「万引き家族」と「逆境に生きる子たち」

映画館で、何気なく「万引き家族」を見たら予想外に泣いてしまった。

それが正しいかもしれないけど正解ではない。
それは事実だけど真実じゃない。

画面に向かって心の中で叫ばずにはいられなかったよ。

あの子たちはどうなるんだろう。
悲しい気持ちになりかけたところで、たまたま読んでいた本に救われました。

逆境に生きる子たち――トラウマと回復の心理学

メグ ジェイ/早川書房

undefined


息子を育てる参考にと思って読み始めたけど、そこに書かれていたのは他ならぬ私自身のことでした。子供時代に心に傷を負ってもそこから立ち直れる人物を「レジリエント」、そして更に優れた業績を成し遂げる人を「スーパーノーマル」と著者は呼ぶ。逆境にいる間は何とかして日々をやり過ごす方策を編みだし、そして機を見てその環境を脱して人生を「リブート」する。著者が実際に出会った人々や著名な人々の事例を挙げながら、科学的根拠に基づいて傷ついた子供たちが新たな人生で成功を収めていく過程を示してくれる。どのエピソードも非常に心を打ちます。

私自身はスーパーノーマルではないけれどレジリエントであることは間違いなく、この本に登場する人々の生き方に大いに共感し、かつて自分が決断し実行してきたことは間違っていなかったと思うことができました。逆境に傷つきながらも今後とるべきアクションを冷静に考え、黙って実行してきた自分をかわいげのない子供だったと思ってきたけど、あれが当時の自分にできる最善の選択だったのだと裏書きしてもらった気になった。

「万引き家族」に登場した子供たちも、きっとチャンスをとらえて人生をリブートし、この本に登場する人々のように、苦悩したからこそ引き出せた自身の才能を開花させていくはず。与えられた環境の中、生き生きと自分の役割を果たしていた姿にそう感じた。

そして、この本に出てくるグラント研究の結論が興味深い。1930年代から75年の歳月と2000万ドルをつぎ込んで行われた、ハーバードの優秀な学生のその後の人生を追跡したこの研究から得られた極めて単純な結論、「しあわせとは愛である。以上」は、「万引き家族」が伝えていることと同じだと思った。

[PR]
# by honyakusha | 2018-10-22 12:28 | 本・映画・舞台・ドラマ | Comments(0)

お掃除ロボット

毎朝お弁当と朝ご飯、洗濯で手一杯なので、掃除だけでも楽をしようと
お掃除ロボット2台体制の我が家です。

ルンバはギュイーンというモーター音がやかましい上に
ガンガンぶつかりながら元気よくお掃除するのでアロンソは怖いみたい。
なるべくルンバを見ないようにしていて、
それでもルンバが自分に向かってくると
意を決したようにルンバに飛びかかって戦ったりします。
なので基本的にルンバ稼働中はアロンソをハウスさせるようになりました。

この夏、我が家にやって来たブラーバは
とてもおっとりした掃除ロボットで、
黙々と拭き掃除してくれるのでアロンソも平常心を保てるようです。

お弁当用に朝から揚げ物したりするので
手軽に床を拭き掃除できるのはとっても便利。


ブラーバについては、まーさんのブログで詳しくレポートされています!
e0122514_18223215.jpg

[PR]
# by honyakusha | 2018-10-16 21:00 | 買い物 | Comments(5)

bittersweet

アメリカ人青年ショーン(仮名)が結婚することになり
来週からは婚約者と一緒に彼女の所属教会に通うとのこと。
昨日は礼拝後に婚約者と一緒に皆さんの前に立ち
別れの言葉と感謝の気持ちを伝えていた。

この3年間、礼拝で彼に通訳をしながら、少しずつ日本になじんでいく様子や
彼女が出来て舞い上がってた姿などを見てきた私としても感無量でした。

ショーン自身もこの教会が大好きで、
婚約を機にここを離れるのは「bittersweet」だと言っていた。
その気持ちをうまく伝えたくて日本語でなんと言えばいいか
ショーンやみんなと考えたけど
「bittersweet」をスパッと日本語にするのは意外と難しかった。

pleasure mixed with sadnessだから、
うれしいけど悲しい(長くて字幕には不向き)
悲喜こもごも(話し言葉としては不自然)

