カテゴリ:お出かけ( 38 )

英語でランチ

3年前にアメリカに帰国したご近所のアメリカ人ファミリーのパパが出張で日本に来てるので、ランチした。
日本に住んでた頃は、同じ幼稚園や小学校に通っていた英語が話せるママたち4人で家族ぐるみのお付き合いをしていたので、そのメンバーも参加。

常に英語の勉強をしてる身としては、ネイティブとお話しできるのはとてもありがたい機会です。
相手は日本人と話して日本語の勉強をと思ってるので
なんとなく英語と日本語まぜこぜで話す。

お友達ママの一人がイギリス人のご主人を連れてきてくれた。
英会話学校を経営してらっしゃる。
ご近所さんなので、よく家の辺りを散歩してる姿をお見掛けしてたけど
話すのは今回が初めて。
「英語の勉強中に分からないイディオムとかあったら
いつでも聞きに来て」と言ってくださりとっても頼もしい!
イギリスの英語は手ごわいからなあ。

今年初めてカキフライを食べました。




[PR]
by honyakusha | 2017-10-22 05:50 | お出かけ | Comments(0)

南紀白浜と奈良の旅

久々に飛行機の旅をしました。
羽田から和歌山の南紀白浜空港へ行き、アドベンチャーワールドへ。
パンダ可愛かった。上野動物園と違ってすぐそこに、ごく普通の動物みたいにパンダがいたので驚きました。
双子パンダを立派に育て上げた母さんパンダに私も続きたいと思いました。
昨年9月に生まれた結浜は3月にデビューしたばかりで、子どもらしく多動なところが実に愛らしい。お母さんはひたすらバリバリと音を立てて笹を食べていました。
e0122514_09302519.jpg



2日目と3日目は奈良で法隆寺や東大寺の大仏を見て回りました。
実物を目で見て、説明を聞いて、はるか昔の日本の国がどんなだったか想像力をかき立てられました。
平城宮跡では奈良時代の生活を体験できるイベントが開催されていたので、当時の人みたいな服を着てお店屋さんをしたり。
e0122514_09431111.jpg
旅って、行く前はちょっと億劫なんだけど、行くと楽しくってまた旅をしたいな、と思うものですね。


[PR]
by honyakusha | 2017-05-09 09:59 | お出かけ | Comments(0)

「◯◯◯も◯◯◯も◯◯◯も 展」その2

「◯◯◯も◯◯◯も◯◯◯も 展」で何に感動したかというと、自分の知らない生き方がそこにあったことです。

「まちを家に見立て、間取りを描く」という出展をされていた村上慧さん。
「国内のいろいろな町に行き、誰かの敷地を借りて、そこに自分の寝室を建てて寝るという生活をしています。そして近所の公衆トイレや銭湯を「自分の家のトイレ・お風呂」として間取りを描いてきました。」

今回の会場にも寝室を建て、六本木の街を自分の家にしているそうです。へええええ!

「ありそうで実在しない都市の地図」を出展されていた地理人さん。
7歳の頃から実在しない都市地図「空想地図」やバスの路線図を描き始め、今も描き続けているそうです。現在は都市や地域情報、地図に関する講演、ワークショップ、記事執筆を行ったりNHK教育番組やドラマで使われる架空の舞台の地図制作を行っているとのこと。ほおおおおお!

小学校でなかなか周囲と同じように行動できず苦労しているピカを見て、将来どうなるんだろうか、と不安の絶えない私にとって、このような方々の存在はまさに闇で光を見た思いでした。一般的な価値基準にとらわれることなく、他人に何と言われようと自分のやりたいことを真摯に追求し、それを発表する場を得て、見た人に感動を与える。とても豊かな生き方です。
きっとピカは母の想像力を超えた人生を彼なりに歩んでいってくれるはず、と思えたのでした。

寝室にお邪魔中。
e0122514_10503992.jpg

[PR]
by honyakusha | 2015-06-05 11:00 | お出かけ | Comments(0)

◯◯◯も◯◯◯も◯◯◯も 展@東京ミッドタウン・デザインハブ

「単位展」のついでに見に行ったんだけど、これがまた最高に面白かった。

エクスプローラー(探検家)が「アマゾンに行くぞー!」と思い立ちます。
e0122514_14383045.jpg


で、そのアマゾンがどこかというと、はるか先に見えるモニターの中なのです。
e0122514_14421847.jpg


こんなふうに望遠鏡をのぞきながらキーボードに打ち込むと
(ピカは自分のデジカメのモニター越しにのぞいてます。)
e0122514_14442659.jpg


モニターに表示されます。
e0122514_1452649.jpg


なんだかね、便利になったはずなのに窮屈な気がする、ちょっと距離をおいてみたらどうだろうか、という発想に感動しましたよ。

「各分野のプロフェッショナルが自らの専門分野の手法を用いて、異なる分野の魅力を表現します」という展示会ですが、どの作品も衝撃的に楽しくて、たいへん印象深かったです。

