<   2008年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

いとこ=cousin

岐阜の実家からの帰路、名古屋の義弟宅に一泊。双子がいとこのナッチャンと前回対面したのは生後7ヶ月、ナッチャンは11ヶ月のときだったから、お互いまったく覚えてない。

おとなしくてシャイなナッチャンは突然やってきた傍若無人な双子に大事なオモチャをいじられまくり、「いったい何なの?あの子達は?!」と涙目でママに訴えていた。ごめんねー。
並んでビデオを見る姿にも微妙な距離感が。
ここはナッチャンの家なのに、ルカは態度デカすぎ。
e0122514_2374341.jpg

しかし、なんだかんだでやがては打ち解けてそれなりに仲良く遊んでいた。
e0122514_2382383.jpg


そして、今年イトコズに加わった新メンバーナオちゃん。現在2ヶ月。
e0122514_2391164.jpg

出生体重なんと3940グラム!!のビッグなニューフェイスであります。えー、女の子です。
ピカルカの出生体重は2人あわせても3500グラム弱だったが…。
来年は一緒に遊ぼうねー!

[PR]
by honyakusha | 2008-08-24 23:02 | お出かけ

おじいちゃん=grandpa

ルカは山の暮らしが気に入ったみたいで裸足でおじいちゃんの後をついて歩いていた。最近は鹿が作物を荒らしに来るそうで、鹿を脅かすための爆竹のようなものをパーン!と鳴らす時も一緒についていく勇気あるルカなのだ。
e0122514_15425434.jpg

私はおじいちゃんのことをひそかに尊敬している。おじいちゃんはピカがお砂場遊びがしたいと言ったらトントンと板を釘で打ってあっという間にお砂場を作ってしまうし、陽射しが強くなったら大きな板とビニールシートでささっとプールを作ってしまうし、お昼には切り出してきた竹でそうめんを流してくれる。なんと言うか、アルプスの少女ハイジのアルムおじいさんみたいなのです。

年を取ってから田舎暮らしにあこがれる人は多いみたいだけど、田舎で暮らすってきれいごとばかりじゃないと、ここに来るたびに思う。おじいちゃんはずっとずっとこの山の中で生きてきて、ここで暮らすすべを身に着けて、ここでの暮らしの楽しみ方を言葉少なに示してくれる。私は子供たちに、きみたちのおじいちゃんはすごい人なんだよ、と心から言える。

来年はもっとたくさん、おじいちゃんと一緒にいろんな遊びができると思うととても楽しみ。
e0122514_1631453.jpg

[PR]
by honyakusha | 2008-08-23 15:31 | お出かけ

稲穂=ears of rice

岐阜の夫実家へ帰省しました。
去年と同じ時期だったのに、今年はすごく寒かった。

おじいちゃんが育てた稲はちょうど穂が色づき始めるところ。
どんどん走っていってしまうルカを一応追いかけてるおじいちゃん。
e0122514_16414518.jpg


家の前の道路を裸足で走ったり。
車なんて1台も通らないのです。向こうに見えてるのはお隣の家。
e0122514_16512525.jpg

キュウリやナスで遊んだり。
e0122514_16521237.jpg

お庭で流しそうめんしたり。
そうめんが流れ着く池では鯉たちが口をあけて待ってます。
e0122514_16523696.jpg

年に1度の田舎暮らしを楽しんだ双子。
「こんな何にもないところによく来てくれるね」と義母はいつも言うけれど
都会ではできないことがたくさんできて、きっと子供にとっては最高の遊び場だよ。

[PR]
by honyakusha | 2008-08-22 16:38 | お出かけ

晩夏=late summer

なんとなく朝晩の風に秋を感じるような。そろそろ夏も終わりかも。
今年は双子も初めて“夏を楽しんだ”という気がする。

週末は屋上から多摩川の花火大会を楽しんだ。雷と花火が大の苦手でオロオロするロビンの横でピカは「はびびー」と歓声を上げ、ルカは色とりどりの花火に「ルカちゃん、ピンクすきー」と何度も言っていた。ルカは最近ピンクが大好きで、色鉛筆もピンクばかり使ってるし服もピンクでないと納得してくれないので母は大変。

こないだは夕方雷がなって雨が降った後、大きな虹が出た。たまたまうちの窓から端から端まで完全な虹のかたちがきれいに見えて感激。子供たちは生まれて初めて見る本物の虹がとても印象的だったみたい。翌日になってもピカは窓から外を見て「にじは?」と聞いている。虹のシールを見つけて「にじー!」とうれしそうにトイレに貼っていた。

