<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

学級閉鎖

今日は幼稚園の「お別れ合唱会」という行事であった。ピカの熱はだいぶ下がったけどまだちょっと微熱があるからどうしよう…。夫が「午前中はピカについてるからルカを見にいってやれば?」と言ってくれたけど、ピカ本人が「絶対にだいじょうぶ。ピカくん歌うからね!」と大変な張り切りようで、7時前には制服に着替えてしまったりしてたので、そこまで言うなら、とピカルカを幼稚園に連れて行った。

登園して3分後に幼稚園から電話で「ピカくん熱があるので教室には入れません」とのこと。今日ピカルカのクラスはインフルエンザによる欠席者が11名もいて午前中の合唱会が終わったらそのまま学級閉鎖となるそうだ。ルカが歌うのを母が見られるように、ピカはそのまま職員室内のベッドに寝かせておいてくれることになった。

ピカルカのクラスは3分の1以上がいないので、舞台上に並んだ様子もスカスカだった。女の子がほんの数名になってしまっていたけどルカは元気いっぱいに歌っていた。私は行事のたびに、2人それぞれに客席から手を振って合図したり2人がうまいこと画面に収まるようにビデオやカメラで撮影するのに大忙しなんだが、今回は撮影対象はルカ1人だから楽勝だなー、と思ってた。でも実際に見てみると、1人しかいないなんてつまらないなーと思った。多少忙しかろうが、やっぱ双子がいい。

[PR]
by honyakusha | 2011-02-21 21:52 | 双子

母は結婚式へ

昨日は高校の演劇部後輩の結婚式に出席するため、私だけ浜松まで行ってきました。
早朝から自力で訪問着を着ようと奮闘したものの、袋帯がうまく結べずお友達に頼んで結んでもらい、夫と子どもたちに車で新横浜まで送ってもらいました。ピカが熱っぽかったけど元気だから大丈夫かな~と車に乗せた。しかしピカは新横浜駅直前で「ゲボでそう…」と苦しげにつぶやいた。なんとかしなくてはと思ったけど私は着物なのでどうにもできず。。。ごーっと激しく吐いたピカを残して私は新幹線に飛び乗るため車を降りたけど、夫とピカルカはそのまま自宅まで車で戻ったのでした。ピカごめんね、無理させて。ありがとう、夫とルカ。

結婚式は大変に美しいものでした。式を執り行ったのは彼女をクリスチャンに導いてくださった牧師先生です。
e0122514_17303367.jpg


だんな様はコントラバス奏者で音楽の先生なので、ステキな音楽たっぷりの披露宴でした。音符が飾られたウェディングケーキ、おいしかったです。
e0122514_1733943.jpg


大事に育ててくれたご両親に対する娘の感謝の気持ちが招かれた私たちにも伝わってきて、みんな胸がいっぱいになりました。
いつか自分も花嫁の母になれるかなあ、と夢見た気の早い私です。

[PR]
by honyakusha | 2011-02-20 17:45 | 仕事・趣味

お料理教室

先月は、幼稚園のママ友たちのお料理教室に私も初参加した。仕事の都合でなかなか参加できなかったのでうれしい。お料理をちゃんとした先生から教わるのは初めての経験で楽しかった。
教わった中の一品。チョコレートマフィン。
バレンタインのデザートにぴったり、と思ったが、バレンタインは違うチョコレートケーキを作りました。
e0122514_625070.jpg


今日は夫へのバレンタインのプレゼントとしてアマゾンに注文したモノがやっと届きます。ぜんぜん間に合わなかったわ。喜んでくれるかな。

[PR]
by honyakusha | 2011-02-18 06:05 | 食べ物

そのままの君でいい

先週、幼稚園の面談がありました。1年前、年少の3学期の面談では、先生から「ピカくんは年中のクラスの中では1人だけ置いていかれるかもしれない」と言われてかなり動揺した私。今年はどうなるかな、と思ったけどなんだかすごく気軽に先生とお話して、お話の中には特に意外な内容もなく、穏やかな気分のまま楽しく面談は終わった。

ピカは彼なりのマイペースで成長していて、それが5歳児の平均と比べたらややゆっくりかな、ということらしい。私も普段彼と接していてそれはすでに分かってるし、だからと言ってあせって平均ぐらいにならなくては、とも思わない。ピカはピカなんだなあ、と思って今までと同様に彼なりに成長していく姿を見守るのみである。

つい最近、「A.I.」という映画をDVDで観た。これは母である私にとってものすごく衝撃的な作品だった。観たその日は何も手につかないぐらい、心が揺さぶられた。「無償の愛」というのは親が子に対して、ではなく、子が親に対して抱くものなのだ。子が親に惜しみなく与えてくれる「無償の愛」に、親は「無条件の愛」で応える。これが一番なのだなあ。君がいい子だから好き、ではなく、君が君だから好き。親から毎日そういうメッセージを受け取りながら成長する子はきっと幸せになると思う。

[PR]
by honyakusha | 2011-02-17 05:49 | 仕事・趣味

新しい年

2011年になってすでに1ヶ月以上たってしまいましたが、新年初更新をいたします。

このところ毎日ものすごく劇的な出来事や精神的に劇的な感動や感情が目白押しで、日々大河ドラマの中で生きているようです。ホント生きてるってすばらしい。

とりあえず、今年の初日の出。我が家のダイニングから家族で眺めた初日の出です。

e0122514_15181844.jpg


[PR]
by honyakusha | 2011-02-10 15:19 | 歳時記