カテゴリ:仕事・趣味( 104 )

愛 情熱 努力

昨日はオリンピックの男子ハーフパイプ決勝を生中継で見た。
そう言えばかつてスポーツニュースのボイスオーバーの仕事ばかりしていた頃、
Xゲームの翻訳もしたことがあった。
大会の実況とか、選手たちのインタビューとか。
ハーフパイプのいろんなワザの名前を調べながら訳した覚えがある。
10年以上前だと思う。

当時すでにショーン・ホワイトはスターだった。
そしてレジェンドと呼ばれるようになった現在も
トップの座を明け渡さない気迫の滑り。

この競技に対する愛情と情熱を原動力に
さらなる高みを目指して努力し続ける姿が垣間見えて
感動しました。

愛と情熱、そして努力。
これに尽きますね。

[PR]
by honyakusha | 2018-02-15 09:00 | 仕事・趣味 | Comments(2)

iPhone X に

iPhone Xに換えました。
今までのiPhone 5sがとっても好きだったのですが
いかんせん字が小さい。
なのでディスプレイが大きなXにしました。

やはり大きい画面はイイ!
もうKindleを持ち歩かなくても
いつでもどこでも本が読めると思う。

でも家から出ない日がほとんどだから
関係ないかも。
e0122514_17190677.jpg
今週の礼拝メッセージはマルコ3章。
イエスを陥れようと画策するファリサイ派が
いよいよイエス殺害を決意しヘロデ派と手を組むくだり。
牧師の解説をアメリカ人青年Shawn(仮名)に訳しながら、
すごくスリリングなサスペンス映画みたい~と思った。

礼拝にはいつもiPad Airを持っていくんですが
今後はiPhoneだけでもいいかも。

[PR]
by honyakusha | 2018-01-31 17:35 | 仕事・趣味 | Comments(0)

ため息…

すごくやりたい仕事をお断りしてしまった。。。
スケジュール的に無理だとすぐ分かったので
あまり悩むこともなく、お返事のメールもすぐに書いたのだけど
後になって、やっぱり受けたかったなあと。
ああ、せっかく声をかけていただいたのに…
ウジウジしています。

そういう時もありますよね!!

次は絶対に受けられますように!!!

[PR]
by honyakusha | 2018-01-24 11:25 | 仕事・趣味 | Comments(0)

ドキドキのチェックバック

木曜昼に納品→金曜の夕方ぐらいにはチェックバック
→土曜の夕方までにお返事を戻す
ということになっていました。
しかし土曜は息子の進路関係で昼には出かけなくてはならない。
チェックバックが来たらすぐに作業を開始して
土曜の朝ぐらいにはお返事をせねば、
とスタンバっていました。
木曜の学習発表会に続き金曜は授業参観で学校へ行ったので、
帰ってきたタイミングで食材が届くよう
ネットスーパーに注文し、夕食も早めに作っておきました。

しかし、なかなかチェックバックが来ない。
思ったより喋っていなかったとはいえ、1000枚近い字幕。
たくさん指摘されてしまうのかなあと不安が募る。

先に寝ておいて未明からの作業にしようかな、と思った頃 届きました。
「今回は代案など必要な箇所はございませんでした。」と。
チェックバックはなしで、そのまま社内最終チェックに回してくださるとのこと。
おお、まだ最終チェックは残っているけど、とりあえずホッとしました。

昨年から自分の能力をブラッシュアップする必要性に駆られて
スクールに通ったりトライアルを受けたり、
他の翻訳者さんのお仕事ぶりから学ばせていただいたりしました。
そんな中で見えてきた自分の弱点を、どうやったら補強できるのか
自分なりに試行錯誤しています。

今年最初のお仕事で、その成果が少し感じられてとってもうれしかった。
この調子でジワジワと、いい翻訳者に近づいていきたいものです。
今後も慎重に、冷静に、丁寧に、謙虚に、客観的に、仕事していけますように。

[PR]
by honyakusha | 2018-01-21 06:35 | 仕事・趣味 | Comments(0)

