英語の面白さ

なんだか急に忙しくなってしまい、そんな時に限って風邪も引いてしまい、どうなることかと思ったけど何とか無事に納品にこぎ着けた。歯の治療(エムドゲイン)も息子の学校のイベントお手伝いも予定通り完了。よかった。

トランプ大統領の日本人記者に対する発言のことを夫から聞いて、どれどれと動画を見てみて、あー、トランプ大統領は日本人が”f”の発音が苦手で”h”になってしまうということを知らなかったんだな、自分の見聞が狭いことを世界に向けて発信してしまってるなあ、と思った。

私はいろんなアクセントの英語を聞くのが好きだ。サッカー番組の仕事してた頃は、毎回いろんなインタビューを聞き取って、短時間で日本語に訳さなくてはならなかった。ファーガソン監督のスコットランド英語には毎回苦労した。ブラジル人サッカー選手のインタビュー(英語)を訳していた時、「以前ブラジルにある”Belismo city”でプレーしてたんだけど…」という話が出てきた。ブラジルに「ベリスモ市」という地名があるのねと思い、裏を取ろうとしたけど見つからず収録時間が迫る中で四苦八苦するうちにふと、それは「very small city」だと気づいた。ブラジルにあるとても小さな町でプレーしていたのでした。何度も繰り返し聞いてその選手のアクセントに慣れてきたら分かったのです。

地域による単語の使い方の違いも意識しないといけない。今回はイギリス英語を訳していたんだが、同じ単語でもアメリカとニュアンスが違うことに気づいてなかった。納品前の最後の見直しで誤訳に気づき冷や汗をかいた。なんとなーく違和感がある部分は落ち着いてよーく考えてみると本当の意味が浮かび上がってくる。そんな時、日本語の辞書はあまり役に立たない。とにかく映像をよく見て原文をよく読むこと。そして粘り強く自分にツッコミを入れること。

ともかく、英語もいろいろあるのが当たり前で、だから楽しいのだと私は思う。

[PR]
by honyakusha | 2018-11-12 20:56 | 仕事・趣味 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 太陽の塔 TSUTAYA DISCASが好き >>