人気ブログランキング |

立ち直り

このところ翻訳者としても母親としても、自分の力不足に落ち込むことが多かったけど少し立ち直ってきました。

こんな私にもたびたびお仕事をくれる会社があるのです。「前回と同じ感じでお願いします」と言われて、たぶん前回の納品物に満足していただけたんだな、とうれしくなったり。

思春期まっただ中の息子も、単に反抗的なのではなく、彼なりの思いがあってのことだし、何気に私の言葉をよく聞いてるんだなと思わされたり。

発達障害サラリーマンという肩書きの借金玉さんが書いた『発達障害の僕が「食える人」に変わったすごい仕事術』という本を読んで、かなり目からうろこが落ちました。当事者でないとわからない感覚がかなり明確に解説されていて、ああ~そういうことだったのか~、と腑に落ちたことがたくさん。

発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術

借金玉/KADOKAWA

undefined



いろいろと吹っ切れて、久しぶりに、仕事を頑張るぞーという気持ちになっています。

こないだギフティッド教育コミュニティーの皆さんと出かけた昇仙峡。
澄んだ空気が気持ちよかった。
e0122514_22483325.jpg

# by honyakusha | 2019-11-29 22:52 | 仕事・趣味 | Comments(2)

ようやく…

昨日は娘の学校の授業参観でした。これで怒濤の学校行事ラッシュも少し落ち着き、ホッとしています。
静岡の父の元へと行ったり息子の今後をどうするかで気持ちも落ち着かず。
自分にとって優先事項は何なのか、真剣に考えるとどうしても仕事は後回しになりがちな今日この頃です。

日曜に友人から「2ヵ月で英語が話せるようになるだろうか」と聞かれました。
なんだか最近よく聞く、誰でもすぐに翻訳者になれる講座の一件を思い出しました。友人は、ネットの英会話講座の無料お試し期間が終わり、有料プランに進もうか検討中とのこと。その講座の紹介動画を見せてもらうとそこには「字幕なしで映画を見てみたくありませんか?」みたいな表現もありました。しかし、この講座を受ければ字幕なしで映画が見られるようになります、とは言っていなかった。あくまでも「見てみたいですよね?」で終わり。

「英語が話せる」っていう表現は極めてあいまいだ。TOEIC900点とか英検1級合格保証とかと違って達成したかどうかが分からないし、何を基準に「話せる」と決めるのか全く分かりません。

なので、友人には「2ヵ月で話せないことはないと思うけど、自分の年齢相応の会話を英語ですることはできない。私もいまだに映画は字幕付きで見てるよ」と伝えておきました。

# by honyakusha | 2019-11-22 16:13 | 歳時記 | Comments(0)

チェッカーという仕事

チェッカーという仕事について、Twitterで話題になっていたので、かつて自分がアルバイトとしてチェック作業をしていた頃のことを思い出した。通訳学校で「チェッカーのアルバイト募集」という張り紙を見たのがきっかけで、1年ぐらい実務翻訳の会社の翻訳室に勤務していました。

翻訳者さんが訳し終えた様々な実務分野の英日・日英の訳文を原文と照らし合わせ、抜けがないか、変換ミスや誤訳がないかをチェックしていました。翻訳者さんの作った訳文を尊重し、自分の主観で表現を変えるようなことはしませんでした。

ある時 社員さんから、既に仕上がっていったん納品済みの日英の翻訳を改めて修正するという作業を頼まれました。特に問題のない英文に仕上がっているけど、クライアントの指示で、複数箇所の用語と表現を別の用語と表現に換えて全体を訳し直すように、というものでした。

仕上がっている翻訳文を見てみたら、非常によくできた英文でした。今までチェックしてきた日英の訳文の中でも最高レベルの完成度だと思いました。その一方で、クライアントが「これを使うように」と言ってきた用語を見てみると、それはいかにもちょっと英語力に自信のある日本人が好んで使いそうな英単語と表現でした。元の訳文は、本来の日本語の意味を伝えるよう翻訳者さんが考えて選んだ英単語と用語を使っていて、きっとネイティブが読んだら非常にスムーズに内容が理解できるだろうと思える英文に仕上がっていました。クライアントの指示通りに用語を置き換えたらかえって陳腐な英文になってしまうのは明らかでした。