初仕事

年末年始は子供の進学関係の用事や
字幕講座の課題をこなす日々でした。
そして今日から今年最初の仕事に取りかかります。
かなり厳しいスケジュールだけど
ぜひとも関わりたい!と思っていた案件なので引き受けました。
大丈夫かな。ドキドキ。
頑張ります166.png

[PR]
by honyakusha | 2018-01-08 09:49 | 仕事・趣味 | Comments(0)

今年の勉強と仕事

もう今月には双子の中学受験が始まるので
その準備でドタバタしています。
無事に決まるといいなあ。

双子が中学に入ったら、もっと仕事に集中できるかと
その日を見据えて昨年はスクールに通ったりしたのです。
しかしその一方で、自分は英語が好きで勉強をしていたのであり
映像翻訳の仕事は、単に英語を学ぶ延長線上にあった、
だから自分が本来追求したいのは英語を学ぶこと、
という思いもあります。

通訳学校時代の友人たちと忘年会で話したとき
結局はみんな英語の勉強が大好きで通訳や翻訳をやっていると感じました。
子育てが一段落したからとイギリスの大学院に留学したり
今もエコノミストの定期購読していたり、本当に勉強熱心だわ。
私たちのメンターである先生も、衛星放送の立ち上げ期から
放送通訳者として第一線で働きながら、今もすごい勢いで勉強をされている。

忘年会の帰りの電車の中で先生は私に
オンライン英会話の効用を話してくださり
ぜひやるといいとおっしゃっていた。
先生は一日25分のレッスンを2年前から毎日受けているとのこと。

去年に引き続き、勉強を続けながら
去年より仕事量を増やすことを当面の目標にしよう。
勉強は、スクールの通信でドラマの字幕学習を継続しつつ
オンライン英会話にトライする。
仕事では、今までやったことがないドラマシリーズをやれたらいいなと思います。

[PR]
by honyakusha | 2018-01-06 05:54 | 仕事・趣味 | Comments(2)

通訳学校の恩師を囲む忘年会

年に一度、この時期に行われる通訳学校時代の恩師を囲む忘年会。
通訳学校に通っていたのは15年以上前のことになります。
会議通訳コースで週2回の受講を始め、途中からは
放送通訳やReading & Listeningワークショップなども受講していました。
講師はダメな部分をビシバシ指摘する方たちばかりで
授業は毎回とってもスリリングだったし
授業の後クラスメイトたちとカフェで何時間も
おしゃべりしたり、毎日がドキドキワクワクで充実した日々でした。

当時のクラスメイトたちは現在、
プロの会議通訳や社内通訳をしながら通訳学校の講師もしていたり
様々な分野の翻訳や翻訳学校の講師をしていたりします。

みんなの話を聞いて、みんな同じような苦労をしながら頑張ってるなあ
通訳も翻訳も、決して実入りのいい仕事じゃないけど
英語と日本語の世界を行ったり来たりするのが楽しくって仕方ないから
情熱を失うことなく学び続けてるんだなあ、と感じました。

通訳学校の受講終了後も、先生の下で5年ぐらい勉強会を続けていました。
しかしある時期「君たちよりもっと勉強が必要なレベルの人に教えたいから」と、
私たちは先生から勉強会卒業を言い渡されたのですが、
今回、勉強会にオブザーバーとして参加してもよい、ということに!

これはぜひとも!と思ったのですが、ちょうど双子の中学受験と
がっつり重なった日程になっているので、今回は無理かも。
でも次のタームはなんとしても参加したいところです!!