続く。

[PR]
by honyakusha | 2015-06-02 15:05 | お出かけ | Comments(0)

「単位展」

「『単位展』に行きたい!」とルカにせがまれ、六本木ミッドタウンの21_21 DESIGN SIGHTに行ってきました。
e0122514_15594893.jpg

確かに評判通りの面白さでした。長さ、重さ、速さ、量などなど、単位、深いですなあ。

近づくとどんどんピクセル化されてしまう。
e0122514_16554100.jpg



なんとなく予想はしてたけど、やはりそうでしたか…。
(キーボードで好きな言葉を入力すると、合計した文字の重さが表示されます。The weight of the lettersもしくはThe weight of the wordかな?)
e0122514_18423820.jpg



こうやって見て触れてみると、よく分かります。
e0122514_1675675.jpg


長さの単位「メートル」の解説 (これは知らなかった!)
“18世紀末のフランスで、世界共通で使える長さの単位をめざして制定された。当初は、「北極点から赤道までの長さの1000万分の1」を1mと定めていた。現在の1mは、「光が2億9979万2458分の1秒の間に真空中を進む距離」と定められている。なお、メートル法は現在、ほぼ世界中で使われているが、アメリカ合衆国ではヤード・ポンド法が普及している。”

なぜ2億9979万2458分の1秒なのか、それを追求していくとまた深い話になりそう。
せっかく世界共通を目指して制定したんだから、アメリカでもメートル法を使ってくれれば翻訳が少しラクだったのになあ。

[PR]
by honyakusha | 2015-06-01 19:00 | お出かけ | Comments(0)

細菌感染

先週木曜、ルカが熱を出した。病院に連れていき検査したらインフルエンザではないということだった。でも金曜朝も38度の熱がある。もう1日休ませることにして様子を見ていたら、夕方39.7度まで熱が上がった。やはりインフルエンザ?と思い再び病院へ行き、検査をしたがインフルでもアデノウイルスでもないということ。追加で血液検査もしたら、WBC(白血球数)とCRP(炎症反応)の数値がすごく高い。細菌感染つまり何らかのばい菌が体内に入ったことによる発熱らしい。すぐに点滴をすることになった。

医師や看護師さんはルカを怖がらせないようなるべくあいまいに「すぐだからね」とか「痛くないよ」と声をかけるのだけど、ルカはものすごく警戒して「何するの?」「また針を刺すの?」「あと一回だけ?」「何でやらなきゃいけないの?」「お母さんも一緒でなきゃイヤ」とはっきり厳しく自分の意見を言っていた。病院側としてはやりにくいだろうが、患者の立場としてはきちんとインフォームドコンセントをとるのは正しい姿勢と言える。

土曜の朝、無事に熱は下がった。でもまた血液検査と点滴をされてルカはとてもつらそうだった。本当は土曜の早朝からまたスキーに行く予定だったのだ。ルカはもう自分は元気になったからスキーに行きたい!と言う。ウイルス感染と違って伝染性ではないから解熱すれば後は問題ないはずだ。どうするか少し迷ったけど、血液検査では回復傾向にあるし、しばらく様子を見て大丈夫そうなので、昼過ぎに出発した。夜はゆっくりと温泉につかり、翌日夫と子供たちはスキー、私は温泉でのんびりと足を癒した。

[PR]
by honyakusha | 2013-02-12 05:59 | お出かけ | Comments(0)

なかなか家に着かないよ 大渋滞

すぐに猪苗代の整形外科に向かい、レントゲンを撮って骨折を確認し、つま先から足の付け根までギプスを装着した。ギプス装着前に骨を整復するため大人が4人がかりで足を引っ張った。これはかなり痛い。でもまあ我慢できないほどではない。

翌日の昼ごろ、ホテルを出発して自宅に向かった。しかし大雪により東北道は通行止めで、一般道も激しい渋滞でほとんど動かない。通常なら午後5時半には家に着くけどたぶん夜8時か9時になるな、と予想した。が、甘かった。

雪はやまず、通行止めは解除されず、延々と連なる車列はほとんど進まない。信号が青に変わってもびくとも動かないまままた赤になり青になり赤になり…。1時間に5キロも進まないから歩いた方がよっぽど早い。しかし私の足はギプスで固定され助手席のダッシュボードに載せた状態だ。こうしておかないと足がどんどん腫れてしまう。深夜0時を回った時点でまだ全行程300キロのうち30キロ程度しか進んでいなかった。いくらなんでも朝までには着くよね、と思った。が、甘かった。

