「依存症ビジネス」

依存症ビジネス――「廃人」製造社会の真実

デイミアン・トンプソン/ダイヤモンド社

undefined


息子はマインクラフトというゲームが大好き。
PCを使っていいのは1日2時間と決めているけど、いわゆる「ネトゲ廃人」になってしまったらどうしよう、と不安になりこの本を読んでみた。

ゲームだけではなく、アルコール、ギャンブル、ポルノ、ドラッグ、スイーツ、ショッピングなど、いくつもの依存対象に関して実例が紹介されていた。
そしてこれは息子だけでなく私も気を付けなくては!!!と思うに至りました。

それなしではいられなくなるためのビジネス戦略がこれほど研究されているなら、自分が常に意識して取り込まれないよう注意しながら行動する以外、その戦略から逃れるすべはない。“欲しい”という感情を行動に移すスイッチを入れさせる巧妙な手段がそこかしこに仕込まれていて、ネット上はもはや地雷原みたいだ。

依存により家族も人生も失った人、刑事事件に至ってしまった人も、十分な教育を受け社会的地位もある人たちだけど、「自分の頭で考えること」をうっかり怠っている間に知らず知らず大きな流れに飲み込まれていった。これはまさに昨日「ハンナ・アーレント」を観て感じたことと同じではないか。

つい最近、スマホのiOSをアップデートしたら、ランダムハウス英和辞典のアプリが使えなくなってしまった145.png
その時初めて、小学館が配信していたこのアプリは既にサポート終了していたことを知った。(あれ?使えない、どうして??とうろたえてたら、息子が冷静に教えてくれた。)
「アップデートしますか」というポップアップに安易に「はい」と答える前に、よく考え、調べて判断すべきだった。
ランダムハウスは主にiPadで使っているので、こちらはアップデートしてなくてよかった。

ストレスは人生のスパイス、そしてドーパミンは人生のご褒美スイーツ。
でもよく考えて、ほどほどにしないとね。

[PR]
# by honyakusha | 2017-10-13 09:08 | 本・映画・舞台 | Comments(0)

「ハンナ・アーレント」

ハンナ・アーレント [DVD]

バルバラ・スコヴァ,アクセル・ミルベルク,ジャネット・マクティア,ユリア・イェンチ,ウルリッヒ・ノエテン/ポニーキャニオン

undefined


歴史との向き合い方をドイツから学びたいと常々思っています。

こういう映画を見るたびに、
ドイツは冷静に客観的に自国の歴史を検証しているなという気がします。
犯してしまった過ち、起きてしまった悲劇に対して
単純に善悪の構図を描いて満足していたら
学びは得られないと感じました。

自分の頭で「思考する」ことの大切さも改めて感じました。
「おじいちゃんが孫に語る戦争」を読んだ時も思ったんですが
世論に流されることなく、冷静に状況を見極め
自分で考えて判断する習慣を意識して身に着けるよう
子どもたちにも伝えなくては。

すごくセリフが多い作品で、字幕の情報量も相当ありましたが
とても分かりやすかった。
こういう作品を翻訳するというのは、本当に尊いお仕事だと思います。

[PR]
# by honyakusha | 2017-10-12 08:37 | 本・映画・舞台 | Comments(0)

「ダンケルク」

ダンケルクから、ただいま帰還いたしました。

もうこの浜辺からお家には帰れないだろうと半泣きになりながらも
最後まであきらめなくて本当によかった。。。
泳ぎが得意でよかった、と途中何度も思いました。
とは言ってもあんなに銃弾やら魚雷やら飛んでくる中
無事に脱出できたのは、もう奇跡としか言いようがない。

そんな気持ちになるぐらい、臨場感たっぷりでした。
またしてもやってくれたなあ、クリストファー・ノーラン監督。

IMAXで観てよかった。
まだドキドキしてます。



[PR]
# by honyakusha | 2017-10-11 15:15 | 本・映画・舞台 | Comments(0)

感覚を磨くことが大切

怒涛の日々がようやく落ち着きそうで、すごくうれしい。
月曜の昼までに納品という案件が3週続いた。
その合間に私が企画を担当した通級親の会の勉強会があり
息子の進路関係であれやこれやのイベントもあって
忙しかった。

私の字幕翻訳の力はまだまだで、
ホント仕事しながら勉強させていただいてる状況だなあと。
今年2月から8月まで通ったスクールで教えていただいたことが
日々の仕事に役立っています。

自分がこだわるべき部分と、そうでない部分の見極めも大事だなと思う。
「作品の世界に身をゆだねて」と先生はおっしゃっていた。
日本人に分かりやすいことはすごく大事だけど
登場人物のセリフとしてその言葉が自然なのか、というのが気になる。

たとえばの話、日本人にとっては「フランスパン」って分かりやすいと思うけど
フランス人のセリフだったら「バゲット」が自然なのではというようなレベルの話ですが。

自分の感覚を磨いて、適切な訳語が自然に浮かんでくる境地を目指したいものです。
松浦美奈さんがこちらの記事でおっしゃってる「どんどんセリフが生まれてくる」というのは
そういうことだと思う。

私の場合、日本語の勉強が必要だと痛感しています。




[PR]
# by honyakusha | 2017-10-10 05:44 | 仕事・趣味 | Comments(0)

6年前期終了

今日で6年生前期が終了。
朝「今日は給食ないから」と言われ、「えええ!どうして?」とうろたえた。
そう言えば終業式なのだった。
今日で前期が終わって火曜日から後期。
長期休みの前後じゃないから特別感がなくて忘れてしまう。

成績表の学業面は相変わらず平凡なうちの双子。
息子担任より、
今期はテストの点や授業中の発言がすこぶるよかったけれど、
何しろ授業中にノートをほとんど書いていないので、
現在の評価基準に照らし合わせると、
やはりどうしてもいい評価をつけてあげられませんでした、
残念です、と。

いいんですよ、先生。
息子はクラスのみんなとは違う生き物なので
みなさんを評価するのと同じ基準で評価できなくて当然なのです。

生活面もいつもと同じく息子は「創意工夫」
娘は「思いやり」「勤労奉仕」に〇がついていた。
担任が変わっても、毎回同じなので、よくよく「創意工夫」の息子であり
よくよく「思いやりと勤労奉仕」の娘なのだろうなあ。

[PR]
# by honyakusha | 2017-10-06 21:48 | 教育 | Comments(0)