2010年総括

早くも大晦日となりました。クリスマスの後の1週間は本当にあっという間だった。

この1年を振り返ってみる。
まず自分の仕事について。
年初はあまりに仕事がなくてもうこのまま自然消滅的に翻訳の仕事から離れていくのかなあと思っていたのだけど、5月ごろからコンスタントにお仕事の声をかけてもらえる状況が続いて、結果的に年明け納品の仕事を抱えた状態で1年を締めくくることになった。ありがたいことです。仕事の内容も、サッカーW杯開催年だったおかげで久しぶりにサッカー関連の翻訳ができたり、他にもスポーツ分野ではゴルフやバスケットボールにかかわる事ができた。字幕も映画の特典映像やプロモ用のインタビューなどおなじみのものに加えて、日本語の映像に聴覚障害者向けの日本語字幕をつけるなど自分にとって初めてのお仕事も経験できて、いろいろと勉強になりました。

子どもたちについて。
ピカはずいぶんと個性を発揮するようになった。マイペースな性格に拍車がかかり、周囲の迷惑となることも。まだ自分をコントロールすることができないみたい。自分の興味のある事を追求する姿勢も明確となり、自然科学に関する質問が増えてきた。父母も勉強しないとピカの質問に答えられない。その勢いでいろんな知識を吸収していっておくれ。少しずつ協調性も身に付けてくれるとうれしいんだけど。

ルカは周囲の状況を理解してうまくやっていくことが上手になった。考える事より手や体を動かす作業が好きでお手伝いをよくしてくれる。もともと自分のことを自分でやりたいという思いが強い子だったけど、実際に自分のことが自分でできるという状態へと成長してきたみたい。最近は髪も自分で結んだりピンで留めたりできるようになった。生まれたとき、自力で呼吸すらできなかったルカなのに。すごいぞ。

ロビンは、さりげなく元気に生きており、先日の胃捻転騒動の際もレントゲンの結果「心臓なんかは年齢の割りにとってもいい状態」らしいので、このままさりげなく生き続けてくれるのではないかと。

そして夫。今年は大きな転機を迎えた。来年はどーんと飛躍してくれそうな気がします。社会人としてのハイライトとなる時期に思い切り力を発揮できるといいなあ。

来年に向けた家計簿のデータベースも着々と出来上がってきました。今年の決算を見ると、食費や教育費は予算とほぼぴったりだった。来年の我が家は減収が見込まれているためそれに応じて予算を減らす必要がある。幸い来年は七五三のようなイベントも車検もないので、日々の生活費以外に大きな出費は今のところ予定してない。今年の実績から食費、被服費など予算削減できそうなところを追求していくのはちょっと面白い作業だ。その一方で、来年は自分の内面を豊かにするための予算を取りたいなあとも思う。

今年も多くの人に支えられ、刺激を受け、健康で楽しい1年でした。
皆さま、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
それでは、よいお年をー!!!

[PR]
by honyakusha | 2010-12-31 17:10 | 歳時記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 新しい年 クリスマスおめでとうございます >>