<   2012年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ちょっと達成感

ものすごく久々に、映画本編+特典字幕のお仕事をしました。納品を終えてホッとしました~。幼稚園の送り迎えがあった時は、予告編とか特典だけとか細切れな仕事しかできなかったけど、この4月からは少しまとまった量をこなせるようになった。うれしいな。

人生の限られた時間をどう使うか。家族と幸せを共有するために使う時間、多少なりとも世の中の役に立っていると自分が感じるために使う時間、そして純粋に自分が楽しむために使う時間。この3つがうまくリンクしてくれると一番いいんだけど。

友人が製作中のショートフィルムのお手伝いをすることになった。とは言ってもちょっとした調べ物を家でするだけなんですが、映画の製作にかかわれるなんてすごくクリエイティブな感じでワクワクします!!!

[PR]
by honyakusha | 2012-05-31 10:43 | 仕事・趣味

ツリーではなくタワーへ

スカイツリーが開業したみたいですが、うちは所用があって横浜ランドマークタワーに行きました。
せっかくなので展望台へ。
e0122514_13481283.jpg
e0122514_13482384.jpg

日本丸はお休みでした。また来ようね。
e0122514_1348332.jpg

アロちゃんは横浜気に入ったかな。
e0122514_1348437.jpg

[PR]
by honyakusha | 2012-05-25 13:53 | 犬とお出かけ

子供の歯の矯正治療

双子は4ヶ月おきに近所の歯科で健診を受けてフッ素を塗っている。今のところ虫歯は一本もない。でも毎回、ピカのあごが小さくて将来的に歯並びの矯正治療を受ける必要があると言われる。ルカはすでに5本永久歯に抜け変わってる。ピカはまだ下の2本だけ。でもこの2本がすごく重なり合って窮屈に生えてきた。ネットで見ると子供の矯正は早く始めた方がいいという歯科医が結構いる。自分がいつも通っている歯科の先生に診てもらった。

2人ともレントゲンや写真をたくさん撮ってもらうのがすごくもの珍しかったようで、大喜び。

結果的にルカは矯正しなくても大丈夫かもしれない。ピカはやはり矯正が必要になるだろうけど、時期は上下4本ずつ生えてからでよいので、8~9歳で始めましょうとのことだった。あごは12歳まで成長するし、スペースが足りなければ広げることもできるそうだ。あまり早く始めても結局は永久歯が生えそろうまでは装置を外せなくなるため矯正期間が長くなる。虫歯になりやすいし結果的に費用もかさむ。子供の歯は簡単に動くのでなるべく短期決戦がよい、という説明に納得。

私はこの歯科医の先生を尊敬している。仕事を通じて世の中の役に立ちたいと思ってるのが感じられるから。先生の一番下の娘さんがうちの双子と同じ年なので、いろいろと共感できる。私は4か月おきにこの歯医者に健診とクリーニングに通ってるので、今後は半年に1度ぐらい私の健診に子供も連れて来て様子を見ていきましょうとのことだった。こんなにしっかり検査をしてくれて、無料だった。

e0122514_6101758.jpg


家の屋上から見た金環日食
e0122514_611198.jpg

[PR]
by honyakusha | 2012-05-24 06:14 | 双子

アロンソ大災難 その4

家に来て1年という節目の日にアロンソがよその犬に噛まれたという今回の事件。いろんなことを感じた。

・アロンソって本当に根が明るくってたくましいな。
厳しい目に遭ってもそれによって不信感を抱くことなく、人にも犬にもフレンドリー。性格のいい犬である。

・子供たちもアロンソが大好き。
目の前でアロンソが噛まれたことがショックだったみたいで、ルカはもちろん、アロンソとあまりそりの合わないピカも「アロンソかわいそう」と悲しんでいた。大事な家族を思いやる様子が母としてうれしかった。

・保険に入ろう。
雑種だし2歳なので病気などほとんどしないからまだいいかな、と思ってペット保険に入っていなかった。今回は数百円の治療費で済んだけど、やっぱりいつ何があるか分からないから保険には入っておこうと思う。

・危険かな、と思った時点で避けよう。
飼い主として最大限に自分の犬を守るため、少しでも危険を感じたらその時点で回避行動をとるべき。今回の件も、見知らぬ犬だしどうも様子が不穏、と思ったけど子供たちがどんどん自転車で先に行ってしまったのでその先の信号でちゃんと止まるよう言わなきゃなどと気になって、結果的にその犬に近づく形になってしまった。子供たちも信号で止まることぐらい分かる年齢になってるので、こういう時は犬を守るためにコースを変えても問題ないはず。

今回の件は、これからのワンダフルライフに向けていい教訓となった。

公園に展示されてる飛行機と一緒に
e0122514_6143592.jpg

[PR]
by honyakusha | 2012-05-16 06:19 |

アロンソ大災難 その3

噛まれて以降、お散歩のときのアロンソは以前より慎重になっている。お友達の柴犬、Mシュナウザー、トイプードルなどと公園で会うと仲良く遊ぶけど、道端で黒ラブなどに行きあうとそそくさと避けている。でも根が明るい性格なので、犬嫌いになったりはしてないみたい。さすが保護センター出身。家に来た当初はちょっとした物音にも驚いて飛び上がっていたけど、この1年でずいぶん家庭犬らしくなったなあと思っていた。今回のこともアロンソなりに消化して乗り越えて欲しいものです。

