2頭目の犬

アロンソはトレーナーさんとのセッション2回で基本的なトレーニングは終了。アロンソ自身には特に問題行動などはないため、飼い主の私たちが犬の習性をきちんと理解すればよいだけでした。今後はしつけというよりアロンソとのコミュニケーションをより楽しめるようK9ゲームをやってみたいなあ、と思っています。

かかりつけの獣医さんにもご挨拶がてら爪切りに行きました。うちの辺りにはすごい勢いで動物病院が増えています。ロビンの時には何度も獣医を変わりました。その結果、見た目の立派さやオシャレさと診療の質は比例関係にないな、という結論に達したのでした。今後もかかりつけ獣医としてお世話になろうと思っているのは、すごく小さくて特に立派でもない動物病院だけど、電話すると助手の方がいつもきちんと症状を理解してくれて話が早いし、自宅で経営してるから休診日でも診ますよ、と言ってくれるところです。院長は以前ロビンにかまれて流血していたけど、今回もどこかのイヌにかまれたらしく血が出ていた…。院長みずから肛門腺しぼりなどしてくれて、料金は367円、こんなに安くてやっていけるのだろうか。

2頭目の犬を飼ってみて、犬っていろいろなんだなあ、と思えたし、ロビンのことも改めて分かった部分がたくさんあります。犬と暮らすのは本当に面白い。また犬を迎えてよかったと思いました。

仕事中は私の横で熱心にドーナツ型の牛皮ガムを噛んでいます。長い前足で器用に押さえてる姿に感心。
e0122514_20251931.jpg

[PR]
by honyakusha | 2011-06-14 20:27 | | Comments(2)
Commented by Alichen6 at 2011-06-16 09:12
早くもアロンソ君との信頼関係ができているようですね!そんなステキな様子が伝わってきます。うちの近所にもたくさん獣医さんがいるのですが、うちが昔からお世話になっているのは、規模はすごーく小さいけれど、とってもいい先生が地道になさっている動物病院です。何でもやってくださって、それでいて料金がびっくりするほど安いのです。ちぇりさんが書いていらっしゃる病院に似ています。「病院の見てくれ」と「診療の質、先生のお人柄」は必ずしもイコールじゃないなぁと思います。
Commented by honyakusha at 2011-06-16 17:27
ありちゅんさん、こんにちは!
どうやら動物病院は生真面目にやるとあまり儲からないみたいだ…と思いました。動物の病気って、人間と違ってあまり研究もされていないから、ホント先生の人柄や考え方で、すごーく治療内容が変わりますよね。やっぱお人柄が一番かな。今の先生はいろいろと話しやすくてよいのです。
待合室でハリネズミを見かけたことはないのですが、ぐ~ちゃんも病気になったら行くんですよね。なんか想像しただけでかわいいーー!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ささやかな ぜたい >>