翻訳会社の社員さんもそれは百も承知の上で、クライアントに説明しても聞き入れてもらえなかった以上、翻訳者さんには伝えずにチェッカーが修正したものをクライアントに納品して満足してもらうしかないと判断したようでした。それはそれで苦渋の決断だと思いました。

が、私にはその英文を修正することはできなかった。クライアントがそう言うなら仕方ない、仕事とはそういうものだと頭では分かっているのですが、私自身、どうしてもやりたくなかった。
結局、すみませんが私にはできません、と言ってチェッカーを辞めました。

今 私は字幕翻訳の仕事を主にやっていますが、結局のところ長くお仕事を頂いているのは、きめ細やかなチェック作業をしている会社だったりします。訳して納品したらそれで終わり、ではなく、いろいろなコメントが付いたチェックバックをもらうのはドキドキだけど、それぞれのコメントにひとつひとつお返事を書く作業はものすごく大事な工程だと感じます。いつも丁寧なチェックで、うっかり者の私をカバーしてくださるチェッカーさんに感謝です!!

# by honyakusha | 2019-10-18 11:04 | 仕事・趣味 | Comments(0)

体育祭

台風に見舞われた土曜の晩、この辺りも雨風はなかなかのものでした。家の周辺では大きな被害は出ず、停電もありませんでした。

日曜の朝は礼拝へ。教会の地下は少し水が入ってしまったようですが、牧師が奮闘して朝までに乾燥機もかけてありました。通常と変わらぬ日曜を迎えられたことに感謝し、被害に遭われた方々のために皆で祈りました。

日曜に予定されていた息子の学校の体育祭。翌月曜に延期すると早々に連絡がありました。月曜は曇りのち雨の予報だったけど、迎えてみれば朝から雨。決行か中止か微妙な感じでしたが、結局短縮バージョンで行われることになりました。小雨の降る中、徒競走やリレーが行われ、皆の頑張りが見られてよかったものの、寒かった。
そして今朝、息子は38度の発熱で寝込んでいます。。。

以前のように、なぜか晴れることが多い10月10日を体育の日にしておいて、この日に体育祭をすればいいのに。今年の10月10日は木曜の平日だったけど、ものすごくいいお天気でした。
ハッピーマンデーで3連休を作るのではなく、皆がちゃんと自分のペースに合わせて有給を取れる世の中になってほしいものです。

台風一過の夜明け。
e0122514_09374090.jpg


# by honyakusha | 2019-10-15 09:51 | 歳時記 | Comments(2)

台風

台風15号の後、長く停電している地域の情報など見るにつけ
もう少しちゃんと災害に備えないとな、と反省しました。
食料の備蓄についてあれこれ調べたりしたら、何だか夢中になってしまい
かなり大量の非常食を買い集め、試食したりもしたので
現在やたら備蓄食料が豊富な我が家です。
e0122514_14110490.jpg
先月は山登りに行く予定もあったので、
山ご飯として準備したアルファ米のビビンバや山チョコなどもあります。

ローリングストックにすれば消費期限が半年~1年ぐらいでよさそうだし
普段から子供たちが自分で簡単に調理できる食品として
フリーズドライものなども買い置きしています。

水は2リットル入りのペットボトルだけでなく、500ミリリットルが
使いやすいと知り、箱で買い足しました。
子供が校外学習に行く時など、持たせるにも便利だし
防災用にこだわらず普段から買い置いておけばいいんだなと
思っていたらいきなりの大型台風関東直撃。

我が家は今時の家なので雨戸のない窓がすごく多い。
今朝から夫(ザ・働き者)がせっせと窓に段ボールを貼ったりしていました。

火曜日に納品予定だった仕事は、余裕のある日程だったので
昨日から集中して作業し、昼前に納品しました。

懐中電灯と非常用ランタン、乾電池などは火曜日に買っておいたので
とりあえずは大丈夫そうだけど
今夜の強風がどの程度になるのか激しく不安。
無事に乗り切れますように。
世の中の皆さんの被害も少なくて済みますように。

# by honyakusha | 2019-10-12 14:18 | 歳時記 | Comments(0)