2007年 08月 28日 ( 1 )

蛇口=tap

年に1度夫の実家を訪れるたびに私はいろいろと気づかされる。家の中のモノを減らしたいと常に思いながら、なぜかいつも物欲にまみれている私。今住んでいる家に越したばかりの時には、どんなカーテンをつけるか悩みに悩んでやっぱり高価でも気に入ったものを、と思いつつ夫の実家に来てみたら、この家にはカーテンはなかった。障子とすりガラスのみ。ああ~カーテンってなくても生きていけるんだー、と思った。数年後、家のあちこちに小さな不満がつのって、プチリフォームしたいなーと思いつつ、夫の実家に来てみたら、台所の壁と天井の間から空が見えていることに気づいた。今も家の中で薪を燃やしているから換気のための隙間なのか?と思い義母に聞くと「この家を建てた大工さんがヘタだったから」という返事に驚愕。120年間壁の隙間から空を見ながら暮らしているのだった。義母の哲学「細かいことにグダグダ文句を言わない」を実感する。

同じ村にある他の家はどこも、改築して便利な暮らしを取り入れているけど、夫の両親は今もあえて古くからの生活を貫いている。この家は、蛇口をひねれば水が出るのが当たり前と思い込んでる物欲まみれの私が年に1度正気に帰るために訪れる場所なのだ。
e0122514_1024911.jpg
井戸から湧いてるから蛇口をひねらなくても水が出る。井戸水をためた池にたくさん鯉がいて、子どもたちの食べ残しを全部食べてくれる。昔ながらの生活の方が実は都会の暮らしより便利かも。

[PR]
by honyakusha | 2007-08-28 09:38 | お出かけ | Comments(5)