<   2007年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

語彙=vocabulary


双子は毎晩お風呂に入れてくれるお父さんのことが好きらしい。
夫が帰宅し「ただいまー」という声がしたとたん、ドドドドド・・・と駆け寄る双子。

夫「ヒカリくん、ただいま」
ピカ「バイバ~イ」(←満面の笑みで手を振る)

帰ってきたとこなんだけど・・・

気を取り直して

夫「ルカちゃん、ただいま」
ルカ「おはよう!」(←やたら元気よく)

夜なんだけど・・・

ボキャブラリーが少ないうえに用法が分かってない双子なのだ。

[PR]
by honyakusha | 2007-06-29 09:44 | 双子

朗報=good news

区の双子の会。今回は心理療法士の空井先生が来てくださった。日頃、育児に関するアドバイスなど見聞きしても「双子の場合はちょっと違うかも」と思ってしまうことが多いけど、空井先生ご自身が双子の母なのでこちらの状況や気持ちがよーく分かってもらえてうれしい。

お友達の双子ママの質問
「1歳8ヶ月の双子に食事させるのがあまりに大変で、時々マジ切れしてしまうんです。感情的に怒ったらいけないんですよね?」

空井先生のお答え
「いいんですよ。子供にとって大事なのは、お母さんが自分と一生懸命向き合ってくれる姿を見ることです。いい加減な気持ちではなく、真剣に世話しているからこそ腹が立つこともある。怒鳴ったっていいんです。子供はちゃんと自分で避難所を見つけるすべを持っています。逃げ場がないときは自然と、聞いていても聞かないという選択を脳がしてくれます。お母さんだって時々は思いっきり吐き出さないと疲れちゃうでしょ?」

双子母のみなさん、朗報です。これからは思いっきり怒鳴ってスッキリしましょう。

印象的だった話。
双子のうちの片方がいつもお母さんの膝の上を占領してしまっていたら、もう1人には必ず言葉でフォローしてあげてください。「次は君の番だからね」。次がいつ来るか分からなくても、まだ幼くても、こう言うことで子供はちゃんと、頭で理解しています。頭で理解する、頭脳的に考える機会が多い、という点では双子は一人っ子より有利です。そして、母からの愛情を受けることも、今はどちらかに偏っていても、長い人生の中でいつか必ず逆転する場面が訪れて、トータルでちょうど半分ずつになるはず。先生の双子の娘さんたちは現在46歳だけど、もう1人が母の愛情を一番多く受けたのはお嫁に行く直前の時期だったそう。

さすが双子母の大先輩。あまりにツボを突いたお話が聞けて感動のあまり泣きそうだった。

うちでいつも占領しているのは…。
e0122514_5424379.jpg

[PR]
by honyakusha | 2007-06-28 04:53 | 双子

散髪=haircut


土曜は夫が休日出勤で私も家で仕事、今日は午前中は夫がロビンの通院に付き添った。週末もなかなか家族でゆっくり過ごせない。夕方ちょっと外に出たくなって、グランベリーモールのフードコートに行った。こういう場所なら双子連れでも以前よりずっと落ち着いて食事できるようになった。

ピカは以前から何でも食べていたけど、ルカも最近はかなりいろいろと食べるようになった。ようやく前歯以外の歯も生えてきたからだと思われる。ルカは急にたくさんお話もするようになった。ちゃんとしゃべる言葉は「はい、どうぞ」と「おはよう」ぐらいだけど、それ以外にも私には分からない言葉をいろいろとお話している。話し相手はもちろんピカ。
e0122514_1821669.jpg


今日はピカの髪の毛を初めて切ってみた。こないだお友達の双子ママに、ピカもルカも生まれてからまだ1度も散髪してないと言ったら驚かれた。なかなか髪が伸びないから母は毎日せっせとカルシウム豊富と思われる食材を食べさせているのだ。その甲斐あってかこのところ髪も歯もグングン成長中。ついに初散髪となった。とは言っても、もともとの髪が細くて色も薄いので頭頂部を切ると直射日光にやられそう。とりあえず耳の周辺だけ。ちょっと小朝っぽくなった。
e0122514_1823196.jpg

[PR]
by honyakusha | 2007-06-24 17:48 | 双子

安静=quiet

CT検査の結果、ロビンの脚の麻痺は椎間板ヘルニアによるものだと判明。やはり。

獣医師からは手術を勧められた。私と夫の共通した気持ちとしては、少しの間だけ投薬と安静で改善がみられるか試してみたい。

ということで、ロビンにはしばらくバリケン内で安静にしていてもらうことにする。飼い主の不注意でヘルニアになってしまったのに、窮屈な思いまでさせてゴメンね、ロビン。

e0122514_17453570.jpg

[PR]
by honyakusha | 2007-06-23 17:37 |

水遊び=bathing


e0122514_15123875.jpg
お母さんがお仕事で
遊べないからつまらない。


e0122514_1513458.jpg
お父さんがプールを出してくれた!

e0122514_1514638.jpg
水着に着替える前に
服がビショビショでした。

[PR]
by honyakusha | 2007-06-21 15:11 | 双子

クレマチス=clematis

e0122514_155320.jpg毎年父の日に庭で咲いているのは 9年前の母の日に私が母に贈ったクレマチス。 
これが最後の母の日のプレゼントになるなんて 夢にも思わなかったけど。 
 