夜が明けて首都圏に近づくにつれ、昨夜から渋滞に巻き込まれている車と路肩に放置された車両と出勤のために都心に向かう車とで、ますます混雑してきた。午前7時半になったので子供たちの小学校に電話した。「まだ埼玉県なんですが、全然進まないのでたぶんお昼にも間に合いません。」あああ、給食当番の白衣も持っていかなきゃならないのに…。

結局自宅に着いたのは午後1時過ぎ。まるまる24時間以上もかかりました。その間、夫は一睡もせずずっとハンドルを握っていました。私は運転を変わることも出来ず足をダッシュボードに載せたまま。長い長い24時間でした。

地元の総合病院に行き改めて検査をし、手術が必要だと言われた。予想どおりだ。しかしベッドが満床で入院は金曜、手術は月曜とのこと。無事に治るなら何でもいいです。

というわけで、今日これから入院です。
今回のスキー旅行、アロちゃんは寒さが苦手なので獣医さんでお留守番でした。仕事もスキー前にすっきり片付けておいたので、特に支障もなくそのあたりは幸いでした。

e0122514_1052198.jpg

[PR]
by honyakusha | 2013-01-18 11:15 | お出かけ | Comments(2)

春の帰省

春休みの間に夫と私の実家である岐阜と静岡に行きました。

3月下旬。山の中の実家はまだ寒かった。
e0122514_8372955.jpg
e0122514_8374856.jpg

アロンソも初めての岐阜で野山を駆け回っておりました。
e0122514_838231.jpg

家の裏の池にイモリを捕まえに行ったけど、まだ寒くて見当たらない。
おじいちゃんはやおらパワーショベルを持ち出してグオングオンと池の泥をさらいました。
結局イモリには逃げられたけど、ピカルカはパワーショベルを運転するおじいちゃんのカッコ良さを絶賛。
やるな~。


4月1日静岡へ。母校近くの公園は桜まつり。
そういえばここは高校時代のマラソンコースであった。
e0122514_8403888.jpg

e0122514_8404981.jpg
e0122514_8410100.jpg


年明けに転んで足を痛め、一時は車いす状態となっていた祖母が
しっかり自分の足で歩くようになっていてうれしかった。
現在98歳。
みんなでお寿司を食べたりして幸せでした。

[PR]
by honyakusha | 2012-04-09 08:54 | お出かけ | Comments(0)

カナダで食べたもの

カナダのcocoさん宅でいただいた食事はどれもすごくおいしかった。cocoさんは肉を食べないのだけど、私たちのためにダンナさんが立派な肉をBBQしてくれたりした。庭に置いたグリルを使って炭火で焼いた肉、魚、野菜は最高。

昔アメリカで住んでいたアパートは、広い芝生の庭をぐるりと囲むように小さな建物がたくさん建っていた。週末の夕方はたいての家が、その庭に面したパティオの脇に置かれたBBQグリルでお父さんが何かしら焼いていた。たぶんハンバーガーとか。日本だと、BBQというのは屋外で焼いたものを屋外で食べるというのが普通ということになってると思うけど、アメリカでは家でするBBQは、庭で焼いて、食べるのは室内の食卓というのが普通だった。たぶん昔の日本でサンマを七輪で焼く時は庭先で焼いて、室内で食べていたというのと同じことだと思う。

カナダではほとんどcocoさん宅で食事をごちそうになったおかげで、すごくバランス良い食事ができて、はっきり言って日本にいる時よりヘルシーな食生活だったかも。

パトリックが焼いてくれたサーモン。おいしかった。
e0122514_6123182.jpg


とうもろこしを剥くピカルカ&ミラルカ
e0122514_6132272.jpg

[PR]
by honyakusha | 2011-08-16 06:19 | お出かけ | Comments(2)

カナダで見かけた動物さんたち

カナダでは、野生動物をいくつか見ました。
ハーバーに来てるアザラシさんたち。
中には野生なのに、食べ物をねだってまるで芸をするみたい手で水をバシャバシャさせるアザラシなどもいました。
e0122514_654323.jpg


海辺の鳥
e0122514_662391.jpg


公園のアライグマ
e0122514_665126.jpg


バラの花を食べに来ていたバンビ
これはかわいかったな~。
e0122514_673288.jpg


他にもリスとかウサギとか。みんなかわいかった。
でもあくまでも野生なので、うかつに近寄るのはやめた方がいいようです。

[PR]
by honyakusha | 2011-08-07 06:12 | お出かけ | Comments(2)