<   2010年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

個人面談 ちょっとドキッとしました。

昨日幼稚園で3学期の個人面談がありました。年少最後の面談という事で、担任の先生は1年を振り返りつつ年中に向けてのお話をしてくれた。ピカもルカもお友達作りはとても上手らしい。特にルカは男の子のグループにも女の子のグループにもうまーく溶け込んでみんなと仲良くできるタイプとのこと。
生まれたときからずっと男の子と一緒にいる女の子だからだろうなあ。

そして先生から気になることを言われました。「ピカくんは個別の指示は理解してるけど、クラスのみんなに向けて指示したことを1人だけ理解してないことが多い。年少のクラスには担任が2人いるから何とかなってきたけど、年中はクラスの園児数も増えるし担任1人だからクラスでピカだけ取り残されるかもしれない・・・」だそうです。

これはどういうことだろうか、と考えてみた。今まで園の行事などでピカを観察して私も気づいてたけど、彼はとってもマイペースな性格で、集団の中にいる時もあまり周囲にあわせて動くことはしてないみたいだ。でも最終的に一通りのことはしてるしまだ4歳だし、そういう性格なんだと思うだけで、特に問題視はしてなかった。でも「年中のクラスで取り残される」といわれてしまうと、これは由々しき事態という気もした。

自分だけで考えてもよく分からないので、帰宅してすぐ静岡の叔母に電話で相談してみた。叔母はピカルカの通うマンモス幼稚園とは異なるタイプの少人数の幼稚園で長年モンテッソーリ教育に携わった人なので、専門家の意見を聞かせてくれるはず。

私の話を聞いて叔母は「それは“一斉保育”に熱心な先生の意見よ」と言った。彼女の考えでは、3歳4歳の年少園児に対して全員に向けた指示を出してそれに従うのが当たり前というのはまだあまり経験を積んでない先生の考えではないか。子供は一人ひとりが違っている。“みんな違ってみんないい”のだから、その子の個性に合わせて指導も指示もしていくのが先生のすべきことだ、と。

そして、お遊戯会でピカルカのクラスのパフォーマンスが年中をもしのぐ完成度の高いものだった、ということに対しても、年少園児が決められた動きを全員でその通りに出来るのが「いい」とは限らない。それは親に向けては「いい」のかもしれないけど園児にとって「いい」かどうかは疑問、だと。叔母の幼稚園ではお遊戯会は「練習」したりするものではなかったそうです。そうだったのかー。私はクラスのみんなが上手に演技するのを見て先生の指導力はすごいなー、と感心してばかりいたけど、叔母の意見では「“指導”が“調教”になってしまってはいけない」ということらしい。

私自身はピカの自由な性格が大好きだ。周囲に流されることなく自分のやりたいことに集中する様子をまぶしく思うことさえある。それにピカは幼稚園に行ったおかげでそれなりの社会性も身につけている。日曜の礼拝に行くと、聖堂の中では静かにしなくてはいけないと分かってるみたいで、トイレに行きたい時は静かに私のところに来てそっと耳元で「おしっこ」とささやいたりする。

「年中のクラスで取り残される」という言い方にちょっと動揺してしまった母だけど、叔母の言うとおり、それは「一斉保育に熱心な先生の目にはそう映ってる」ということに過ぎないのだと思う。私は自分の息子がこの1年で大きくたくましく成長したことを十分感じているし彼を信じてる。その性格を周囲の便宜にあわせて手を加えるようなことはせず、彼の自由な性格を伸び伸びと育ててやりたい。そのために、ピカのこともルカのこともよーく見て理解することが母の役目なのだろう。

スキー場で初めて乗ったゴンドラからの風景に熱心に見入る2人。
e0122514_10255077.jpg


こんな景色です。山の上の方では「ウサギさんのあしあと」をたくさん見つけて大喜びでした。
e0122514_10264914.jpg



[PR]
by honyakusha | 2010-02-09 10:27 | 教育

ロビン@雪山

今回のスキー旅行を計画したのはまだロビンの病気が発覚する前のことだった。MRI検査で病気が分かり、獣医師に余命わずかと告げられたとき、スキーは当然行けないだろうと思った。でもロビンはさりげなく生きながらえて、以前と同じように一緒に車に乗って、かつて何度も泊まった宿にやってくることが出来た。もうそれだけで私はうれしくてたまりません。

朝、お散歩に出かけようとしたら思い切り雪に埋まってしまった…。
e0122514_6113645.jpg


雪の中をみんなでお散歩。
e0122514_614288.jpg

[PR]
by honyakusha | 2010-02-06 06:16 | お出かけ

ピカルカ@ゲレンデ

先日、初めて双子を連れてスキーに行きました。

私「雪のお山に行くよ」
ピカ「えっホント?やったー。あざらしのあかちゃんにあえるかなあ」

ピカのイメージにある「雪のお山」はこんな感じだったみたいで。
e0122514_9375037.jpg


そして、金曜の夜におなじみのお宿に到着。
翌朝、あざらしはいませんでしたが窓からの雪景色が美しかったです。
e0122514_9401872.jpg


そしてゲレンデではピカもルカもソリでビュンビュン滑っていました。
e0122514_9423217.jpg

e0122514_943086.jpg


坂の頂上からソリを押してやったらすごいスピードで坂を下り、そのままネットに突っ込んで激しい雪煙と共に吹っ飛び、仰向けに倒れたままピクリとも動かなくなったピカ。真っ青になって駆け寄ったところ、雪まみれのピカは「ほら、おつきさま」と・・・。仰向けに着地した瞬間に目に入った青空の中のきれいなお月様に見とれていたようでした。

[PR]
by honyakusha | 2010-02-04 09:51 | お出かけ