<   2018年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「判決、ふたつの希望」

先日の「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」に続き夫婦で映画。
今回は日比谷で「判決、ふたつの希望」を観てきました。

終わってから、夫婦でいろいろ話さずにはいられませんでした。
平和は当たり前に手に入るものではない。
日本だって戦争ばかり続いていた時代もあったのだ。
生まれる国と時代は選べないけど、
自分の境遇を幸運と思っていてはいけない。

過去は変えられない、だから前を向く。
誰が善で誰が悪なんて、視点が変わればあっという間に入れ替わる。

こないだ教会で小坂忠さんのコンサートがありました。
小坂さんはイザヤ書の「見よ 私は新しいことをする」という言葉から
「過去を引きずっていたら神様がする新しいことに何一つ触れられない。
だから過去の嫌なことも過去の栄光も全部捨てるんだよ」と
間寛平の「ひきずり女」のギャグを引き合いに出しながら話してくれました。
(あまりに面白くて笑ってしまい、通訳するのに苦労した)

最近読んだ平野啓一郎の「マチネの終わりに」では
「未来は常に過去を変える」ということが
丁寧に描かれていて、なるほど~と思いました。

過去に起きたどんなことも
それぞれの見方一つで
未来の希望に変えていけるのです。

寺尾次郎さんの字幕。読み応えありました。

[PR]
by honyakusha | 2018-09-25 17:27 | 本・映画・舞台・ドラマ | Comments(0)

実務の日々

仕事の予定が二転三転して、結局先週と今週は
実務翻訳をしています。
放送通訳時代にお世話になったコーディネーターさんからの
久しぶりのご依頼がタイミングよく成立して
お互い喜んでいます。
もう15年以上のお付き合いで、仕事の依頼は今も電話。
ついでに関係ない話(犬のこととか)もいろいろしてしまいます。
お互い自宅で仕事してるので話し相手に飢えているのです。

報酬面では映像より実務の方がいいなあと感じます。
でも映像翻訳の、楽しいけど苦しい、でも苦しいからこそ楽しい、
苦しさより楽しさがちょっと上回ってるところがたまらない!
という絶妙な味わい(?)みたいなものが
実務にはないのです。(私の場合です。ちょっと変な人かも)

でも実務翻訳の経験が映像翻訳に役立つこともきっとあると思うことにして
今後も頂けるお仕事はありがたくお引き受けして
自分なりの翻訳キャリアを細々と築いていけたら、と思います。

字幕翻訳の経験が実務翻訳にプラスになってるのは明らかと思われます。
訳文を練りまくる習慣が付いているので、簡潔で読みやすい訳にできる気がします。

[PR]
by honyakusha | 2018-09-21 13:22 | 仕事・趣味 | Comments(0)

ホテイアオイ

今朝ふと庭を見たらホテイアオイがゴージャスな花を咲かせていていビックリ。
水鉢のメダカが身を隠す場所を作るために入れてあったのです。
ホームセンターでたしか値段は88円。
ほぼ放置状態でしたが、酷暑も台風も物ともせず
気高いまでに美しい花を咲かせました。
e0122514_09214431.jpg

[PR]
by honyakusha | 2018-09-13 09:32 | 歳時記 | Comments(0)

「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」

念願の「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」鑑賞。
夫婦でIMAXで見られました。
IMAXは音響がよくって、このシリーズ見るには最適だわ!

夫はトムと同じ年齢です。
今日が誕生日で、「ああ俺もついにこんな年齢に・・・」と言ってたけど
全力疾走するトムの姿に元気をもらったみたい。

私と出会った頃に自分が乗ってた愛車と似た車を
イーサン・ハントがギュンギュン走らせていたのも
うれしかったようです。

私は元バイク乗りなので、バイクで逆走するシーンに
ワクワクでした~。期待通り♪

悪者たちのグループ名がthe Apostles。
本来のApostlesはキリストの12使徒のことです。
一般的にはあまり使う機会のない単語だと思うけど
私は教会の牧師メッセージ通訳でよく使います。

apostleの一般的なカタカナ表記は「アポストル」らしく
映画の字幕でも「アポストル」となっていました。
実際の英語の発音は「アーソ」みたいな感じです。
正しい発音を知らなかった頃「アースル」と発音してたら
アメリカ人青年ショーン(仮名)が
「アーソ」と発音するんだよ、と教えてくれました。

「トップガン」の新作はいつできるのかな。
自分で戦闘機を操縦するんだろうなあ。
撮影中にケガをしませんように。

[PR]
by honyakusha | 2018-09-08 18:31 | 本・映画・舞台・ドラマ | Comments(0)

夏から秋へ

夏休みが終わり、またしても息子に
「学校に行きなさい」と言う毎日。
通学のバスが混んでてつらいらしい。
毎日遅刻しながらも学校には何とか行けてたけど
昨日はバス車内で体調が悪くなり、学校に着いたけど
そのまま早退となった。

