実務の日々

仕事の予定が二転三転して、結局先週と今週は
実務翻訳をしています。
放送通訳時代にお世話になったコーディネーターさんからの
久しぶりのご依頼がタイミングよく成立して
お互い喜んでいます。
もう15年以上のお付き合いで、仕事の依頼は今も電話。
ついでに関係ない話(犬のこととか)もいろいろしてしまいます。
お互い自宅で仕事してるので話し相手に飢えているのです。

報酬面では映像より実務の方がいいなあと感じます。
でも映像翻訳の、楽しいけど苦しい、でも苦しいからこそ楽しい、
苦しさより楽しさがちょっと上回ってるところがたまらない!
という絶妙な味わい(?)みたいなものが
実務にはないのです。(私の場合です。ちょっと変な人かも)

でも実務翻訳の経験が映像翻訳に役立つこともきっとあると思うことにして
今後も頂けるお仕事はありがたくお引き受けして
自分なりの翻訳キャリアを細々と築いていけたら、と思います。

字幕翻訳の経験が実務翻訳にプラスになってるのは明らかと思われます。
訳文を練りまくる習慣が付いているので、簡潔で読みやすい訳にできる気がします。

[PR]
by honyakusha | 2018-09-21 13:22 | 仕事・趣味 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「判決、ふたつの希望」 ホテイアオイ >>