<   2011年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

いきなり

真夏日になりました。
体が暑さに不慣れなのか、貧血のせいなのか、夕方のお散歩の帰路がものすごくしんどかった。ぜんぜん坂を上れない…。

アロンソも「あついよう」と畳の上でぺったんこになっております。
去年の猛暑の頃はどこでどうしてたんでしょうね。
e0122514_272995.jpg


夕食後、子供たちが眠ってしまったな、と思ったら…。
娘は少しでも涼しい場所で寝たかったらしい。
e0122514_291873.jpg

[PR]
by honyakusha | 2011-06-24 02:13 | 歳時記 | Comments(6)

歯抜け記念日

ルカの歯が抜けた。
e0122514_5355259.jpg
生まれた時は未熟児で息もしてなかったルカがまたこんなに成長したか~と毎度のことながら感無量の母。歯が生え始めた頃はこんなでした

仕事が落ち着いたので午前中ドタバタと家の中のことをしてスーパーとドラッグストアで買い物して、お昼はインスタントラーメンにしよう、久々にゆっくりできる昼休みはアロンソとDVDでも観ながら食べようかな♪ で、ラーメンを一口食べたところで幼稚園から電話。「ルカちゃんお熱です」とのこと。「すぐ迎えに行きます…」と答えました。ああ~、ラーメンゆっくり食べたかったなあ。

幼稚園からの帰り道、37.3度の微熱のルカをおんぶして歩きながら、こんな風におんぶできるのはいつまでかな、としみじみ思った。ピカはルカのカバンも持ってくれて、頼もしい兄ぶりを発揮していた。

[PR]
by honyakusha | 2011-06-22 05:39 | 双子 | Comments(2)

ささやかな

疲れているとはいえ、やけにふらふらするなー、と思ったら、貧血でした。血液中のヘモグロビン量が3割ほど減っていました。「これでは少し走っただけで息が切れるし、相当疲れやすいはずです」と医師は言っていた。疲れやすいのは年齢のせいかと思っていました。とりあえず鉄剤を服用することになりましたが、近いうちに貧血の原因をきっちり取り除かないといけなさそうです。

父の日の今日、夫がお寿司が食べたいというので、アロンソと散歩しながら家族みんなで近所の回転ずしにお持ち帰りのお寿司を買いに行きました。夫は山の中で育ったので、お寿司はごちそう!という思いがあるみたい。頼んでおいた時間より少し早かったので手前の公園に寄ったら、ルカはまた鉄棒をしていました。

お父さんいつもありがとう!とお寿司を食べられるささやかな幸せです(回転だけど)。でも海に流れ出た放射性物質の生物濃縮を考えると、太平洋で獲れた魚は食べない方がいいようです。大きな魚になればなるほど危険らしいので、特にマグロは避けないと。

たぶんそういうことだろうなと思っていたけど、やっぱりそうなんですね、という報道。

ささやかな幸せを突然奪われる不条理にどう向き合ったらいいのかと。

この映画も、ツタヤディスカスでは超品薄で借りられそうになかったので、夫に会社近くで借りてきてもらいました。



不条理の原因はここにあり、そしてここに至ってもまだ進行形なのだと思わされます。
[PR]
by honyakusha | 2011-06-19 23:21 | 仕事・趣味 | Comments(0)

2頭目の犬

アロンソはトレーナーさんとのセッション2回で基本的なトレーニングは終了。アロンソ自身には特に問題行動などはないため、飼い主の私たちが犬の習性をきちんと理解すればよいだけでした。今後はしつけというよりアロンソとのコミュニケーションをより楽しめるようK9ゲームをやってみたいなあ、と思っています。

かかりつけの獣医さんにもご挨拶がてら爪切りに行きました。うちの辺りにはすごい勢いで動物病院が増えています。ロビンの時には何度も獣医を変わりました。その結果、見た目の立派さやオシャレさと診療の質は比例関係にないな、という結論に達したのでした。今後もかかりつけ獣医としてお世話になろうと思っているのは、すごく小さくて特に立派でもない動物病院だけど、電話すると助手の方がいつもきちんと症状を理解してくれて話が早いし、自宅で経営してるから休診日でも診ますよ、と言ってくれるところです。院長は以前ロビンにかまれて流血していたけど、今回もどこかのイヌにかまれたらしく血が出ていた…。院長みずから肛門腺しぼりなどしてくれて、料金は367円、こんなに安くてやっていけるのだろうか。