しばらく通ってなかった療育センターに
またお世話になることになり
昨日はその手続きであちこち出かけていたのですが
車で移動中に学校から「お迎えをお願いします」という
電話がかかってきた。
もう何度も学校まで送ったりしているので
高速道路であっという間に学校に行けるようになりました。

相変わらず落ち着いて仕事できてないけど
来週からは長丁場のシリーズが始まりそうなので
今のうちに読書したり映画を見たりして
心の充電をしておきたいところです。

秋物のブラウスも買いました。
今期は襟の詰まったデザインが多くてうれしいな。

[PR]
by honyakusha | 2018-09-07 09:44 | 教育 | Comments(0)

「オーシャンズ8」

夏休みは息子とあちこち出かけられてよかったのですが
自分のための時間がほとんどなかった。
映画館で映画を見ることもずっとできてなかったのですが
この時間なら、というところでちょうど見られた「オーシャンズ8」。

オーシャンズシリーズは好きでそれぞれ2回ぐらいずつ見てます。
今回は女性のオーシャンズということで更なるゴージャスさを期待しましたが
思ったほどキラキラな感じがしませんでした。
舞台がクールな都会NYだし、カメオ出演しているセレブをイマイチ私が知らないという理由からだと思われます。
アナ・ウィンターとケイティ・ホームズくらいしか分からなかった。

ヘレナ・ボナム=カーターはホントうまい女優さんですね。
ケイト・ブランシェットもカッコよかった。
とりあえず久々に映画館で映画を見られて満足しました177.png

映画の中で主要人物以外の人が「Banksyみたいな」という感じのことを言うセリフがありました。
そのセリフの字幕に「バンクシー」が訳出されていないのを見て
日本人に「バンクシー」と言っても通じないからだと思いました。
「バンクシー的」とか普通に使えたら翻訳者はすごく助かるのに。
世界でこれだけ知られてるのになぜかしら。
日本のメディアがどうでもいいことばかりを世界の一大事みたいに報道してるからか。
もっと知るべきことが世界中で起きているのに。

私としては、映画「バンクシーを盗んだ男」もすごく気になってます。

[PR]
by honyakusha | 2018-09-03 15:48 | 本・映画・舞台・ドラマ | Comments(0)

夏休み終了

息子の学校は9月3日から授業が再開。夏休みが終わります。
娘は学校の夏期講習や部活で忙しそうにしていました。
息子の学校は部活動も数日だけなので、
ほっとくと毎日家でPC三昧になってしまうので
いろんな施設に連れていくことにしました。

お出かけしたのは下記の施設。

筑波宇宙センター、日本科学未来館のデザインあ展、METoA Ginza、貨幣博物館、千葉工業大学スカイツリーキャンパス、郵政博物館、横浜美術館、よこはまコスモワールドのアイスワールド、日本郵船歴史博物館、横浜開港資料館、横浜税関資料展示室、三菱みなとみらい技術館、相模原市立博物館、JAXA相模原キャンパス。

我ながらよく行った。
デザインあ展は私も楽しめた。
METoA Ginzaは人工衛星オタクにはいいかも。そんな人あまりいないと思うけど。息子はかなり楽しんでいた。
貨幣博物館は入り口に空港の搭乗口みたいなセキュリティチェックがあって、その物々しさが面白い。特別広い施設ではないけどよく考えて作られていて楽しみながら学べるいい施設だった。入場無料だし。
その一方で郵政博物館は、資料の充実ぶりと施設は素晴らしいのに、いまひとつ学んだ気になれないもったいない展示だった。有料なのに。
横浜美術館は「モネそれからの100年」を見に娘と夫も一緒にいったのだけど、モネにインスパイアされたモダンアートの数々が、子供には今ひとつ理解しがたかったみたい。いつかボストン美術館辺りでモネをたっぷり見て、MOMAでモダンアートにどっぷりつかる経験をさせてやりたいものです。
そのついでになんとなく入ったよこはまコスモワールドのアイスワールド。かつてバーモント州で経験したマイナス30℃の日々やそれよりもっと寒かった2月のケベックのことを子供たちに伝えようとしてもなかなか分かってもらえなかったけど、「お母さんが言ってた『呼吸するたびに鼻の穴の中が凍る』ってこういうことなんだね!」と子供たち。体感するって大事なことだなあ。
筑波宇宙センターや千葉工業大学スカイツリーキャンパス、JAXA相模原キャンパスでは、息子の宇宙に関する知識の豊かさを実感した。普段の生活では息子はいろいろとできてない気がしてたけど、息子のテリトリーに入ったら私の方が何もできない何も知らない人だった。

夏休み、面白かった。

[PR]
by honyakusha | 2018-09-02 10:06 | 教育 | Comments(0)