切なくて胸がキュンとする感じかなあ。
英語としては使いやすい言葉な気がして
早速オンライン英会話で使ってみました。
英語として使いながら、その感覚を日本語にするには・・・と考えていったら
そのうちうまく訳せるようになるかもしれない。

[PR]
# by honyakusha | 2018-10-15 16:24 | 仕事・趣味 | Comments(0)

物語を伝える

「レディ・プレイヤー1」の字幕&吹替翻訳は岸田恵子さんでした。
少し前に見た「パディントン」と「パディントン2」も同じく岸田さん。
どの作品も安心してストーリーにのめり込めるのは
物語の流れにテンポよく乗ってセリフの内容をくんだ字幕だから。

表面的な解釈にとらわれず物語の中でそのセリフが担う役割をとらえた字幕。
正確さにこだわってしまいがちな私ですが
字幕の目的は物語を伝えること。
岸田さんの字幕から学びたいと思います。

岸田さんの字幕を最初に意識したのは「バンド・オブ・ブラザース」。
スピルバーグとトム・ハンクスが制作総指揮を務め、
ノルマンディー上陸作戦から第2次世界大戦集結までを描いたこの作品は
私のオールタイムベストです。
時系列を追った展開がドキュメンタリーのようでありながら
豊かな物語性も備えていて、世界史や人間心理を学ぶ上でも最高の教材です。

後に第2次世界大戦に関するドキュメンタリーを訳したときは
「バンド・オブ・ブラザース」見ておいてよかった~と思いました。

初めて見たときは作品そのものに圧倒されたんですが、
自分がドキュメンタリーを訳し終えたとき
改めて全10話を見直してみて、今度は字幕の素晴らしさに圧倒されました。

11月には岸田さんが1作目を訳された「ファンタスティック・ビースト」の
新作も公開されるので楽しみです!!!

[PR]
# by honyakusha | 2018-10-14 15:51 | 仕事・趣味 | Comments(0)

「マトリックス」と「レディ・プレイヤー1」

オンラインレッスンの英語の先生との会話で映画「マトリックス」の話が出て
どんな話だったかうろ覚えだったのでもう一回観てみようと思った。
親知らず抜歯後はゆったりスケジュールなのでHuluの「マトリックス」と、
TSUTAYA DISCASで届いた新作DVDの「レディ・プレイヤー1」を続けて観てみた。

そしたらこの2作はそれぞれ設定が真逆なようで実は同じかもしれない
と言う気がして興味深かった。
「マトリックス」ではいわゆるリアルな世界が実は仮想現実で
本当のリアルな世界はもはや廃虚となっており、
人類はカプセルの中で管につながれている。
「レディ・プレイヤー1」では人間はリアルな世界に生きながら
仮想現実の世界”オアシス”でプレイヤーとして活動している。

「マトリックス」は1999年の作品ですが、
ITバブルに沸いていた当時のアメリカで
人類がコンピューターに支配されるこれほどまでに暗い未来(200年後の2199年)を想定していたとは。

「レディ・プレイヤー1」が描く未来は2045年、
これはかなりあり得そうな設定でした。
映画の中では誰もがVRとリアルの世界を同時に生きています。
うちの息子世代が物心ついたときには日常生活にインターネットが、
小学生の時にはスマホが当たり前に存在していたのと同じく、
2045年の若者世代は、VRは単なる日常の一部であり
VRにおけるアバターとしてのアイデンティティーと
リアルな自分の二重生活みたいなものを
日々平然とこなしているのです。

VRでハワイ旅行とか既にあるようですが、
持病があって飛行機に乗れない高齢者でも安全に楽しめそうだし
私自身も今年の春、宇宙エレベーターで宇宙空間へ行き
月面歩行もするVRイベント”メガスタージャーニー”を経験した際は
ビックリ仰天の大興奮で、心から楽しんだのでした。

「レディ・プレイヤー1」のリアルな方の社会はあまりステキに見えなかったけど
150年後が「マトリックス」的な世界になるのかどうかは
リアルとバーチャルの二重生活を生き生きと楽しむ若者たちの手にかかっているということですね。

[PR]
# by honyakusha | 2018-10-13 10:21 | 本・映画・舞台・ドラマ | Comments(0)