「コッホ先生と僕らの革命」とベルリン五輪

コッホ先生と僕らの革命 [DVD]

ダニエル・ブリュール,ブルクハルト・クラウスナー,ユストゥス・フォン・ドーナニー,トマス・ティーマ,カトリン・フォン・シュタインブルク/TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)

undefined


「コッホ先生と僕らの革命」はすごく穏やかな気持ちになる映画だった。
ドイツと言えばサッカー王国みたいなイメージだけど
草創期には厳しい環境の中、普及に努めた人がいたのですね。
校長先生役のブルクハルト・クラウスナーが印象的でした。
「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」でも感じた人間の深み、
本作を観て心がほっこりするのは、子供たちとコッホ先生の関係を支えるこの人の存在感ですね。

私が生まれ育った土地はサッカーが非常に盛んで
通っていた高校にはスポーツ=サッカーみたいな雰囲気もあった。

先日送られてきた高校同窓会報の記事。
1936年のベルリン五輪スウェーデン戦でフォワードとして活躍し決勝ゴールを決めた
卒業生 松永行(まつながあきら)氏のことが紹介されていた。
日本がサッカーでオリンピック初出場を果たした大会の初戦で
体格で上回る強豪スウェーデンに勝ったことはヨーロッパ各地でも
驚きを持って伝えられ「ベルリンの奇跡」と称賛されたらしい。
しかしその後松永氏は大学3年時に陸軍に従軍することとなり
「戦争には行きたくない。もう一度ドイツに行ってサッカーを学び、指導者になりたい」
という言葉を残し、ガダルカナル島で戦死された。

なんという才能の浪費。
コンラート・コッホのような優れた指導者がいたことがドイツサッカーの基礎となった。
松永氏が指導者としてドイツサッカーの技術を日本に伝えれば、日本サッカーの歴史も違っていたはず。
貴重な人材を失わせる愚かな戦争は二度としてはいけない、と改めて思う。


[PR]
# by honyakusha | 2017-10-24 05:28 | 本・映画・舞台 | Comments(0)

英語でランチ

3年前にアメリカに帰国したご近所のアメリカ人ファミリーのパパが出張で日本に来てるので、ランチした。
日本に住んでた頃は、同じ幼稚園や小学校に通っていた英語が話せるママたち4人で家族ぐるみのお付き合いをしていたので、そのメンバーも参加。

常に英語の勉強をしてる身としては、ネイティブとお話しできるのはとてもありがたい機会です。
相手は日本人と話して日本語の勉強をと思ってるので
なんとなく英語と日本語まぜこぜで話す。

お友達ママの一人がイギリス人のご主人を連れてきてくれた。
英会話学校を経営してらっしゃる。
ご近所さんなので、よく家の辺りを散歩してる姿をお見掛けしてたけど
話すのは今回が初めて。
「英語の勉強中に分からないイディオムとかあったら
いつでも聞きに来て」と言ってくださりとっても頼もしい!
イギリスの英語は手ごわいからなあ。

今年初めてカキフライを食べました。




[PR]
# by honyakusha | 2017-10-22 05:50 | お出かけ | Comments(0)

「アトミックブロンド」

最強の女スパイ、現る。

キャッチコピーに偽りなし。確かに最強でしたわ。
シャーリーズ・セロンは
「ノイズ」(1999年)で初めて見た時
こんな美しい女性がいるとは!と驚きました。
「プロメテウス」では嫌な上司役で、アンドロイドより非人間的な感じでしたが
今回の役柄は、クールだけど人間っぽさを感じる生身の女スパイでした。

1989年のベルリンを舞台にしたハードボイルドアクション。
シャーリーズ・セロンの体を張ったスタントが見ごたえありました!
私も悪者をあんな風にエイやっと背負い投げしてみたい~。
ジェームズ・マカヴォイとエディ・マーサンの

「フィルス」コンビがまた見られたのは個人的にうれしかった。

字幕は松崎広幸さんです。
MI6、CIA、シュタージ、KGB、そしてDGSEまでが絡む奥行きある設定に加え
時代背景までも表現されているのですが、字幕がシンプルですごく読みやすい。
あれもこれもと盛り込んで、結果的に分かりにくい字幕を書いてしまいがちな私には
大変勉強になりました。

[PR]
# by honyakusha | 2017-10-20 16:16 | 本・映画・舞台 | Comments(0)

骨折その後

このところ毎日雨。ほとんど冬みたいな寒さ。
今朝は右足が痛かった。
4年半前に骨折したのは右脚の足首に近い部分。
骨が三分割になっていた。
でも今痛いのは折れた個所ではなく膝なのです。
チタンの棒(髄内釘)を膝から入れて足首まで通し
1年後に膝から抜去した。
その膝が、時々痛い。
時々というのがどういう時なのかは自分でもよくわからない。
朝寝起きに痛いなと思うこともあり、夕方痛みを感じることもある。
でも、別に歩くのにも泳ぐのにも自転車に乗るのにも特に支障はない。

息子は1年半前、私とほとんど同じ右脚の足首近くを同じように
骨が三分割するような折れ方をして
手術せずギプスと固定のみで治した。
10歳という成長期に手術で骨をねじ止めすると
成長が阻害される恐れがあったため。
半年近くも杖をついて生活して運動も1年間禁止だったから不自由だったけど
後遺症は全くないらしい。
半年かかったとは言え、骨が自然にくっつくなんて、子どもはいいなあ。

[PR]
# by honyakusha | 2017-10-19 15:12 | 骨折 | Comments(0)

ペテロとペトロ

イエス様の使徒として大活躍したペテロ。
礼拝中、牧師メッセージの中でもよく名前が挙がる。
しかし、新共同訳聖書では「ペテロ」ではなく「ペトロ」なのだった。

私が通ってる教会では新改訳聖書を使ってるので、ずっと「ペテロ」という呼び名になじんでいた。
Twitterで人気の上馬キリスト教会のツイートも「ペテロ」
ドラマ化もされた宮部みゆきの小説タイトルは「ペテロの葬列」
Google検索ヒット数は「ペトロ」が「ペテロ」よりかなり多いように感じるけど
「石油」「油」などの単語を含めずに検索すると「ペテロ」の方が優勢となる。

翻訳では基本的に「新共同訳」ということなので、「ペトロ」なんですね。
そう言えば昔カトリック教会に通っていた頃は「ペトロ」だった。
英語だとPeter。
礼拝中通訳しながら何度も「Peter」と言っていて、その後日本語で話す時もうっかり「Peter」と言いそうになり頭の中で変換して「ペテロ」と言う。
名前はホントややこしい。

[PR]
# by honyakusha | 2017-10-18 06:10 | 仕事・趣味 | Comments(0)