<   2008年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2倍=double

祝 母の日。いまさらですが。

母の日ぐらいゆっくり休んでね、と夫が朝から双子を連れて羽田空港の展望台へ行ってくれたので、母はこころゆくまでお仕事ができたのだった。

買ってきてくれた空弁をお昼に食べ、夕飯は夫が頼んでくれてあった仕出しの母の日弁当を。母はとってもうれしかったので、お礼に双子の大好物イチゴをたくさんのせたケーキを焼いたよ。
e0122514_2231719.jpg


そしてこれは双子から初めての母の日のプレゼント。
上に硬貨を入れる穴があいてて、貯金箱らしい。
e0122514_225646.jpg

ピンクがルカの作品でブルーがピカ。2つ並ぶとなんとなくそれぞれの性格が表れてるような気が。それにしてもいっぺんに2つもプレゼントをもらえるなんて、双子母ならではのヨロコビ2倍である。ありがとう!ありがとう!

[PR]
by honyakusha | 2008-05-12 21:56 | 双子 | Comments(4)

カエル=frog

4月からお教室に通い始めたためか、いろんなことを覚えてるみたいな双子。でも相変わらず言葉が遅いので、「今日は何したの?」と聞いてもまったく教えてくれません。ピカは実はおしゃべりみたいでたくさんしゃべってますが、何を言ってるのかはさっぱり。ルカはそれなりにボキャブラリーが増えている気がします。

えらそうに言う「しゅかに!」はたぶん「静かに」という先生のマネ。
「かるのうた」をよく歌ってますが、正しくは「かえるのうた」でしょう。
「No! nononono~!」は夫の会社の託児所(外国人のこどもばかり)で覚えたと思われる。
「ナッちゃんの!」とピカとオモチャを奪い合うときによく言ってるけど、ナッちゃんて誰?
「ヒンピンミン」は「ミッフィー」のことで「ハンパンマン」は「パン」のこと。

「アンパンマン」が小さな子供に人気があるのは名前が覚えやすいからというのもあるんだろうなあ。うちの双子にはテレビのアンパンマンを見せたことはないのに、どこで覚えたのかアンパンマン大好きみたいで、街でアンパンマンのキャラクター商品などを見かけると「アンパンマン!」と興奮して教えてくれる。私は「ホントだ。アンパンマンいたねぇ」と相槌を打つ。しかしそれは実は「ドラえもん」だったりもする。

e0122514_0224082.jpg

[PR]
by honyakusha | 2008-05-07 00:08 | 双子 | Comments(2)

こいのぼり=carp streamers

祝こどもの日。
e0122514_0131765.jpg


今年はついにこいのぼりが導入されました!
我が家の屋上で元気いっぱいに泳ぐこいのぼりを見て大満足の父と母。
ピカもうれしそうです。
e0122514_016032.jpg


おととしも去年もこいのぼり欲しいな、と思いつつ買わなかったのは余裕がなかったから。今年は双子が生まれてからもっとも余裕をもって迎えることのできたこどもの日だった。たぶん卒乳したことが大きいんだと思う。卒乳は子育ての最初のステージから次のステージへと進む大きな区切りだったんだろうな、と振り返ってみて思う。子供を生むのも育てるのも初めてのことで、すべてが手探り状態のまま夫と私2人無我夢中でやってきたけど、それなりに子供たちは育っている。どうかこのまま無事に育てていけますように。そして彼らが18歳になった時、親の手を借りることなく自分の足で歩いていけると自分を信じられるように育てていくのが親である夫と私の務めなのだろう。それはきっと野生の動物たちが太古の昔から子を育てるのと本質の部分でまったく同じことなのだ。なんてことをしみじみ思った今年のこどもの日なのでした。

e0122514_6581515.jpg


[PR]
by honyakusha | 2008-05-05 00:12 | 双子 | Comments(4)

海=beach

ロビンのリハビリがてら都会の海へ。
砂浜に打ち寄せる波はおもしろいね~って、ほら、足元よく見て!
e0122514_17145654.jpg


がーん…。どろどろだ~。
e0122514_17153589.jpg


帰宅後、愛犬を散歩させるルカ。以前はこういう時は首にリードをつけていましたが、最近は後ろ足にハーネスを装着してリハビリさせているようです。よく見てますね。
e0122514_17165637.jpg

[PR]
by honyakusha | 2008-05-04 17:12 | 双子 | Comments(2)

モノレール=monorail

昭和の日にロビンのリハビリがてら犬連れOKのカフェに行きました。
お子様ランチをモリモリ食べるピカとポテトをバクバク食べるルカ、そして何か落ちてこないかと待ち構えるロビン。
e0122514_22353798.jpg

実はここは電車好きのピカにはたまらない目の前をモノレールが走るカフェなのです。食事中も列車が通るたびに「しゃ!しゃ!」と大興奮。
e0122514_22373463.jpg

男の子ってなんでこんなに電車が好きなのでしょうね。クルマ好きに育てるつもりでせっせとF1中継見せたのに、ピカはだんぜん電車がいいみたいで夫がっくり。そんなもんです。

[PR]
by honyakusha | 2008-05-03 22:27 | | Comments(10)

鍼灸=acupuncture

昨日右下の親知らずを抜いた。今朝目覚めたら私はこぶとりじいさんになっていた。

子どもたちのお迎えに行ったとき、お友達のママとしばらく話をしてから「実は昨日歯を抜いて」、と話したらすごくホッとされた。彼女は私を見た瞬間いったいその顔はどうしてしまったのかとものすごく気になったけど、さすがに面と向かって聞けずにいたようだ。私は鏡を見るとき以外は自分の顔がこぶとりじいさんになってることを忘れてるけど、やはり他人から見たらかなり変な顔だと思う。うわーん。早く治るといいな。

今日は鍼灸治療をしてくれる動物病院にロビンを連れて行った。実は3日前にも新しい動物病院へ行った。ロビンが家に来てから10年近く通い続けた病院に決定的な不信感を抱いて、別の病院でセカンドオピニオンをもらい手術したのだけど、その病院は遠方なのでやはり近所に信頼できるかかりつけ獣医を作るべきだと思い、小さいけど評判のいい動物病院に毎年この時期に受ける混合ワクチン接種とフィラリアの薬をお願いしに行った。そしてその獣医さんのアドバイスにより鍼灸治療をしながらリハビリしていくことにしたのです。

今日の病院では院長先生からロビンのゴハンを以前のように生肉に戻すよう勧められた。やはり筋肉をつけるためには高タンパクの食事が必須だそうだ。ロビンは鍼灸師の先生に鍼を打たれうっとりと気持ちよさげ。そして帰りがけにはまだ介助ハーネスを使ってはいるけど今までにないぐらいシャキシャキと後ろ足を上げて歩いたのでした。そして、その間ずっと受付のお姉さんに遊んでもらっていた双子を見た院長が「おお!双子!!実はうちの子も双子です」と。すでに立派に成人してるけどうちと同じく夫婦だけで双子を育て上げたそうで、当時の苦労を実にリアルに語ってくれました。

初めての動物病院だけどフシギな縁を感じます。2人の医師からロビンはきっと歩けると力強く言ってもらえて、なんだか希望がわいてきたこぶとりじいさんなのでした。

e0122514_22244735.jpg

[PR]
by honyakusha | 2008-05-02 22:38 | | Comments(4)