鍼灸=acupuncture

昨日右下の親知らずを抜いた。今朝目覚めたら私はこぶとりじいさんになっていた。

子どもたちのお迎えに行ったとき、お友達のママとしばらく話をしてから「実は昨日歯を抜いて」、と話したらすごくホッとされた。彼女は私を見た瞬間いったいその顔はどうしてしまったのかとものすごく気になったけど、さすがに面と向かって聞けずにいたようだ。私は鏡を見るとき以外は自分の顔がこぶとりじいさんになってることを忘れてるけど、やはり他人から見たらかなり変な顔だと思う。うわーん。早く治るといいな。

今日は鍼灸治療をしてくれる動物病院にロビンを連れて行った。実は3日前にも新しい動物病院へ行った。ロビンが家に来てから10年近く通い続けた病院に決定的な不信感を抱いて、別の病院でセカンドオピニオンをもらい手術したのだけど、その病院は遠方なのでやはり近所に信頼できるかかりつけ獣医を作るべきだと思い、小さいけど評判のいい動物病院に毎年この時期に受ける混合ワクチン接種とフィラリアの薬をお願いしに行った。そしてその獣医さんのアドバイスにより鍼灸治療をしながらリハビリしていくことにしたのです。

今日の病院では院長先生からロビンのゴハンを以前のように生肉に戻すよう勧められた。やはり筋肉をつけるためには高タンパクの食事が必須だそうだ。ロビンは鍼灸師の先生に鍼を打たれうっとりと気持ちよさげ。そして帰りがけにはまだ介助ハーネスを使ってはいるけど今までにないぐらいシャキシャキと後ろ足を上げて歩いたのでした。そして、その間ずっと受付のお姉さんに遊んでもらっていた双子を見た院長が「おお!双子!!実はうちの子も双子です」と。すでに立派に成人してるけどうちと同じく夫婦だけで双子を育て上げたそうで、当時の苦労を実にリアルに語ってくれました。

初めての動物病院だけどフシギな縁を感じます。2人の医師からロビンはきっと歩けると力強く言ってもらえて、なんだか希望がわいてきたこぶとりじいさんなのでした。

e0122514_22244735.jpg

[PR]
by honyakusha | 2008-05-02 22:38 | | Comments(4)
Commented by nocco at 2008-05-03 01:09 x
あ~ん、こぶとりじいさん、大丈夫ですかぁ?
私ももう随分前に上下4本を2回に分けて抜いたけど、ひどい顔になったなぁ。でも数日でひいたように思うよ。あとちょっと、頑張ってね。
そしてロビンくん、少し元気になってきたような感じで嬉しいわ。
相性の良い病院みたいだしね。このまま、良くなってくるといいね。

そして、クインテットに合わせてシロフォンを叩くピカくん、可愛い~♪
Commented by sugar at 2008-05-04 15:07 x
ひぇ~、こぶとりじいさんとは。くれぐれもお大事に!
私も16年前頃、退職祝!?に上下対で左右2回に分けて抜歯しましたが、水平埋歯のわりに手際よくやって頂いたので殆ど腫れずに済みましたが、麻酔が切れた後は、流石に痛かったのを覚えています。
出血はもうないと思いますが、紅茶のティーバック(出がらしでOK)を噛んでいると止血しますよ。
ロビンくん、元気になって良かったですね。きっと、ご家族みんなの思いが通じたんでしょうね。早く良くなるとイイですね。
Commented by honyakusha at 2008-05-05 17:11
noccoさん、
ご心配いただきどうもありがとう。1本抜いただけでめげた私には4本抜いたなんてものすごいことに思えるわ~。左下も抜くよう勧められてるんだけど、やっぱやめたい…。双子を産むときはワクワクして全然こわくなかったのに、歯を抜かれるときは足がガクガクの小心者です。
ロビンはすごーくがんばってるので応援してね。

ピカはエンターテイナーで、彼の演奏や踊りはなかなかのものよ。(←親ばか)
Commented by honyakusha at 2008-05-05 17:18
sugarさん、どうもありがとう。「こぶとりじいさん」から「普通に下膨れな人」になりつつあります。“スゴイ親知らず”と言われていたので覚悟して臨みましたが、私も上手な人に抜いてもらえたので短時間で終わりました。でも根っこが神経に触れてたのでものすごく腫れてしまったのです。
ロビンは少ーしずつよくなってるみたいです。引き続きリハビリがんばります!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< モノレール=monorail クインテット=quintet >>