<   2017年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

「女神の見えざる手」

圧巻でした。
こないだ観た「アトミックブロンド」は、゛最強の女スパイ、現る”でしたが
今回の「女神の見えざる手」は、゛最強の女ロビイスト、現る”という感じでした。
こちらのキャッチコピーは、゛彼女がアメリカを、「毒」で正すー。”
「アトミックブロンド」はフィジカル的に戦ってましたが
こちらも命を削って闘ってる感があり、根本的な部分で共通してる気がしました。

「ドリーム」もそうだったけど、女性が男性をしのぐ活躍をする映画が続いてます。
これをやってのけるのが女だからすごい、というのは偏見だけど、
女がやると華がありますな。
原題が「Miss Sloan」で女性であることを前面に出してるので
邦題も「女神の…」で調和がとれてるということでしょうか。

ジェシカ・チャステインは、「オデッセイ」でも感じたけど
はかなげな外見にそぐわない内面の強さで強烈なインパクトを与えられる女優です。

ロビイストという日本でなじみのない分野を扱った作品だからか
上映館がものすごく少ないです。もったいない。
個人的には、映画館でもう1回観て、改めてDVDで字幕を読み込みたい作品です。
★5つ。

[PR]
by honyakusha | 2017-11-10 05:42 | 本・映画・舞台 | Comments(0)

人間ドック

先月受けた人間ドックの結果が届いた。
表紙に「成人病検査成績表」とある。
今までたくさんの病気やケガで入院・手術を経験した身としては
まさに成績表を開く瞬間のドキドキ感。

結果は「総合判定 C:日常生活に注意する」でした。
去年と同じでよかった。
一昨年は「D:精密検査を要する」だったのです。
そして大腸内視鏡検査をした。
結果的に、特に問題なさそうだけど念のために
小さなポリープを切除しておきましょう、ということだった。

毎年受けてると、全ての検査数値を比較できるので
変化のない部分と年齢と共に少しずつ変わっていく部分がよくわかる。
身長は数ミリずつ縮み、背部脂肪厚は数ミリずつ増加。
腕部脂肪厚が去年と変わらないのは、水泳で上腕の筋肉を使ってるからかな。

お酒はあまり飲まないのに肝機能を示す数値の中のγGTPだけが
毎回基準値を上回っているけど、これも毎年大きく変わらないし
他の肝機能数値は基準値内で変わらないので、特に心配しなくてよいらしい。
つまり人間ドックでは、前年と比較して何か大きな変化がないかを調べる。
大きな変化=何らかの異常が発生している、ということなのですね。

今年は担当してくれた内科医の先生の説明がわかりやすくてよかった。
これからも自分の体を過信せず、ケアしていこう。
仕事でずっと座ってる日も多いけど、水泳や自転車で体を動かすようにしよう。

[PR]
by honyakusha | 2017-11-09 05:28 | 健康 | Comments(0)

Studio Life 舞台版「はみ出しっ子」

Studio Lifeによる舞台版「はみだしっ子」を娘と観ました。
e0122514_10142886.jpg
実は40年来の原作ファン。
マンガのイメージが強烈なのですが、舞台もよかった。
4人のキャラはもちろん、グレアムのパパもイメージにピッタリだったし
エイダはビジュアルまでそのまんまで驚きました。
娘も私がずっと持ってる原作を読んでるので、
楽しく観られたようですが、小学生なので深いところまでは理解していない。

中学の頃、大好きで何度も何度も読んだけど
大人になってから読み返そうとしたら、涙で読み進められなかった。
でもその時、自分がこの4人の何に魅力を感じていたのかがよく分かった。
勇気を出してもう一度読んでみようかな。
母になった自分はまた違う気持ちで読めるのかもしれない。
e0122514_10144349.jpg



[PR]
by honyakusha | 2017-11-08 10:29 | 本・映画・舞台 | Comments(0)

電車内に忘れ物

この連休は息子がギフティッド教育を受けている仲間とキャンプに行くため
デカいリュックを背負って出かけた。
夕方、駅で見送ったあと、よーし、字幕を練るぞー!と机に向かっていたが
ふと見ると息子からメール。1時間前に。
リュックを電車内に忘れた???

渋谷で乗り換える時に網棚に載せたリュックを持たずに降り
東京駅に着いた時、リュックがないことに気付いたとのこと。
寝袋や3日分の着替え、クッカー、雨具などが入った
かなり大きなリュックを自分が背負ってないことに東京駅まで気付かなかったとは
さすが息子。

私鉄から東京メトロに乗り入れている路線なので
両方の鉄道に電話で問い合わせたが届いてないらしい。
息子が乗った車両はすでに終点に着いて折り返し
反対の終点駅から再び折り返して現在は都内を運行中とのことで
東京メトロの駅員さんが途中駅で車両内を確認してくれるらしい。
おそらくこの辺りという車両を伝えて前後3車両ぐらいの中を見てもらうよう頼んだ。

家を出てから3時間半後、息子が情けない表情で帰宅。
同時に東京メトロから、終点の駅でそれらしきリュックが見つかりました!という電話が。
息子と一緒に電車に乗り、終点駅の事務室で無事にリュックを受け取り
そのまま茨城に向かう息子を見送った。時刻は夜9時。

私鉄も地下鉄も、日本の鉄道会社の対応はすばらしかった。
今後のために、電車に乗る際は何両目なのかを極力確認することにする。
それから、忘れたリュックの特徴を電話口で分かりやすく説明できることも大事。
今回は「どんなブランド名ですか?」と聞かれて
「えーと、たしかコロラドマウンテンとかなんとか書いてあったような…」と答えたけど
正しくは、MountainSmith Golden, Coloradoでした。

[PR]
by honyakusha | 2017-11-03 07:19 | 教育 | Comments(0)

洗濯機の買い替え

洗濯機が壊れた。
床が水浸し。
前回壊れた時の記事の日付から10年が経過している。
その前の洗濯機も10年弱使ったらしいので、
やはり寿命はそんなものなのね。
今まで使っていたのは三洋のドラム式洗濯乾燥機「アクア」というもので
ふろ水をオゾン浄化して利用できる機種だった。
エコで気に入っていたのだけど、もはやこういう機能を持つ洗濯機はないようだ。

我が家は物干し環境に非常に恵まれていて
ベランダ以外にも屋上と屋上につながる内階段スペースを
物干しに使っているので、長雨のこの時期でさえ
乾燥機能は一度も使わずに済んだ。
なので、乾燥機能はいらないかも、とも思ったけど
20年ぐらいドラム式を使ってるので、
全自動で大量の水を使うことになんとなく抵抗がある。
今回もドラム式を買うことにした。

前回の買い替え時は双子をベビーカーに乗せて
近所の家電量販店に見に行ったのだ。
しかしこの10年で何でもネットで買うということが当たり前になり
洗濯機も、もはや電気店に買いに行こうという感覚がなくなっていることに気付いた。
次回の買い替え時は…。

[PR]
by honyakusha | 2017-11-02 04:45 | 買い物 | Comments(0)