人気ブログランキング |

カテゴリ:お出かけ( 44 )

春休みの旅

息子と出かける日、皆さんと待ち合わせの東京駅に到着し、さて駅弁でも買いますかと言いつつふと携帯を見ると新たなメールが。まもなく来ることは分かっていたが予想外に早く来てしまったお仕事。それも思ったより短い納期だった。今抱えてる仕事とほぼ同時進行しないと無理だ。どうしようダウンロードもできないよー、と思いきり後ろ髪を引かれつつ新幹線に乗り込みました。

遊んでる場合か?と思いながらも到着した山形の超人気スポット座敷わらしの宿。予約は1年待ちらしい。私は正直、座敷わらしには全く興味ないのですが、大人と子供総勢16名で過ごした3日間はものすごく楽しくて、一生ものの思い出となりました。

楽しい思い出をエネルギーに変えて、帰宅後はとにかく集中して仕事しました。小さな至急案件も飛び込んできて、結局またしてもマルチタスクな状況だったけど、とりあえず怒濤の納品ラッシュを乗り切りました。
今週は少し落ち着いて生活できますように。
e0122514_18201910.jpg
車窓から。山形はまだ冬だったよ。

by honyakusha | 2019-04-14 18:24 | お出かけ | Comments(0)

外出続き

このところ出かけてばかりです。家でじっくり翻訳できる日が待ち遠しい。
1年半ぶりに夫の実家へ行ってきました。義父母の負担にならないよう義弟一家と温泉宿に泊まりました。
私は低血圧で温泉苦手なのですが、たまに入ると気持ちいいものですな。
下呂温泉の近く、合掌村という所を見学しました。
昔の家は室内も薄暗く、これでは夜間は読書などもできそうにないし、みんなどうやって暮らしていたのか…

土曜に帰宅して日曜は礼拝とかゴスペルの練習とかでまたまた出かけて、明日からは息子と泊まりの旅行へ出かけます。慌ただしい日々で仕事もできないかと思ったら、ありがたいことに細かいピースを五月雨式に納品する仕事がたまたま入りました。
外出と外出の合間に家でガッツリ仕事して納品してまた出かけて、帰宅したらまた集中的に仕事して納品してまた出かけるという感じになっていて、なんだか気持ち的に休まらない。
でも自由に動けるって幸せなことです。

by honyakusha | 2019-04-01 22:42 | お出かけ | Comments(0)

ようやく日常が。

ついにブログを書ける余裕が生まれました。

年が明けてから緊張感の伴うお仕事が続き、それがどうにか終わったところで水泳の通信記録会800メートルに参加、ギフティッド教育ママ友と女子スキー、その翌日から家族でシンガポール旅行、帰ってきた日から細かいお仕事が3件立て続けに、という状況でした。

大学生時代以来のバスツアーで女子スキーは、行きの高速道路であおり運転被害に遭って運転手さんが運転しながら警察に通報するという緊迫した状況になったり、スキー場手前で大雪で立ち往生した車に進路をふさがれたり、到着したら前も見えない吹雪でビックリしたりと、とんでもなくスリリングでしたがとっても楽しかったよ。

そして翌日からのシンガポールはものすごく暑くて、赤道に近いってこういうことなのね、と体で感じました。シンガポールは35年ぶりだったんですが、その変貌ぶりに驚きました。ユニバーサルスタジオ、動物園、植物園、博物館、どこを訪れても激しく気合いが入っていてもう圧倒されまくり。これぞ長年にわたる国家プロジェクトで作り上げた観光立国、なめたらあかん、と思いました。
e0122514_19181051.jpg
e0122514_19200766.jpg



by honyakusha | 2019-02-09 19:24 | お出かけ | Comments(2)

太陽の塔

先週、息子と大阪に行きました。
太陽の塔の内部が見学できるようになったと聞いて
息子が「行きたい!」と言っていたのです。

事前に予約して、学校が平日休みになる日に出かけました。
すごくよかったです!!
こんなスケールのデカいものを
48年前に作ったのか~と感動しました。
現在は内部を階段で上がりながら見学しますが
大阪万博当時はエスカレーターで上まで登り詰めて
塔の腕の部分から外に出ると
そこはテーマ館の大屋根の上の空中展示場だったという心憎い演出。

