今がんばってる動物たちのために

ロビンを見送った翌朝、新聞を読んでいた夫が地方版に掲載された記事をみつけました。座間市にあるイタリアンレストラン「ラ・リチェッタ」さんが被災した動物たちの救援のために募金とクッキー(犬用もあり)の売り上げ金寄付の活動をされてるそうです。記事はこちらです。

そういえば、ラ・リチェッタのHPにはロビンがちょっとだけ掲載されてるんだった、今もあるのかな、と思ったら、ありました!こちらです。ロビンが若くブイブイ言わせていた頃。体重も20キロぐらいありました…。

わざわざ足を延ばして行く甲斐のあるレストランです。その後私の誕生日ディナーにも行きました。当時のブログです。記念日だというので、メニューにないオッソブーコを作ってくれて感激しました。オッソブーコはミラノ名物の仔牛肉料理です。ボリューム満点のこの料理をリクエストしたなんて、私も若かったのね。

偶然にも新聞記事のおかげで、ロビンが元気いっぱいだった頃の思い出が一気によみがえってシアワセな気持ちになれました。神様、ありがとう。

[PR]
by honyakusha | 2011-03-31 02:17 | | Comments(3)
Commented at 2011-03-31 22:06
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-03-31 22:07
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by honyakusha at 2011-04-01 00:43
鍵コメさま、はじめまして。
ロビンのために悲しんでくださってありがとうございます。ロビンは本当にたくさんの人たちに愛されて幸せ者だなあと、今改めて思います。人間が大好きで、初めて会う人にも必ずヘソ天で甘えていたロビン。お会いしてなでなでして頂く機会がなかったことが残念です。

すてきなブログ、見せていただきました。かわいい子たちのたくさんの笑顔に私も思わず笑顔になりました。コーギーって世界一愛らしい犬種だなあと思ってロビンを飼い始めたのですが、今もやっぱりそう思います。コーギーを愛する飼い主のみなさんが愛犬ちゃんたちと“ワン”ダフル ライフを送ってらっしゃることが、今のロビンと私にとって何よりの幸せです♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 少しずつ、前を向いて “ワン”ダフル ライフ >>