<   2018年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

夏休みが始まりました。

夏休みになりました!
娘は部活や合宿で忙しそうですが
息子はがっつり夏休みなので、私はそれに付き合って
一緒に遊ぼうと思います。
そのために仕事もほとんど入れていません。

夏休み早々、家庭訪問で息子の担任の先生が我が家にやって来ました。
学校での個人面談か家庭訪問か好きな方を選べたので
私は家庭訪問をお願いしました。
何しろ学校であまり授業を受けずに
保健室や廊下でうろうろしていることが多いので
どんな家庭なのかと思われてるんだろうなあ、と思ったから。

お母さんは仕事ばかりしていて全然僕の話を聞いてくれない、と
息子は先生に言ったらしい。
私の仕事部屋に息子の机も置いていて
いつも同じ部屋で2人揃ってPCに向かっている様子など
ありのままをお見せしました。
先生もいろいろと分かってくれたみたいでよかった。

息子は中学の英語の授業が嫌いでほとんど出ていない。
でも夏休みの間は朝、宿題をしなければPCは使えません、と言ったら
一応宿題はやっている。
その様子を見ながら、授業で使っているテキストに合わせたCDを聴いてみて
確かにこれはつまらないかも、と思った。

息子はマインクラフトというゲームが大好きで
このゲームのクリエイターたちによる解説動画(英語)をいつも熱心に視聴しており、分からないことはGoogle翻訳で調べているらしい。

6年生の時に、ロンドンで「マインコン」がネットでライブ中継されるから
日本時間の土曜深夜0時からの放映を観ていいか、と息子に聞かれた。
全部英語なのに観て分かるのかいな、と思って、その宣伝の動画で
イギリス人クリエイターがしゃべってる英語を
「これ何て言ってるか分かるの?」と聞いたら息子は
まるで私がかつて通訳学校で受けてた授業さながらに
スピーチの途中で一時停止させながら
ほぼ完璧な逐次通訳をしてくれた。
マインコンのライブ中継はものすごく楽しめたみたいで
週明けに学校に提出する自主学習のノートに
マインコンのレポートを書いていた。
漫画風のイラストで司会者のギャグまで紹介しているのを見て
きっと息子は私が英語を勉強したのとはまったく違うやり方で
英語を身に付けていくのだろうなあと思ったのだった。

そんな感じだから中学の英語の授業はつまらないのだろう。
でも定期試験の点数はずいぶんとよかった。
点を落としてるのは「a」という文字の書き方。
教わったように書かないから減点されている。
文字を書くのは苦手なのです。
でもPCに入力するスピードはすごく速いし
習ってもいない単語も正しいスペルで入力してるし
書けなくてもいいんじゃないかと思う。

[PR]
by honyakusha | 2018-07-28 18:44 | 教育 | Comments(0)

ヒヤッとしました。

夏真っ盛りの暑さなのに、先週はスイミングに行けなかった。
息子の中学の系列校の高校野球の応援が
行ったことない駅に現地集合だったので
私がスイミングを休んで連れていったのです。
でも行ってみたら思いのほか楽しめました。
高校野球の応援は自分の高校時代以来。
早朝に雨が降ったおかげであまり暑くない日だったのもよかった。

しかしその翌日、父の体調が急激に悪くなったという電話。
簡単な手術で一泊入院すると聞いてたのだけど
手術中に不整脈を起こしてしまったらしい。
父の再婚相手のK子さんから「今からAEDを使うけど
もしかしたら戻らないかも」と言われて覚悟しました。

幸い持ち直して、とりあえず当面は大丈夫そうだけど、
暑さがこたえるみたいでいつ何があってもおかしくないな、と思う。

「無事に心拍が戻りました」と連絡があるまで
万一の場合どうするかを考えた。
子供はもう夏休み目前だし、夫の職場も理解があって特に心配ないので
やはり気になるのは私の仕事だけだ。

今回は、1件は比較的余裕のある納期で受けていて
早めに進めてあるので大丈夫。
もう1件はスクリプトを受け取っただけで映像はまだ
という段階だったので、事情を話せば別の翻訳者さんに
お願いできそうかな、と思った。

翌日、新幹線で病院まで顔を見にいってきた。
父本人はけろっとしていて、電話した時は、わざわざ来なくてもいいぞ、
とまで言ってたけど、父の現在の治療状況とか
自宅からどれぐらいの時間で病院まで駆けつけられるか
とかも改めて確認しておきたかったので。

病院のご飯がまずいとか文句言ってて安心したけど
とにかくこの夏、無事に乗り切れますように。


[PR]
by honyakusha | 2018-07-20 15:26 | Comments(0)

カムフラージュ

「カムフラージュ」という言葉を字幕で使う際は
「朝日新聞の用語の手引」に従って「カムフラージュ」にしてるけど
アパレル関連の翻訳では「カモフラ」としてます。

愛用の「ランダムハウス英語辞典」で「camouflage」を引くと
「(軍事的な)カムフラージュ、カモフラ、偽装、迷彩」。

サーティーワンアイスクリームのフレーバー「カモフラージュ」を紹介する新聞記事では

「カムフラージュ柄のフレーバー(味)『カモフラージュ』『ピンクカモフラージュ」『ブルーカモフラージュ』の3種類発売する。」

とありました。
新聞はあくまで「カムフラージュ」、おしゃれなアイスクリームは「カモフラージュ」でアパレル寄りなのね🍦

[PR]
by honyakusha | 2018-07-16 09:15 | Comments(0)