実際の大阪万博を訪れてみたかったなあ。
当時日本全体が万博に沸いたことをかすかに覚えています。
EXPO'70パビリオンの展示は見応えありました。
誰もが明るい未来を確信していたいい時代だった。

息子との旅は、自分にはない視点でいろんな物事に触れられて
なかなか面白いものです。
なんばグランド花月の吉本新喜劇でたくさん笑ったり
たこ焼きや串カツ食べて大阪のお友達にも会えて楽しい旅でした。

e0122514_21445151.jpg





by honyakusha | 2018-11-19 21:49 | お出かけ | Comments(0)

スッポン

またしてもブログ更新が滞っております。
いろいろありすぎて…。

こないだの土曜日は、高校の関東同窓会と大学の同窓会が
まったく同じ日時でぶつかり、迷った末に大学の同窓会に出席しました。
一般には非公開の由緒ある洋館での開催でしたが
まさにダウントンアビーの世界でしたわ。
写真をアップしないよう言われたのでお見せできず残念。
美しいお庭で数十年に一度だけ咲くというリュウゼツランの花が
奇跡的にその日咲いたというのも
バブル絶頂期の大学生だった私たちにふさわしいエピソードでした。

30年ぶりに会っていろんなこと思い出して
とっても楽しかった。
社会人になってからの共通の知り合いがいることが
判明したり、子供のことや病気の話なんかもできて
学生時代とはひと味違う楽しさもありました。

翌日曜日は娘の部活の保護者会があり
横浜のホテルでランチを食べながら
先輩お母様がたからいろいろとお話をうかがいました。

私は同じ日に教会で開かれた、弁護士の先生が聖書と法律について
お話をしてくださる、というイベントのほうに行きたかったので
日程がかぶって残念!と悔しがっていたら
夫が「俺が代わりに娘の保護者会に行く!」と言ってくれたけど
さすがに女子の部活の夏期合宿の説明とか衣装とか、
女子ならではのお話だったので私が行って正解でした。

そして月曜日は、ちょっと悲しい出来事が続いてるママ友を
励ますために企画した大人の遠足@明治神宮。
御苑で「スッポン見られるかなあ」と言いながら歩いてたら
本当にスッポンがゆらゆらと泳いできてくれて大感激しました!
一応野生のスッポン、初めて見ました。癒やされました。
e0122514_15313187.jpg
e0122514_15311291.jpg


by honyakusha | 2018-07-11 15:42 | お出かけ | Comments(0)

久々のスキー

開校記念日の平日休みにスキーに行きました。
息子が骨折して1年も運動禁止だったので
ものすごく久しぶり。
お天気がいいはずでしたが山の上は一日雪でした。
でもゲレンデは空いていて、
たっぷり滑れたからよかった。
子供たちはすぐに勘を取り戻して
2人で競争していました。なかなかいい勝負。
私は別行動で、5年前の骨折以来封印していた
モーグルバーンも楽しみました。

この日だけは仕事しないで済むように
前日まで頑張りました。
ずっと塾ばかりで運動不足だった娘も
「楽しかった~!」と言ってくれてよかった。

そして衝撃だったのが、娘とリフトに並んで座っていた時
娘のスキー板の方が私の板より下にあったこと。
「お母さんの板の方が軽いの?」と娘に聞かれたけど
違います。
あなたの方が膝下が長いんです。
身長はまだお母さんの方が高いけど。

星の王子さまのPAに寄って帰りました。
e0122514_15091721.jpg
e0122514_15093791.jpg




by honyakusha | 2018-03-06 15:12 | お出かけ | Comments(0)

英語でランチ

3年前にアメリカに帰国したご近所のアメリカ人ファミリーのパパが出張で日本に来てるので、ランチした。
日本に住んでた頃は、同じ幼稚園や小学校に通っていた英語が話せるママたち4人で家族ぐるみのお付き合いをしていたので、そのメンバーも参加。

常に英語の勉強をしてる身としては、ネイティブとお話しできるのはとてもありがたい機会です。
相手は日本人と話して日本語の勉強をと思ってるので
なんとなく英語と日本語まぜこぜで話す。

