたらもっと違っただろうに。(いくら取り締まっても密輸入や密入国を完全に防ぐことが出来ないのに、目に見えないウィルスの持込を防ぐなんて不可能に決まってるじゃん!)幼稚園でも流行のピークは10月はじめ頃と言われていたにもかかわらず、いまだにワクチン接種も始まってないし。

ルカは夜には熱もだいぶ下がって夕ご飯もおかわりしていた。夜もうなされることなくよく眠っていたし今日はすっかり元気になってる。あとは夫と私が発症しないといいな。

ロビンはいつもとかわりありません。
e0122514_7434251.jpg

[PR]
by honyakusha | 2009-10-12 07:48 | Comments(4)

うなぎ=eel

祝 父の日。

私は所用で出かけたので、夫はこころゆくまで双子と過ごせました。

「最近やけに体重が減ってズボンが全部ブカブカになっちゃったから」と、先日は細ピタなジーンズを買ってた夫。この間、家族で回転寿司に行ったとき、突然カラーンと音がして何かと思ったらテーブルの下に夫の結婚指輪が転がっていた。やせて指が細くなったため指輪がするりと抜けて落ちてしまったのだった。指輪って普通は夏になると抜けにくくなるもんなのに。年齢的にはメタボまっしぐらなはずなんだけど、はっきり言って私と出会った頃(11年前)より10キロぐらいやせてます。夫、大丈夫だろうか。

父の日の夕飯はうな重にしました。

[PR]
by honyakusha | 2008-06-15 21:31 | Comments(2)

パソコン=PC

新しいPCが届いた。今まで使っていた東芝のPCは3年間トラブル知らずでよく働いてくれてたんだが、ある朝突然モニターにノイズが入り、これはヤバイ感じ!と思ったらあれよあれよという間に画面がほとんど見えなくなってしまった。まあ、仕事は納品済みだったし、データは壊れてないみたいでよかった。

初めて買ったPCはSOTECで、2台目がDELL。今回壊れたのは3台目の東芝だった。その前にモバイル専用機として購入したリブレットがよかったので同じ東芝のダイナブックを買ったんだが、一般向けPCにはキャラクターがついてたりいろんなソフトがたくさん入ってたりして楽しいなーと思った。なにしろ自分はチャレンジャーなので、11年前に初めてPCを買ったときは、何も知らない初心者のくせに基本OSしか入ってないSOTECのマシンを取り寄せ、PCの裏蓋をねじ回しで開けてモデムを増設しBIOSを更新したりして、徹夜でPCと格闘していた。一人暮らしで暇だったのだ。

東芝のPCは修理すればまた使えると思われるが、今回は予定より半年早く新PCを買うことにした(メディアへの対応やスペック強化のために4年に1度買い換えることにしてる)。OSはXPがいいのでまたDELLにしようかと思ったけど、結局サポートに定評のあるエプソンに注文した。

連休を挟んでたけど、新PCはすぐに届いた。さっそく今週末納品の新プロジェクトに取り掛かる。なんて、実はたった5分間の特典字幕だけど。新しいPCは作業がすごーく速くてオドロキの快適さだわ!ただ、スピーカーがショボかった…。映像の仕事するには音声も重要なのに。仕方なく以前使ってた外付けのスピーカーをつなぐことにする。エプソンの無償サポート期間は3年間だ。ということは次の買い替えも4年後ではなく3年後なのかな。もはや生活に欠かせないPCだけど、仕事以外では極力PCに頼らない生活を心がけようと思う。
[PR]
by honyakusha | 2007-11-27 13:02 | Comments(2)

思わぬ事態その2=accicent part 2


その後も思わぬ事態が。

先週の金曜日、双子を一時保育に預けて、森林公園までロビンのお散歩に行った。雨模様だったけど、少しの間雨がやんでいたので、1時間ぐらいなら大丈夫だろうと車でパッと出かけた。休日は家族連れや遠足で賑わう公園だけど、こんな天気では人影はまばらだ。やがて小雨が降り出し、気づくと人はまったくいなくなっている。ちょっと心細くなったところで池の脇にある東屋にホームレスが寝てるのに気づいた。広々とした公園の中、いるのはホームレスと私とロビンだけ…。なんだか急に怖くなって早足で駐車場に向かったその時、ザザザーッと大きな音を立てて私が歩いていたすぐ右の山の斜面から、なんと人が落ちてきた。思わずギェー!と叫ぶ私。

