夏休み終了

息子の学校は9月3日から授業が再開。夏休みが終わります。
娘は学校の夏期講習や部活で忙しそうにしていました。
息子の学校は部活動も数日だけなので、
ほっとくと毎日家でPC三昧になってしまうので
いろんな施設に連れていくことにしました。

お出かけしたのは下記の施設。

筑波宇宙センター、日本科学未来館のデザインあ展、METoA Ginza、貨幣博物館、千葉工業大学スカイツリーキャンパス、郵政博物館、横浜美術館、よこはまコスモワールドのアイスワールド、日本郵船歴史博物館、横浜開港資料館、横浜税関資料展示室、三菱みなとみらい技術館、相模原市立博物館、JAXA相模原キャンパス。

我ながらよく行った。
デザインあ展は私も楽しめた。
METoA Ginzaは人工衛星オタクにはいいかも。そんな人あまりいないと思うけど。息子はかなり楽しんでいた。
貨幣博物館は入り口に空港の搭乗口みたいなセキュリティチェックがあって、その物々しさが面白い。特別広い施設ではないけどよく考えて作られていて楽しみながら学べるいい施設だった。入場無料だし。
その一方で郵政博物館は、資料の充実ぶりと施設は素晴らしいのに、いまひとつ学んだ気になれないもったいない展示だった。有料なのに。
横浜美術館は「モネそれからの100年」を見に娘と夫も一緒にいったのだけど、モネにインスパイアされたモダンアートの数々が、子供には今ひとつ理解しがたかったみたい。いつかボストン美術館辺りでモネをたっぷり見て、MOMAでモダンアートにどっぷりつかる経験をさせてやりたいものです。
そのついでになんとなく入ったよこはまコスモワールドのアイスワールド。かつてバーモント州で経験したマイナス30℃の日々やそれよりもっと寒かった2月のケベックのことを子供たちに伝えようとしてもなかなか分かってもらえなかったけど、「お母さんが言ってた『呼吸するたびに鼻の穴の中が凍る』ってこういうことなんだね!」と子供たち。体感するって大事なことだなあ。
筑波宇宙センターや千葉工業大学スカイツリーキャンパス、JAXA相模原キャンパスでは、息子の宇宙に関する知識の豊かさを実感した。普段の生活では息子はいろいろとできてない気がしてたけど、息子のテリトリーに入ったら私の方が何もできない何も知らない人だった。

夏休み、面白かった。

[PR]
by honyakusha | 2018-09-02 10:06 | 教育 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「オーシャンズ8」 濃密な読書 >>