[PR]
by honyakusha | 2017-12-29 05:52 | 仕事・趣味 | Comments(0)

私の運動 スイミング

昨日は週1回のスイミングの日。
コーチの指導でストレッチ30分、スイム1時間、約1400メートル泳ぐというコースです。
いつもずーっとPCの前に座ってて首も肩もカチカチだけど、泳いだ後は全身のこりもほぐれ、気持ちもスッキリ。
スイミングスクールは車で3分のご近所なので、レッスン開始15分前までPCの前にいて、終了した15分後にはPCの前に戻って仕事再開できる、という手軽さがありがたい。
本当は週2回のコースだけど、私は週1回だけ。仕事の都合で別の曜日に振り返ることもたまにあるけど極力休まず通っています。

いろいろと仕事のことなど考えながら泳ぎ始めてもいつの間にか、どうやったら少しでも効率よく水をかいて速く泳げるか、ということに夢中になっている。これは水の中という非日常空間における人間の本能かもしれない。
とは言いつつ、昨日はスケジュールのことなど考えていたら、25メートルを一斉に泳ぐところで私だけターンして50メートル泳いでいて、コーチに止められるまで全く気づかなかった。どんだけやる気あるんだ、自分。

一緒のコースにいる皆さんは私より年上の方ばかりで、30~40年スイミングを続けてらっしゃる。いつも私の後ろを泳いでるM山さんは、私の亡き母より一つ年上だけどとっても元気で海外の大会にも出場されている。皆さんの体形や体力を見てると、私も長く続けようと思わされます!

[PR]
by honyakusha | 2017-12-05 06:23 | 仕事・趣味 | Comments(0)

「おいそぎ」→「時短」


いよいよ12月。何かと気ぜわしいこの時期、キーワードは「時短」。
e0122514_08051353.jpg
先日洗濯機を買い替えたのですが、新しい洗濯機には「時短」コースがあります。
前に使ってた洗濯機には「おいそぎ」コースがありましたが
この「おいそぎ」という言葉に取って代わったのが「時短」。
「おいそぎ」4文字、「時短」2文字。
字幕翻訳者としては、字数が気になります。

本来、「時短」という言葉は「労働時間の短縮」という意味で使われていましたが
近年は料理などの家事において使われているのをよく見聞きします。


るすめしレシピ

上田 淳子/自由国民社

undefined


「るすめしレシピ」は、留守にする時だけでなく、家にいるんだけど仕事部屋に引きこもって居留守状態ということも多い在宅翻訳者にとって、大変ありがたい料理本です。この本にある私のお気に入りレシピ「牛肉入りナムル」のページにも、「にんじんはスライサーを使ってせん切りにすればさらに時短。」とあります。

私も仕事に十分時間をかけられるよう毎日の家事など時短で済ませたい、と思ってはいるのですが
せっかちなくせに手際が悪いので、何かとものすごく効率が悪いのです。
せめて落ち着いて行動するために、あまり時短にとらわれずにゆったりとした気持ちで物事には取り組みたい。
とか言いながら、今日ものろのろしています。

[PR]
by honyakusha | 2017-12-03 08:28 | 仕事・趣味 | Comments(0)

カトリックの家で育ったことが字幕翻訳に役立つ

クリスマスが近づいて、街もツリーやイルミネーションで華やか。
私の育った家は祖母がカトリックのクリスチャンだったので
生後2か月で幼児洗礼、7歳で堅信を受けました。
物心ついたころから、土曜の午後は教会で要理を学んだあと告解とミサ、
日曜も朝からミサ(‟御ミサ”と呼んでいた)。
子どもの頃はこれがイヤだった。

しかし字幕翻訳の仕事をするようになったら
この経験に助けられることが多いのです。
欧米のドラマや映画では多少なりともキリスト教や聖書に関わる内容が
登場することが多いですもんね。
思い切り教会が舞台で告解室のシーンがあったりすると
自分が告解室で口にしていた文言がよみがえります。
神父様とのやり取りで使う定型の文章が書かれた紙が告解室内に置かれていて
それを見ながら唱えていました。

子どもの頃はイヤだった環境も、実はすごく恵まれていて
日々、得難い経験をさせてもらっていたのだなあ、と今では思います。
e0122514_05430022.jpg
堅信を受けた7歳のクリスマスに代母(godmother)から贈られたペンダント。


[PR]
by honyakusha | 2017-11-30 05:55 | 仕事・趣味 | Comments(0)