2頭目の犬を飼ってみて、犬っていろいろなんだなあ、と思えたし、ロビンのことも改めて分かった部分がたくさんあります。犬と暮らすのは本当に面白い。また犬を迎えてよかったと思いました。

仕事中は私の横で熱心にドーナツ型の牛皮ガムを噛んでいます。長い前足で器用に押さえてる姿に感心。
e0122514_20251931.jpg

[PR]
by honyakusha | 2011-06-14 20:27 | | Comments(2)

ぜたい

双子が幼稚園に行っている間にこれだけは…と猛烈に仕事する母。
納品第一弾を終え、仕事部屋からふらふらと出る。ふと気づくとこんなものが。

e0122514_13422158.jpg


今朝作ったアクアビーズを乾かしている模様。
ぜたいにさわらないようにします。

[PR]
by honyakusha | 2011-06-13 13:45 | 双子 | Comments(2)

鉄棒少女

おととい、自分自身が精神的にすごくダメな感じになった。ピカに英語の宿題をするように言ったのだけど、ワークブックの楽しいとこだけやって、ノートに単語を書き写すということはなかなかやらない。やらないならそれでよし、今日は出来ませんでした、とそのまま提出すればいいのだけど、自分の性格上それが出来ない。というか、英語のレッスンはピカのためのものであり、母は関係ないのだから何も私が頑張らなくてもいいのだ。なのに、きちんと指示された通りにノートに英単語を書かせようとして、トロトロとしているピカを叱責したりしてしまった。

前日は幼稚園の園芸委員として朝から畑で肥料まきやサツマイモの植え付けをして、その後せっせと字幕を書いて、延長保育のお迎えの後に双子と犬を散歩に連れて行って公園をはしごしたりしたので結構疲れていた。体調もすぐれずイライラが募った結果、子供におおらかな気持ちで接することができなかった。もっとハードル下げないとな~。母の眉間に深い縦じわが刻まれている時、双子は結束を強めるみたいだ。ルカはピカの手をぎゅっと握り、ピカはルカに「ルカちゃん、大好きだよ」とささやいていた。

ルカは鉄棒の自主練に励んでいたが、めきめきと上達してもはや一番高い鉄棒でも逆上がりが出来るようになった。本人的にやめられない止まらない状態らしく、道端のガードレールのような手すりでも延々と逆上がりしている。塀があればよじ登り、登ったら飛び降りずにはいられない性格のルカ。バレエよりパルクールの方が向いてる気がする。

パルクールの実用例。ちょっとあこがれる。

[PR]
by honyakusha | 2011-06-09 22:15 | 双子 | Comments(0)

保育参観

幼稚園の保育参観日であった。毎年6月初めの土曜に設定されているのは、父の日に絡めてお父さんに参観してもらおうということらしい。でもお友達のパパの職業は料理人とか美容師なども多く、皆さんかなり無理してかわいいわが子のために来られています。うちは去年と今年は夫婦で参加。子供と一緒に工作したり、園庭でちょっとした競技をしたりするため、どうしても子供1人に親1人が必要になる。おととしは夫が仕事を休めず私一人で2人の親をやったのでかなりつらかった。そんな保育参観も今年で最後。来年は小学校か~。

ルカは縄跳びも雲梯もすごく上達していた。こないだはバレエにも「一人でだいじょうぶ」とすたすたとお教室に行ってしまったし、迎えに行ったら先生(←大変厳しくめったに褒めない)に「今日はよく出来ました。二重丸です」とまで言われていた。成長目覚ましいぞ。

ピカは運動系は相変わらずまったく興味がないようだが、いつもルカのお迎えまでの暇つぶしに行ってる某鉄道系施設の鉄道運転のシミュレーターで、ついに「緊急ブレーキ作動0回」をクリア。5歳にして電車の運転技術を身に着けていた。ま、これも将来なんかの役に立つかもしれないしね。

アロンソはお散歩での脚側歩行がどんどん上達中。

お母さんもがんばって特典翻訳するよ。

ルカはお友達の弟や妹の面倒をよくみており、自分に弟妹がいないのがつまらなそうだった。今はアロンソをとてもかわいがっています。ちょっと迷惑そうなアロンソ。

e0122514_14471368.jpg

[PR]
by honyakusha | 2011-06-04 14:51 | 教育 | Comments(2)