噛まれた翌日の新聞に、犬の殺処分に関する記事があった。ドイツでは殺処分される犬がゼロらしい。日本もそれに近づこうと努力がなされているけど道は遠いという内容。読みながらふと、アロンソを噛んだ犬が保健所に持ち込まれてしまったら…と思ったら急に心配になって、飼い主さんに電話した。年配の女性が出た。昨日のおじさんの奥さんらしい。おじさんはゴルフに出かけて不在とのこと。

おばさんの話によると
あの犬は現在13歳、紀州犬の雑種。娘さんが飼っていたけど庭につなぎっぱなしで、近所迷惑なので1年前に引き取った。ほかの犬を見ると吠えかかるので、普段は夜ほかの犬がいない時間に散歩している。よその犬を見て興奮すると暴れるのでおばさんでは抑えるのがやっと。昨日はおじさんから「噛みついた」と聞いて、「保健所に」とおばさんが言ったらおじさんは「バカ言うな」と言ったそうな。

ごくごく普通の年配ご夫婦が、昔ながらの感覚で犬を飼ってるんだなあという感じ。私からは、治療費はわずかで済んだので心配しないでください。それよりその犬に新しいチョーク式の首輪を買ってあげてください。とにかくその子が生きているあと数年の間、愛情をかけてあげてください、とお願いした。

(続く)

銅像の前でポーズをとってみました。
e0122514_953679.jpg

[PR]
by honyakusha | 2012-05-14 09:09 |

アロンソ大災難 その2

25キロはありそうな大きな犬に噛まれてしまったアロンソ。
脇目も振らず早足で家に戻ると、自分のハウスに引きこもってしまった。やっとこさおやつで誘い出して車に乗せた。動物病院の駐車場についても車内のケージからなかなか出ようとしない。いったん出てもまたピョン!と車に飛び乗ってケージに戻ってしまったりする。でも待合室に小型犬が何頭かいるのを見て、少し安心したみたいでようやく動物病院に入ることができた。

診察の結果、幸いにも後ろ足のすねの部分に小さな噛み傷があるだけみたいだった。化膿しないよう抗生剤を飲むだけで大丈夫そう。お尻の部分は大きな犬のヨダレでべとべとになってたけどケガには至っていなかった。獣医師は、「先日来たプードルは、噛まれて振り回された時リードを引っ張られたから皮が大きく破れて縫合処置しなくてはならなかった。そうならなくて良かったね」と言っていた。やはりリードを引っ張らなくて正解だったようだ。

待合室に戻ると、そこにいた他の飼い主さんたちが「怖かったね」「大ケガしなくてよかったね」と口々に慰めてくれて、なんだか私はすごく癒された。心配なのはアロンソの心の傷の方だ。アロンソは私の膝の上にきちんと座り、じっとしていた。

(続く)

GWに所沢の航空記念公園へ

e0122514_692057.jpg

[PR]
by honyakusha | 2012-05-11 06:13 |

アロンソ大災難

5月1日はアロンソが我が家に来て1周年の記念すべき日だった。が、この日アロンソと私にとって、忘れられない大事件が起きてしまった。なんと、アロンソが犬に噛まれてしまったのだ。

午前中、かかりつけの獣医で狂犬病の予防接種をしてもらい、フィラリアの予防薬ももらった。帰りに「キミがうちに来て1年たったお祝いの日だから新しい首輪を買おうね♪」とカッコいい首輪とおもちゃも買った。

子供たちが帰宅したので一緒に公園に行って遊び、その帰りのこと。
歩道を歩いていたら、前方に見たことのない大きな雑種犬がいた。飼い主さんは犬のう○ちを拾ってるところで私とアロンソに気づいていなかった。犬がアロンソを見て少しうなったような気がしたので、道路の反対側の歩道に行こうと車道に降りた時、勢いよく車が2台前から走ってきた。危ない!と思って元の歩道に戻った瞬間、前から犬が走ってきた。ノーリード状態で。あわてて逃げたけど追いつかれてアロンソのお尻にかみつかれた。犬はアロンソを持ち上げて振り回そうとしていた。私はアロンソのリードをしっかりと握っていたけど、引っ張ったらアロンソのケガがひどくなると思って、ただ「No! やめて!」と大声で言うことしかできなかった。

飼い主さんが、犬を蹴って(たぶん)、犬はようやくアロンソを解放した。私は怖くて震えてたけど、アロンソもその場にへたり込んでいた。全身をざっと見たところ、左後ろ脚のすねの部分から少し血が出ていた。飼い主さんに名前と電話だけ聞いて「今から獣医に診てもらいますから、あとで連絡します。」と言って家に戻った。飼い主さんは50代後半のおじさんで「本当にすみません」と恐縮していた。

(続く)

ドッグスリングの中のアロちゃん
e0122514_11511674.jpg

[PR]
by honyakusha | 2012-05-10 11:55 |