夏の風物詩を楽しんでるうちに月が美しい季節になろうとしてる。
今年はお月見も楽しめるかな。
e0122514_1102760.jpg

[PR]
by honyakusha | 2008-08-21 01:12 | 双子

的=focus

今年はセミが例年より多いような気がする。公園へ行くと地面にものすごくたくさんセミの出てきた穴があいてるし、抜け殻もたくさん。セミそのものもやかましく鳴いています。うちの庭にもセミやらカナブンやらがよく来るので、双子も「セミさん!」といちいち興奮して教えてくれます。

カナブン観察中
e0122514_839018.jpg


先日さりげなく誕生日を迎えた私。記憶力も激しく低下し、何歳なのかは忘れました。なにはともあれ、この日を無事むかえられたことを神様に感謝します。最近は若い頃と違っていろんなことをがつがつやろうという気がなくなった分、生きるのが楽になってきたような。さまざまな欲望から多少は解放されてきたのかもしれない。双子が生まれて以降、その日その日をなんとかやっていくだけで精一杯で、先のことまで気が回らないというのが実情だと思いますが。

ただ、家族が増えたおかげで残りの人生で何に的を絞るかかなりはっきりしたので、余分なことを考える必要がなくなったとも言える。オリンピック選手たちを見ていると、人生で的を絞ることは大事だと、そしてブレないことが大事だとしみじみ思う。私も的を絞ってぶれない人生を、私なりのペースで歩んでいこう。

[PR]
by honyakusha | 2008-08-16 09:07 | 仕事・趣味

紅茶=tea

もうすぐ私の誕生日。クリーニング屋さんから割引券が送られてきたり、美容院でポイント2倍つけてくれたり、誕生日月は毎日のように小市民的幸せをかみしめています。

いつも使う化粧水がなくなりそうなので注文したら、お誕生日プレゼントで紅茶のティーバッグがたくさん同封されて届いた。仕事の合間に飲むのはティーバッグが一番お手軽なのですごくうれしい。
e0122514_15445627.jpg


今年の夏は例年になく暑さがこたえる。本当は一番好きなシーズンなのに。暑いのに足が冷えてサンダルが履けないし、夜も短パンでは眠れない。冷たい飲み物は飲まないほうがいいんだろうなー。やはり熱い紅茶がいいかも。

最近ロビンは日中はずっと縁の下にいて、なかなか出てこない。よくよく涼しくてお気に入りらしい。室外機の熱が縁の下にこもるとロビンが気の毒だと思いエアコンを使わないから電気代が去年よりずいぶんと安くなった。でも水道代が大幅アップしてるのは毎日のようにプールしてるのと、双子が洗面やトイレの水をやたらジャージャー流してるからだと思われる。

あー、オリンピックのあのプールで泳ぎたい。
深さ3メートルもあるなんて気持ちいいだろうなー。

以上、支離滅裂、仕事の合間のボヤキでした。
e0122514_1552471.jpg

[PR]
by honyakusha | 2008-08-12 16:03 | 仕事・趣味

コミュニケーション=communication

いつの間にか8月も中旬となってしまった。もはや残暑の日々である。

ちょっとまじめに家計簿をつけてみたら、オムツ代が毎月8000円もかかってると分かった。ビッグサイズになると枚数が少ないからね。おまけにルカはオムツが蒸れてお尻にあせもができてしまってかわいそうなので、昨日から思い切ってパンツにしてみた。そしたら意外と大丈夫みたいだ。今まであまり真剣にトイレトレーニングしてなかったが、トイレにシールを置いてできたら1つ貼ってもいいからね、ということだけやっていた。そしたらなんだかシールを貼ることだけ熱心でトイレのほうはさっぱり、という感じだったが、実はさりげなくできるようにもなってたんだなー。よしよし。
e0122514_18295356.jpg


ピカのほうはまだぜんぜんオムツで本人も平気みたいでやる気ゼロ。しかし昨日、私が夕食の準備中にルカがリビングでおもらししてしまった時、ピカは「あっ!」と叫んでタタタタターッと走って引き出しからぞうきんを取り出し、またタタタタターッとリビングに戻ってごしごしと床をぞうきんで拭いていた。おもしろいぞー。
e0122514_18304275.jpg


ピカは不思議な性格で、先週久しぶりに教会の礼拝に出席したときも、大勢の人に挨拶して楽しそうにしていたし、帰り際に姿が見えないと思ったら地下の部屋でパソコンのキーボードたたいていたり、周囲の人が全員知らない人でもまったく問題ないみたい。いつも幼児教室のお迎えのときもお友達のママたち全員に挨拶しているし。相変わらず言葉が遅いのにコミュニケーション能力が高いみたいだ。私自身は幼い頃は極端な人見知りで幼稚園にも入れないかもと危惧されたぐらいなので、ピカのこの性格はいったい誰に似たんだろうか。

[PR]
by honyakusha | 2008-08-11 17:54 | 双子