献金

支払日の都合で、今月の収入はいつもより少し多めだった。
なので教会の十一献金(毎月収入の十分の一を献金します)も
いつもより少し多めに献金袋に入れた。

礼拝が始まった時、牧師が「今日の献金は全額
西日本豪雨の被災地に送りたいと思います。」と言った。

自分が翻訳で報酬をもらえたことが
被災して大変な思いをしてる人の助けになる。感動。

こないだ教会で聞いた話。

アメリカの富豪ロックフェラーが成功したのは
母の教え3つを守ったから。
その教えとは

1.十一献金を必ずすること。
2.毎日曜の礼拝で必ず最前列に座ること。
3.牧師に迷惑をかけないこと。

シンプルですが、最前列にはなかなか座らないなあ。

[PR]
by honyakusha | 2018-07-15 18:37 | 仕事・趣味 | Comments(0)

スッポン

またしてもブログ更新が滞っております。
いろいろありすぎて…。

こないだの土曜日は、高校の関東同窓会と大学の同窓会が
まったく同じ日時でぶつかり、迷った末に大学の同窓会に出席しました。
一般には非公開の由緒ある洋館での開催でしたが
まさにダウントンアビーの世界でしたわ。
写真をアップしないよう言われたのでお見せできず残念。
美しいお庭で数十年に一度だけ咲くというリュウゼツランの花が
奇跡的にその日咲いたというのも
バブル絶頂期の大学生だった私たちにふさわしいエピソードでした。

30年ぶりに会っていろんなこと思い出して
とっても楽しかった。
社会人になってからの共通の知り合いがいることが
判明したり、子供のことや病気の話なんかもできて
学生時代とはひと味違う楽しさもありました。

翌日曜日は娘の部活の保護者会があり
横浜のホテルでランチを食べながら
先輩お母様がたからいろいろとお話をうかがいました。

私は同じ日に教会で開かれた、弁護士の先生が聖書と法律について
お話をしてくださる、というイベントのほうに行きたかったので
日程がかぶって残念!と悔しがっていたら
夫が「俺が代わりに娘の保護者会に行く!」と言ってくれたけど
さすがに女子の部活の夏期合宿の説明とか衣装とか、
女子ならではのお話だったので私が行って正解でした。

そして月曜日は、ちょっと悲しい出来事が続いてるママ友を
励ますために企画した大人の遠足@明治神宮。
御苑で「スッポン見られるかなあ」と言いながら歩いてたら
本当にスッポンがゆらゆらと泳いできてくれて大感激しました!
一応野生のスッポン、初めて見ました。癒やされました。
e0122514_15313187.jpg
e0122514_15311291.jpg


[PR]
by honyakusha | 2018-07-11 15:42 | お出かけ | Comments(0)

近況など。

なんだかもうブログ更新をおサボりしている間に
いろんなことがありました~。

息子、娘それぞれの学校の保護者会とかPTA活動とか
慌ただしいです!

そしてお仕事も次々と頂けて本当にありがたいです。
去年スクールで学び直してホントよかった。
学びが中途半端だなあという負い目のようなものがずっとあったんですが
自信を持って仕事ができるようになりました。

このところ息子の学校の広報誌の編集をずっとやっていて
仕事も長尺の字幕2本が重なった上に、時々頼まれるアパレルの翻訳が
2019年NY春夏コレクションのシーズンということで
いろんなブランドのプレスリリースなどを訳していて
シングルタスクな私は頭がぐるぐるしています。

そんな中、サッカーワールドカップも見たかったり。
かつて放送通訳時代にはマンチェスター・ユナイテッドTVと
チェルシーTVを担当していたこともあり
実はサッカー大好きなのです。
現日本代表キャプテン長谷部は中学と高校の後輩なので
ますます力が入ります。
そして私がひそかに応援し続けているクリスティアーノ・ロナウド。
残念ながらポルトガルは決勝トーナメント1回戦で敗退しましたが…。

実はロナウドが初めてマンUでデビューした試合の報道を
私が訳したのです!(←自慢)
あの日、いつものマンUTVの仕事現場で仲間の翻訳者さんと
ポルトガルから来た期待の新人がデビューするらしいよ、
ベッカムの付けてた背番号7を付けるってスゴイよね、
表記は「クリスティアーノ」ですね?などと
確認したことをよく覚えています。

直前にポルトガルに遠征に行き、
ロナウドの所属するチームと対戦した選手たちが
帰国する機内でファーガソン監督に、
当時18歳の若者だったロナウドを
ぜひ獲得するよう勧めたということも
当時のマンU公式サイトで報じられていました。
きっとロイ・キーンなんかが
「あのロナウドってやつ、半端ない」と勧めたんだろうなあ。

当時のロナウドはまだ英語を話せなかった。
ポルトガル語のインタビューに
英語でボイスオーバーしている映像の上から更に
日本語でボイスオーバーするための原稿を
現場で手書きしていたのでした。
懐かしい…。

スポーツはなんだかんだ言ってもやっぱり美しい。
選手や監督の言葉もそれぞれが味わい深くて
それも楽しみに見ています。

またサッカーのお仕事もできますように。

[PR]
by honyakusha | 2018-07-01 18:16 | 仕事・趣味 | Comments(0)