人はそのまま小川に落ちた。雨で水かさが増している。人は泥に体が半分埋まって動けないみたい。というか、見た感じ3メートル以上も上の通路から山の斜面を転がって落ちてきたのでケガもしてるはず。声を掛けると「…大丈夫です・・・」と小さい声で言ってるけどどう見ても大丈夫ではないので、何とか助けなくちゃと思ったが、足場も悪く、ロビンもいるし、子どもたちを迎えに行かなくてはならないし、そうだ管理センターだ、と、すぐ近くの管理センターまで走って助けを呼びに行った。

年配の女性は無事救助され、そのまま病院へ運ばれたようだった。しかし、なぜあんなところで人が落ちてくるのか。ナゾは深まる。

翌土曜日。大雨。朝から乾燥機をガンガン回す。洗面所に入るとなにやらシンナー臭い。隣の家でペンキでも塗ってる?大雨なのに?夫に調べてもらったところ、どうやら洗面台の下の配水管から異臭がしていることが判明。窓を開け換気扇を目一杯回しても臭いはどんどん強くなる。まさか有毒ガス?ガス中毒で一家全滅?とりあえず吸わないようにする(←もう遅い)。引火する?とりあえず乾燥機を止めた。

こういうときは消防署かな?と消防署に電話して相談すると、すぐに調べに行きますとのこと。我が家は建って7年経つのにいまだにゼンリンの地図にも載ってなくて宅急便も迷子になる。いざというとき消防車がすぐ来るか疑わしいと思っていたので、これはいい機会かもとも思った。では、サイレンは鳴らさないで来てくださいね、と言って電話を切った。

消防車はすぐに来た。高らかにサイレンを鳴らして。おまけに救急車とパトカーも来た。土曜の朝から何の騒ぎだとやじ馬も来た。

銀色の防火服に身を包んだ消防士さんたちがダダダダダッと走ってマンホールのふたを開けたり検知器をかざしたりして家の内外を点検した結果、これは悪天候時に自然界から発生するガスで、臭いはかなり強いがすぐに人体に害を及ぼしたり爆発したりする類の物ではないということだった。あーよかった。この大雨の中で避難しろとか、家の配水管を掘り出すとかいう話になったらどうしようかと。

しかしこのところあまりにいろいろと予想外の事態が発生して、ドキドキハラハラしてばかり。でも何もないより一病息災みたいな日々の方がいいのかもしれない。と思うことにする。

[PR]
by honyakusha | 2007-10-30 18:07 | Comments(4)

24=TWENTY FOUR


子供の頃は未成年だからとか、お金がないからとか様々な理由でできなかったことが、大人になってからは自分の責任の範囲内であれば、たいがいのことは自由に出来るようになった。それをいいことに、やりたい放題やっていた私だった。

そんな私に神様は双子をお授けになった。子供をお授けください、という私の祈りに対し、いっぺんに2人もの子供を授けてくださったことを、当初は愛情深い神様の大盤振る舞いと思っていた。が、最近これは神様らしい周到な計画に基づく作戦なのでは、と思い始めた。

妊娠から出産まで、双子ならではの不安と困難があった。ぶじ産まれた後も、近くに頼れる身内もないため夫婦で力を合わせなければ双子との暮らしは一日たりとも成り立たない。ましてや愛犬の脚が不自由となれば、何かと介助してやる必要もある。一日24時間すべて自分のために使っていた時代が夢のようだ。どんなにがんばろうと自由意志を持ち始めた双子はまったく私の意のままにならない。あらゆる計画は頓挫し、自分の無力さに愕然とする日々。自分の責任で何でもできると思いこんでいた傲慢さにあきれるばかり。

