人間ドック

先月受けた人間ドックの結果が届いた。
表紙に「成人病検査成績表」とある。
今までたくさんの病気やケガで入院・手術を経験した身としては
まさに成績表を開く瞬間のドキドキ感。

結果は「総合判定 C:日常生活に注意する」でした。
去年と同じでよかった。
一昨年は「D:精密検査を要する」だったのです。
そして大腸内視鏡検査をした。
結果的に、特に問題なさそうだけど念のために
小さなポリープを切除しておきましょう、ということだった。

毎年受けてると、全ての検査数値を比較できるので
変化のない部分と年齢と共に少しずつ変わっていく部分がよくわかる。
身長は数ミリずつ縮み、背部脂肪厚は数ミリずつ増加。
腕部脂肪厚が去年と変わらないのは、水泳で上腕の筋肉を使ってるからかな。

お酒はあまり飲まないのに肝機能を示す数値の中のγGTPだけが
毎回基準値を上回っているけど、これも毎年大きく変わらないし
他の肝機能数値は基準値内で変わらないので、特に心配しなくてよいらしい。
つまり人間ドックでは、前年と比較して何か大きな変化がないかを調べる。
大きな変化=何らかの異常が発生している、ということなのですね。

今年は担当してくれた内科医の先生の説明がわかりやすくてよかった。
これからも自分の体を過信せず、ケアしていこう。
仕事でずっと座ってる日も多いけど、水泳や自転車で体を動かすようにしよう。

[PR]
by honyakusha | 2017-11-09 05:28 | 健康 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「女神の見えざる手」 Studio Life 舞台版... >>