今日 父が元気でいてくれるだけでうれしい。
 

[PR]
by honyakusha | 2007-06-17 15:02

真夏日=hot day

暑いと思ったら真夏日らしい。 
こないだの日曜、大雨の中プールを買いに行ったのは大正解であった。


e0122514_11582141.jpg
トイザラスで買ったビニールプール999円。 


e0122514_1158589.jpg
小さなプールだけど 

e0122514_11592029.jpgとっても楽しいよ。

[PR]
by honyakusha | 2007-06-16 11:55 | 双子

風車=windmill

早くも梅雨の中休みだそうで、とてもいいお天気。 
 
来年4月から双子を通わせたいと思っている園を見に行く。幼稚園ではなく、シンプルな託児施設みたいなところ。大げさな幼児教育には全く興味がないので、週に2日、午前中だけ預かってもらえて子供達が大勢のお友達と遊べるなら、それで十分と思う。 
 
その足で子育て支援センターへ。広い室内でジムや滑り台、屋上の芝生の広場で遊ぶ。屋上の菜園ではイチゴやピーマンが実っている。ピカはクルクルとまわる竹製の風車をうれしそうに指差してずっと眺めていた。 
 
帰宅して昼食後、ピカは昼寝したけどルカは寝ない。仕方なく庭遊びに付き合う。ルカは大好きな水遊びをしてしまい、さっきお着替えしたばかりなのにまた服がずぶ濡れになってしまった。 
 
その後、電話で明日受け取ることになっている仕事の打ち合わせ。今回のクライアントは「美しい日本語」を重視するとのことで、緊張するなー。 
 
ピカが目覚めるのを待って、小児科へ。保育所の一時預かり申し込みの書類に添付する健康診断書を作ってもらう。待合室では2人が次々と本やオモチャを持ってきたりうろちょろ歩き回ったり。私1人で相手するのはとても大変。見かねたよそのお母さんがピカを自分の隣に座らせて本を読んでくれる。うれしそうに聞き入るピカ。ありがとうございます。双子を連れてると周囲に助けられることがすごく多い。 
 
夕食時、夫と久々のシャルドネを味わいつつ「ああ~、今週も忙しかったねえ」と話しながら気付いたら、パスタを茹でているのをすっかり忘れていた。ペペロンチーノに生活クラブの二段燻製仕込みベーコンとケーパーを入れた渾身の一皿のつもりだったのに、のびのびの柔らかパスタになってしまって大失敗。 


e0122514_11524677.jpg
夜は夫に双子を託して、私はロビンと寝室でゆっくり眠らせてもらうことにする。ロビンの組織検査の結果は悪性ではなかったけど、まだ脚の麻痺が治らないのでCT検査を受ける予定。神様、ロビンをお守りください。
 

[PR]
by honyakusha | 2007-06-15 11:50 | 双子

いよいよ夏=the beginning of summer

駅前の保育園の園庭解放へ。強い日差しの中、外遊びに付き合うのは気が重い。しかし有り余るエネルギーを発散させてやらねば。私は顔に初夏の強い紫外線を浴びると湿疹のようなものが出来て、その後カサカサに乾燥してしまう体質。先週も日焼け止め下地と帽子でガードしたつもりが、地面の照り返しで顔の下側が赤くかゆくなり、その後カサカサになってしまった。今回はあごの下まできっちりと日焼け止めを塗って行く。 
 
例によって広い園庭を縦横無尽に遊びまわる双子。ルカは靴のまま園舎にずかずか上がって園児に叱られ、それでもめげることなく何度も靴のまま上がろうとしていた。今日はウサギに触ることができた。動物好きのルカは大興奮で、意味不明な言葉を叫びながら全身で喜びを表現していた。その様子があまりに激しいので、他の子はウサギよりルカを興味深く眺めていた。何か初めて見る動物だと思ったのだろう。 
 
炎天下にもかかわらず双子はたっぷり遊び、前の晩あまり寝られなかった母はバテバテだった。夏本番はまだこれからだけど大丈夫なんだろうか。 

e0122514_1142277.jpg水分補給。 
いつも相手のモノが欲しくなるルカ。 


e0122514_1145188.jpgいつも取られてばかりだけど、 
今日は抵抗するピカ。 

e0122514_11453685.jpg取られないよう背中を向けてみました。

[PR]
by honyakusha | 2007-06-12 11:49

光=light

朝の礼拝に出席。ルカは賛美に合わせて体でリズムを取っている。歌ったり踊ったりするのが好きみたいだ。本日のメッセージは、試練の時に神様を賛美する大切さについて。聞きながら、双子を出産する前の晩のことを思い出した。真夜中にMFICUの個室の暗闇の中、未熟児を産むことに対する恐怖に耐えていた。ベッドの上で小坂忠さんのCDを聴きながら、「イエスは光、闇を照らし、きみを導く」という歌詞に救われた。そしてまだ決まっていなかったもうひとりの名前を「ヒカリ」にしよう、と思ったのだった。あれはまさに、恐怖という鎖が賛美によって解き放たれた瞬間だった。 
 
午後はアメリカに一時帰国するスーザンの送別会で、クワイアのメンバーと集まって歓談。スーザンのAmazing Grace弾き語りを堪能する。私も久しぶりに思い切りゴスペルを歌った。このところ子供のための童謡ばかり歌っていたけど、やっぱりゴスペルはいいな。ルカは私と似て力強いアルトの声が出るから、ゴスペルを歌わせたいな、と思ったりする。 
 
スーザンがアメリカで実りある1年を過ごし、無事にまた戻ってきてくれますように。
e0122514_11385535.jpg
[PR]
by honyakusha | 2007-06-10 11:37 | 双子