やりたいことは山ほどある。でも自分以外の愛しい存在のために限られた24時間を使うのだ。ああ~、私がジャック・バウアーなら24時間で24週分ぐらいのことができるのに・・・。私が総理大臣なら一日を48時間にするべく憲法改正するのに…。そんなことを思いつつも、結局は自分自身よりずっと大事な愛すべき存在がこの世にあると気づかせてくれた神様の計画に心の中で感謝するのだった。

[PR]
by honyakusha | 2007-10-09 15:48 | Comments(3)

洗濯機=washing machine

残暑が厳しいのでまだプール活躍中。でも庭の風景も菊やススキが目立ってきて、今日が今年のプール納めかな。
e0122514_6311269.jpg


ついに洗濯機が壊れた。あと少しで10年に届かず。今年は我が家のあちこちでボロボロチームが選手交代を余儀なくされている。夫と暮らし始めた頃に買った初期のドラム式洗濯機はMade in Italy。まだ日本ではドラム式は一般的ではなかったんだなー。チャレンジャーな私がどうしても使ってみたくて買ったんだけど、期待以上の働きをしてくれた。双子が生まれてからは主に夫が洗濯担当となり、どう考えてもそれは許容量を越えているだろうと思うような大量の衣類をいっぺんに詰め込まれたり、双子が同時に嘔吐下痢の時は一日に何度も洗濯乾燥をさせられたりしても文句も言わずによくがんばってくれた。でもいよいよ力尽きたのか、すすぎの前になると止まってしまい、毎回違うエラーメッセージを発信し、更に水漏れ。無理もなし。そろそろ休ませてあげようと思ってたのだよ。ありがとう、洗濯機。

[PR]
by honyakusha | 2007-09-17 06:08 | Comments(0)

かぞく=family

定期購読を申し込んだ雑誌「かぞくのじかん」が届いた。う~む、さすが婦人之友社。期待通りのシブさだわ。テキストの多さと広告の少なさ、そして“キレイなママ”志向を全く眼中に入れていない内容が、既存の各種育児系雑誌とは感動的なまでにかけ離れていてあっぱれ。

モノを少なくしたいアナタ!「我が家のシンプルライフ化計画 子どもがいても、片づく家」の記事は必見ですよ。この記事にある「持ち数しらべ」で見比べてみると、我が家も食器・調理器具類、タオル類と洋服・靴の数に関してはかなりミニマムに近いところまで減らせてることが分かってうれしいのだった。現在はメディアと寝具を減量中。ついでに家計もスリム化したいなー。

12月発売の次号は子育て料理研究らしい。これも楽しみ。
e0122514_1544733.jpg
細長いビニール袋に入った三角形の積木。こんなもので長いこと遊べるのね。

[PR]
by honyakusha | 2007-09-03 15:25 | Comments(2)

光=optics

我が家にヒカリがやってきた。e0122514_1892480.jpg

ボクのことですか?





いや、ヒカリくんは前からいたけど、今回来たのはフレッツヒカリとヒカリ電話とスカパーヒカリ。もううちはヒカリだらけだよ。

コジマで「アクビちゃんの着ぐるみと一緒に写真を撮ろう!」みたいなイベントをやっていて、ついつい写真を撮ってもらったりしたら、それは光ファイバーキャンペーンの客寄せだった。今なら工事費がタダだしコジマで電気製品買うと3万円キャッシュバックの特典つき!と言われ、冷蔵庫買い換えたいから丁度いいかな~なんてまんまと乗せられてしまったカモな私だった。結局アクビちゃんとの記念撮影はルカが巨大なアクビちゃんを怖がって大失敗だったんだが。

そしてついにこのたび我が家にヒカリが来た。そしたらネットはもちろんテレビもFMラジオもすごくキレイに入るようになって予想以上に快適だ。電話も全国一律で安いから日本中にかけまくるぞー。ヒカリバンザイ。
e0122514_18231185.jpg
夫が配線作業中。お手伝いして迷惑がられている双子

[PR]
by honyakusha | 2007-09-02 18:05 | Comments(2)