<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

耳=ear

日経新聞土曜版に「突発性難聴」に関する記事があった。最近よく耳にするこの病気、他人事ではありません。私も7年前になりました。

夜、BBCで火星に探査機が着陸したニュースを見た後、なんだかずいぶん大きな耳鳴りがするなぁと思いつつ床に就き、朝、目が覚めたら何かが変。ロビンの吠える声がいつもと少し違って聞こえるような…と思いながら夫を仕事に送り出し、さて、私も通訳学校へ行こうか、と思っていたら電話がかかってきた。受話器を取って左耳にあてると「?」何も聞こえない。無言電話かな?持ち替えて右耳にあてたらちゃんと聞こえる。受話器の故障?いやいや、私の左耳が聞こえてないんだ、とそこで気づいたのでした。

たいしたことないと思うけど一応病院へ寄ってから通訳学校へ行こうと思って、軽い気持ちで診察を受けたら「突発性難聴だと思います。治る確率は30%。すぐ入院してください」と言われた。そう言われてもすぐに入院なんてしたくなかったし、当時はこの病名があまり知られてなかったため、事態の深刻さに気づかず、このまま入院はちょっと…と言って点滴だけ受けていったん家に帰ったまぬけな私でした。

家に帰ってからネットで調べて分かったのは、この病気を発症してすぐに治療をせずに放置したため、聴力が回復しないまま生涯耳鳴りに悩んでいる人が大勢いること、入院治療で治らず東洋医学に頼って鍼治療を長く続けている人も大勢いることなど。鍼の治療院に電話してみたら「今日のうちに入院できる病院を探して治療を始めたほうがいいです。」と言われた。あわてて病院を探し、無理を言って即日入院させてもらった。

私の場合、聞こえなくなった当日に治療を始められたおかげで、2週間の入院治療で無事に聴力は回復した。左耳が完全に聞こえなくなっていたのはほんの数日間で済んだけど、やはり片耳が聞こえないのは不便だな、と思った。普通に生活することが不可能なわけではないし、たいていの仕事はたぶん支障なく出来るけど、耳をよく使う映像翻訳の仕事が今ほどストレスなく出来るわけではないと思う。あの時、事態の深刻さに気づいて本当によかった。すぐに入院するよう勧めてくれた鍼治療院の方や、金曜日の夕方だから月曜まで入院は受け入れませんと何軒もの病院に断られたのに、今から来てもいいですよ、と言ってくれた横浜の病院には今も感謝している。

突発性難聴の原因はウィルス感染やストレスが考えられるけど原因は不明らしい。でも私の場合、通訳学校の会議通訳コースと放送通訳コースの両方に通って熱心に勉強していた頃だったから、毎日自宅や地下鉄の中でもイヤホンで英語のスピーチをずっと聴き続けて、相当に耳を酷使していたことが、もしかしたら原因になっていたのかもしれない。その後は会議通訳はやめて、自分に向いていると感じた放送通訳だけ続けることにした。

今もイヤホンして仕事ながら、左耳が聞こえないとドキッとする。それはたいていプラグの接触不良なのだけど。でも1度なった人が再発しないわけではないので意識して耳を休ませるようにしている。耳、大事にしましょう。

[PR]
by honyakusha | 2008-02-10 07:34 | 仕事・趣味 | Comments(0)

電車=train

昨日もロビンに会いに行った。まだリハビリが始まって3日ぐらいしか経ってないけど、医師の話では少しずつ反応がよくなってるらしい。みぞれの降る夜に高速を飛ばして会いに行くのは大変だけど、ロビンが回復してきていると聞いただけですごくうれしい。

動物病院の駐車場からは電車がよく見えるので、ピカは電車が通るたびに「おおーっ!」と喜んでる。ここに来るのはたいてい夜。オリオン座が輝いている夜もみぞれが降っている夜もものすごく寒い。でも双子が寒さを嫌がらない上に今年は風邪らしい風邪も今のところほとんど引かないので助かる。昨冬は2人そろって次から次へといろんなウィルスに感染して夜中に病院に駆け込んだりしていたのに。強くなったもんだ。その代わりに今年はロビンが不調というのも、世の中持ちつ持たれつということなんだろうか。おととしは双子がまだ新生児だったし、去年は双子が風邪ばかり引いていてあまり外出できなかった。この冬は毎日寒さを堪能しているなー。足にも久しぶりにしもやけができたりして、なんとなくこの寒い冬のことはいつまでも忘れないような気がする。

ところで、ピカは電車がお気に入りみたいだが、たぶんまだあれが乗り物だと気づいてないのではないかと。双子が電車に乗ったのは1歳の誕生祝に長崎ハウステンボスに行った時だけで、それも空港近くの駅から少しだけだったしルカは眠ってたし。そのうち電車に乗せてあげよう。いつになるか分からないけど。

土曜日にロビンのお見舞いがてらこども動物園へ。
子牛とお話しする。
e0122514_21312125.jpg

うさぎにも話しかける。
e0122514_213237100.jpg


[PR]
by honyakusha | 2008-02-07 21:46 | 双子 | Comments(0)

イヤホン=earplugs

仕事しながら双子の世話をし1日おきに高速道路を走って入院中のロビンに会いに行ってるのでなかなか忙しい。でもやれば何とかなるもんだ。

私の仕事部屋はリビング横の和室なんだが、ふすまを開け放してベビーゲート越しにリビングが見えるようにしている。仕事しながらも双子がいたずらしてるな、と気配を感じたら「コラッ」と大声を出して叱ったり。双子もゲート越しに母の働く姿を眺めていたり。ルカが自分の左右の耳に両手の人差し指を差し込んでるのはなぜだろう?と思ってよく考えてみたら、それはイヤホンをして仕事する母の様子を真似しているのだった。

母が仕事部屋にこもっている間はルカがピカの世話を焼いている。ピカが絵本を見ながら「あっ、ワンワン!」と言うと「ワンワンだねぇ」、「あっ、ニャー!」と言うと「ニャーいたねぇ」と私がいつも言うセリフを代わりに言ってくれていたり、ピカがいたずらすると「かーしゃんの!」(それはおかあさんの大事なものだからさわっちゃダメという意味だと思われる)と叱っていたり、ああ、双子でよかった、と改めて思っている今日この頃です。

[PR]
by honyakusha | 2008-02-05 08:20 | 双子 | Comments(4)