それぞれの入学式

先週、相次いで中学の入学式が行われ
双子はめでたく中学生となった。
娘の入学式の翌日が息子の入学式。
なんだか長い入学式だなあと。

出産の時を思い出した。
あの時も2日がかりで産んだので
双子だけど誕生日が一日違うのです。

娘の入学式はチャペルで行われ
パイプオルガンの伴奏で歌う校歌は賛美歌みたいだった。
学園長先生が聖書のみことばから
歓迎の気持ちと愛に満ちあふれたお話をしてくださった。

息子の入学式は体育館で行われ
新入生歓迎の和太鼓の演奏で始まった。
来賓や理事長先生のスピーチはかなりユニークで
自身の中学時代のつらさをにじませながら
自分もこういう学校に通いたかったと語る
建前抜きのお話だった。

2人とも、それぞれの個性に合った学校に入学したなあと
改めて思えました。

息子の学校で新入生が胸に飾った生花のコサージュ。
大半が男子生徒の学校だけど
細やかな優しさを感じました。
e0122514_14501246.jpg



[PR]
by honyakusha | 2018-04-12 14:52 | 教育 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 換毛の季節 半生かりんとうドーナツ >>