<   2015年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「おじいちゃんが孫に語る戦争」と「ワルキューレ」

おじいちゃんが孫に語る戦争

田原 総一朗 / 講談社

図書館で見つけて、このところ戦争関連の質問の多い息子が読むかな、と思って借りました。日本がなぜ勝ち目のない戦争を始めたのか、とても分かりやすく書かれていて、私が勉強になりました。田原さんは小5の双子のお孫さんのために書かれたそうですが、中学生ぐらいになればもっとよく理解できそうかな。

少年時代の田原さんの夢は「お国のために戦って名誉の戦死をとげること」だったそうです。そういう教育を受けた世代なのです。息子にとってはこれがすごく衝撃的だったみたい。

「日本は正義のために戦っている。悪い国と戦って名誉の戦死をとげよ」と教えられていたのに、戦争に敗けた途端、「戦争は悪いことなのだ。戦争が起こりそうになったら反対の声をあげよ」と正反対のことを教えられ、田原少年は先生に言われるままに教科書を墨で塗りつぶしながら、大人のいうことや新聞に書かれていることを、簡単に信じたらいけないな、と思ったそうです。それは本当なのか、正しいのか、自分で調べ考えて、自分で判断できるようにならなければ、という気持ちが後にジャーナリストという職業を選ぶ元になったとのことでした。

この本では二二六事件のことも解説されていたのですが、これをを読んだ日に、たまたま録画してあった映画「ワルキューレ」を観ました。
そしたら、なんだかドイツで起きた暗殺計画と二二六事件はすごく似ている気がしました。

ワルキューレ プレミアム・エディション [DVD]

ポニーキャニオン


世論の流れには強い力があり、ぼんやりしているとあっという間に流れにのみ込まれてしまいます。日本もドイツも戦争に突き進んでいった背景には、一般大衆が情報を取捨選択し、吟味し、何が正しいのか判断できない時代だったこと、そして熱狂的とも言える世論の流れが関係しています。今、幸いなことに多様な価値観や情報を得る機会を与えられている時代に生きる私は、よく見聞きし考えて、正しいことを見極めることの大切さ、そして「正しい戦争なんてない」という田原さんのメッセージを子供たちに伝えていこうと思います。

[PR]
by honyakusha | 2015-08-15 17:18 | 本・映画・舞台