カテゴリ:歳時記( 34 )

運動会でした。

昨日は幼稚園の運動会でした。本当は3日(土)の予定でしたが、雨で一日延期となったのです。幸いにもスポーツの秋にもってこいのいいお天気となりました。小学校の校庭を借りて開催されたマンモス幼稚園の運動会。それはそれは壮大で迫力あるものでした。

一週間ほど前に幼稚園の園庭で総練習が行われ、アナウンスが我が家までよく聞こえていたので、思わず散歩を装ってのぞきに行きました。年少園児は電車の形のダンボールに入って競走するのですが、うちの息子はみんながまっすぐに走ってる時になぜか激しく蛇行していました。2両編成の電車の後部車両で蛇行するため、前の車両の女の子が一生懸命走ってるのになかなか前に進まず…。帰宅後「なぜあんなにくねくね走ってたの?」と聞いたら「だってピカくんくねくねしたかった」とマイペースな息子でした。

運動会当日の朝、夫が場所取りのため早朝4時20分に会場へ向かったところすでに100人もの列が!辛抱強く7時の開門を待ち、ダッシュしてばっちり場所をキープした夫はそのまま持参した朝食用のパンなど食べつつ私と双子を待っていました。私はお昼のお弁当や水筒を用意して、双子を連れて8時45分の集合時間ぎりぎりに到着。シートを敷いて待っていた夫に「場所はもっとあっちの方がよかったんじゃない?」などと人の努力を台無しにするようなことを言って夫を涙ぐませました。

本番ではピカは前の車両で走らせてもらったせいか、うれしそうにニコニコしながらちゃんとゴールに向かって一目散に走っており、私もホッとしました。親子競技は夫に2人分走ってもらいました。そして最後は全園児が親子で踊るんだけど、子どもたちは友達同士で盛り上がって踊っており親はいてもいなくてもいいみたいな感じでしたがとっても楽しそうでよかった。

運動会で父母が存在感を示すには、やはり最高に盛り上がる代表父母によるクラス対抗リレーの選手になるに限りますね。ああいうところでビュンビュン走って活躍できるお父さんお母さんは実にかっこいいです。子どもが小さいうちに、親はカッコイイ姿を見せられるよう自分の得意なスキルを磨いておくことが大事と思いました。走るのが速いとか楽器演奏がうまいとか、分かりやすい特技があるといいですね。私は多少得意なつもりの水泳とスキーをまたしっかりやろうっと。

[PR]
by honyakusha | 2009-10-05 22:36 | 歳時記 | Comments(0)

今朝は豪雨でした。

まだ全然梅雨は明けていませんね。気象庁が先週出した「梅雨明け宣言」なるものは一体なんだったのかと。みんなが聞いて喜ぶことを言ってみたいというのは人の常だと思うけど、最近の政治家の言葉を聞いてると、国民に耳障りのいいことを言ってその場だけ喜ばせて自分の印象をよくしようと思ってるみたいに感じます。そして気象庁も「梅雨が明けました」と言えばみんなが喜ぶし、水着もエアコンもバンバン売れて景気がよくなるはずだから、ここはひとつ「明けましたー!」と宣言して世の中を活気付けようよ、ということだったのかも。

しかし今日も梅雨前線による雨が降っています。みんなが「そろそろ梅雨明けしてほしいな」と思ってるところに「いや、まだまだ梅雨は明けませんよ」と、本当のことを言うのは勇気がいる。でも真実は必ずしも多くの人に歓迎されることとは限らない。むしろ真実とは多くの人にとって不都合である場合が多い。イエスさまは真実を説いたために、それを不都合に思ったユダヤ人たちに殺されてしまったわけですし。

これから総選挙に向けていろんなマニフェストとか公約とか耳にするようになるけど、有権者の1人として、国民に好都合なことを言う候補者ではなく、真実を伝える候補者に一票を投じられるようきちんと見極めたいです。

[PR]
by honyakusha | 2009-07-24 14:02 | 歳時記 | Comments(2)

今日は陰暦の五月十五日

e0122514_10583839.jpg
今日は七夕、とのことですが、我が家の陰暦カレンダーによれば今はまだ五月。陰暦の七月七日は西暦8月26日だそうで、まだずいぶん先なんですね。本来旧暦で行っていた七夕を無理やり西暦に合わせたことで梅雨にたたられるのは無理のないこと。今夜もし晴れたとしても七夕は8月26日に持ち越すことにして、我が家は満月を楽しむことにします。月が明るいと星はよく見えないもんね。

昨日の朝、TVの『ペネロペ』が「おおきくなったら○○になりたい」という話だったので、双子と観ながら「おおきくなったら何になりたい?」と聞いてみた。ルカは「かえるさん」、ピカは「おっきしゃま(おつきさま)」だそうです。意外なものになりたいのねえ。

ピカはお月様が大好きで、毎日のように陰暦カレンダーを見ては「きょうはどのおっきしゃま?」と聞いてくる。陰暦カレンダーには毎日の月の満ち欠けの様子がイラストで示されてるのです。

昨夜も寝室の明かりを消してから、ベッドに横になったまま窓から月を眺めていたピカ。お月様が雲に隠れたら、「おっきしゃま、おやすみ」と言って自分でカーテンを閉めてから眠りについたのでした。

[PR]
by honyakusha | 2009-07-07 11:00 | 歳時記 | Comments(0)

七夕

ピカとルカが幼稚園でそれぞれ小さな七夕飾りを作ってきた。土曜日にロビンのお散歩がてら家族みんなで公園で遊んでいたら、近所の奥さんが「うちの庭から切ってきました。どうぞ」と言って立派な笹の枝をくれたので、家族の大きな七夕飾りを作りました。

父の短冊 「みんな元気で暮らせますように」
母の短冊 「ロビンが長生きしますように」

双子の短冊は幼稚園で先生が書いてくれたもの

ルカの短冊 「じてんしゃにのれますように」
いつも公園で自転車に乗ってる子をうらやましそうに見ているので、「もうすこしお姉さんになってからね」といい続けてたら最近はルカみずから自転車を指差して「もうすこしおねえさんになってから」と言うようになった。
ルカは運動神経がいいからきっと今でもすぐに乗りこなせるようになると思うけど、ピカは絶対に怪我すると思うのでルカにもがまんしてもらっています。

ピカの短冊 「おねがいがかないますように」
幼稚園で、先生が「ピカくん、何をお願いしようか?」と何度聞いても「うん。おねがいしゅる!」としか言わなかったらしい。う~む。すごく君らしくていいお願いだと母は思うよ。

[PR]
by honyakusha | 2009-07-06 10:37 | 歳時記 | Comments(2)