タグ:突発性難聴 ( 1 ) タグの人気記事

突発性難聴の経験

乳がんに気付いた時、一刻も早く治療を開始したい、と思ったのは、過去に突発性難聴を患った時、迅速な治療のおかげで回復した経験があったから。

16年前のある朝、突然左耳が聞こえなくなった。
ロビンが私の左側から、いつものように元気よく吠えた時、なぜか「ワンワン!」ではなく「バリンバリン!」という衝撃音を感じた。そして電話がかかってきて、受話器を左耳にあてたら何も聞こえないので「朝から無言電話?」と思いつつ右耳にあてたら相手の声が聞こえた。左耳が聞こえてないことに気付いた瞬間だった。

その日は午前中通訳学校の授業があったので、準備をして家を出たけど、こんな状態で授業を受けても英語なんて聞き取れないだろうなと思った。少し前に姉が「耳が聞こえにくくなったので耳鼻科に行ったら蓄膿症のせいだった。膿を取ってもらったらすぐ治った」と言ってたのを思い出して電車を途中で下り、総合病院の耳鼻科を受診した。

検査をしてすぐに「突発性難聴だと思われます。このまま入院することをお勧めします。」と言われたけど、なんだかあまりに急な展開だったので、すぐに「分かりました」と言えず、「入院しないで治したい」などと言って断ってしまった。当時この病気に関する情報はあまりなく、初めて聞く病名だったので、事の重大さに気付いてなかったのだ。そして点滴だけしてもらい病院を後にした。

当時は毎日かなり根を詰めて通訳の勉強をしており、移動の電車やバス内でもいつもイヤホンで英語のスピーチを聞いていた。家に着くまでの間、いつものようにイヤホンで聞いてみたけど、やはり左耳はまったく聞こえない。

家に着いてインターネットで「突発性難聴」を調べたところ、すぐに治療しないとそのまま聴力が回復しない可能性もあることが分かり、これはまずいと思った。何人かの経験談を見つけて読んだ中に、病院で治療したけど治らなかったので鍼灸院で鍼治療したら少し回復した、という内容があったので、そこに書かれていた鍼灸院に電話してみた。すると鍼灸師の方が「今日聞こえなくなったんですね?だったら今すぐ入院して治療すれば治る可能性が高いです。あなたが今行くところは鍼灸院ではなく病院です。病院できっちり治療しても治らなかったら、鍼灸院にいらっしゃい。」と言ってくれた。

すぐに入院!と思ったけどその日は金曜日で時刻は既に午後4時を回っていた。こんな時間ではどこの病院も新規の入院患者を受け入れてはくれない。でも月曜まで待ったら手遅れになるかも。行ける範囲にある病院何カ所かに電話して断られた後、ようやく「仕方ないなあ、じゃ今から来ていいですよ」と言ってくれた病院があったので、大急ぎで入院の支度をしてバス→電車→地下鉄(地下鉄は騒音が大きいからやめた方がいいと鍼灸師さんに言われてたので乗車中はずっと手で耳をふさいでいた)→タクシーと乗り継いで5時半ごろ病院に着き、血液検査などしてそのまま入院させてもらった。夫には途中バス停から電話して「今から入院するからよろしく」と言ったら夫は「え?何?入院?」と。

翌日から星状神経節ブロック注射というものを首の付け根辺りに毎日打ってもらった。すると聴力はめきめきと回復して、1週間後には以前と変わらないぐらい普通に聞こえるようになったのだった。あのまま左耳が聞こえなくなっていたら、現在のように映像翻訳の仕事をすることは難しかったかもしれない。あの日電話で「今すぐ病院へ行きなさい」と言ってくれた鍼灸師さんに今も感謝しています。

そういう経験があったので、乳がんかもしれない、と思った時に「今すぐ病院へ行って治療しなくては!」と思ったのでした。

[PR]
by honyakusha | 2017-06-29 06:14 | 乳がん | Comments(0)