お友達ママの一人がイギリス人のご主人を連れてきてくれた。
英会話学校を経営してらっしゃる。
ご近所さんなので、よく家の辺りを散歩してる姿をお見掛けしてたけど
話すのは今回が初めて。
「英語の勉強中に分からないイディオムとかあったら
いつでも聞きに来て」と言ってくださりとっても頼もしい!
イギリスの英語は手ごわいからなあ。

今年初めてカキフライを食べました。




by honyakusha | 2017-10-22 05:50 | お出かけ | Comments(0)

南紀白浜と奈良の旅

久々に飛行機の旅をしました。
羽田から和歌山の南紀白浜空港へ行き、アドベンチャーワールドへ。
パンダ可愛かった。上野動物園と違ってすぐそこに、ごく普通の動物みたいにパンダがいたので驚きました。
双子パンダを立派に育て上げた母さんパンダに私も続きたいと思いました。
昨年9月に生まれた結浜は3月にデビューしたばかりで、子どもらしく多動なところが実に愛らしい。お母さんはひたすらバリバリと音を立てて笹を食べていました。
e0122514_09302519.jpg



2日目と3日目は奈良で法隆寺や東大寺の大仏を見て回りました。
実物を目で見て、説明を聞いて、はるか昔の日本の国がどんなだったか想像力をかき立てられました。
平城宮跡では奈良時代の生活を体験できるイベントが開催されていたので、当時の人みたいな服を着てお店屋さんをしたり。
e0122514_09431111.jpg
旅って、行く前はちょっと億劫なんだけど、行くと楽しくってまた旅をしたいな、と思うものですね。


by honyakusha | 2017-05-09 09:59 | お出かけ | Comments(0)

「◯◯◯も◯◯◯も◯◯◯も 展」その2

「◯◯◯も◯◯◯も◯◯◯も 展」で何に感動したかというと、自分の知らない生き方がそこにあったことです。

「まちを家に見立て、間取りを描く」という出展をされていた村上慧さん。
「国内のいろいろな町に行き、誰かの敷地を借りて、そこに自分の寝室を建てて寝るという生活をしています。そして近所の公衆トイレや銭湯を「自分の家のトイレ・お風呂」として間取りを描いてきました。」

今回の会場にも寝室を建て、六本木の街を自分の家にしているそうです。へええええ!

「ありそうで実在しない都市の地図」を出展されていた地理人さん。
7歳の頃から実在しない都市地図「空想地図」やバスの路線図を描き始め、今も描き続けているそうです。現在は都市や地域情報、地図に関する講演、ワークショップ、記事執筆を行ったりNHK教育番組やドラマで使われる架空の舞台の地図制作を行っているとのこと。ほおおおおお!

小学校でなかなか周囲と同じように行動できず苦労しているピカを見て、将来どうなるんだろうか、と不安の絶えない私にとって、このような方々の存在はまさに闇で光を見た思いでした。一般的な価値基準にとらわれることなく、他人に何と言われようと自分のやりたいことを真摯に追求し、それを発表する場を得て、見た人に感動を与える。とても豊かな生き方です。
きっとピカは母の想像力を超えた人生を彼なりに歩んでいってくれるはず、と思えたのでした。

寝室にお邪魔中。
e0122514_10503992.jpg

by honyakusha | 2015-06-05 11:00 | お出かけ | Comments(0)

◯◯◯も◯◯◯も◯◯◯も 展@東京ミッドタウン・デザインハブ

「単位展」のついでに見に行ったんだけど、これがまた最高に面白かった。

エクスプローラー(探検家)が「アマゾンに行くぞー!」と思い立ちます。
e0122514_14383045.jpg


で、そのアマゾンがどこかというと、はるか先に見えるモニターの中なのです。
e0122514_14421847.jpg


こんなふうに望遠鏡をのぞきながらキーボードに打ち込むと
(ピカは自分のデジカメのモニター越しにのぞいてます。)
e0122514_14442659.jpg


モニターに表示されます。
e0122514_1452649.jpg


なんだかね、便利になったはずなのに窮屈な気がする、ちょっと距離をおいてみたらどうだろうか、という発想に感動しましたよ。

「各分野のプロフェッショナルが自らの専門分野の手法を用いて、異なる分野の魅力を表現します」という展示会ですが、どの作品も衝撃的に楽しくて、たいへん印象深かったです。

続く。

by honyakusha | 2015-06-02 15:05 | お出かけ | Comments(0)