達成=achievement

母は今週も少し気合を入れてお仕事をしてるので、昨日は夫の会社の託児所に一日、今日は保育園に半日双子を預けた。2日連続で集団保育の場に行くのは初めてだったが、2人ともかなり楽しんだ様子。

保育園の先生に「ルカちゃんはスプーンとフォークでお食事するのがとっても上手ですね。小さなナメコの1粒まで器用にすくって食べました」と言われた。そうでしたか。家ではいつも手づかみですが…。ルカは手先が器用で、いろいろと新しい道具を使いたがる。スプーンとフォークは使い方を習得したら興味を失ったらしく、現在の彼女の興味は箸に移った。こども用(3歳以上が対象)のお箸を与えてみたら一生懸命練習している。ちゃんと使えるようになるのはまだ先だと思うけど、時々うまくすくえたり刺せたりしてお箸で食べられると達成感に満ちた笑顔を見せている。

ルカの性格を一言で表すなら「チャレンジャー」。対するピカの性格を一言で表すと「天然」。それぞれのよさを十分に引き出してあげたいと父も母も願っている。
e0122514_2252014.jpg
花が終わったギボウシの茎を鋏で切ったら、その茎を枕木の穴に差し込もうとする双子
e0122514_2254148.jpg
うまく刺せて達成感を味わうルカ

そういえば、妊娠中に叔母に勧められて読んだモンテッソーリ教育の本に、こういう小さな達成感を積み重ねていくことが子供の成長にとって大事なんだと書かれていたような気がする。あの本もう一回読んでみよう。生まれる前に読んでもピンとこなかったことが今なら理解できるかも。

[PR]
by honyakusha | 2007-09-11 01:28 | 双子 | Comments(5)
Commented by coco at 2007-09-14 06:07 x
ふたりの性格の違いってほんとおもしろいね。人生は楽しむようにできてるような気がする。箸はうちはまだおもちゃなのだけどこんどとらいさせてみよう。
Maria MontesorriのPre schoolはこっちでもめちゃ人気、こっちにすむ日本人もたくさん通ってる。
Commented by nocco at 2007-09-14 16:02 x
「それぞれのよさを十分に引き出してあげたいと父も母も願っている」この言葉じんっときちゃいました。
それが子育てで一番大事なような気がしますよね。
親の思った型に子供をはめず、それぞれの個性を認めて伸ばしてあげられたら、それだけでその子は幸せになれるような気がします。
ルカちゃんとピカくんも個性がすごく出ているのは、そういう育てられ方をしているからですよね。
私も頑張ろうっと。
ところで、モンテッソーリって気にはなってるけど詳しく知らない。最近シュタイナーにちょっと興味は持っているんですが。もしオススメ本あったら本の名前教えてくださいまし。
今日はお疲れ様でした。
Commented by honyakusha at 2007-09-15 08:49
Cocoさん、
双子だけどここまで違うか~、と思うことが多いよね。違いを楽しめるから双子産んで得しました。きっとカナダのプレスクールは元々日本の幼稚園みたいに集団行動させることを重要視してないと思うけど、そんな中で更にある程度確立されたメソッドのもと個人を伸ばすという考えなんだろうなー。

noccoさん、
モンテッソーリの本、私が読んだのはライフログ(←)に乗せてる『ママ、ひとりでするのを手伝ってね!』です。叔母は自分が園長してた幼稚園でこの教育を実践して効果を実感したそう。大人の目には「いったいなぜこんなことを?」と思ってしまう子供の行動も、子供の側にはちゃんと理由があるらしい。見守れる親になりたいものです。
Commented by gencoco at 2007-09-15 22:55 x
こちらには初めてコメントさせていただきます!
ゲンとココロの母です。
実は私も出産前までモンテッソーリ園で幼稚園教諭してたんです!
叔母様が幼稚園の園長先生だったんですね!感激です!
幼稚園でこどもたちを見るのと自分のこどもを育てるのとはずいぶん勝手が違うので戸惑うばかりです。育児って難しいですね!
Commented by honyakusha at 2007-09-17 09:15
genncocoさん、コメントありがとうございます。
幼稚園の先生だったんですね!もっといろいろ教えてもらわなきゃだわ。
叔母は控えめな人なのですが、モンテッソーリに関してはとっても熱く語ります。
でも同居の孫たちにはかなり苦労してるみたい。
なかなか教科書どおりにはいかないけど、予測不能な部分も楽しんでいけたらいいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< テレビ=TV 掛け時計=clock >>