<   2018年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

初心に返る

今週は、お友達とランチしました。
彼女と出会ったのは20年前の通訳学校。
会議通訳コースとは別に、オプションで選択したリーディングとリスニングのワークショップで同じメンターに教えを受けたのです。
通訳を目指してるわけじゃなくて、ただただ英語を勉強したいという思いで通訳学校にたどり着いたという点が私と同じだった。
その後お互い母となり、周囲のママ友とは絶対に話さない英語学習の話をしたくて数年に1度会ってました。
そしてついに、彼女の子供さんは大学生に、うちの双子は中学生に。
以前のように子連れで会ったりお迎えの時間を気にしたりする必要もなくなりました。
いや~、20年経ったんだねえ、あの時はるか先を行く存在に見えたメンターより年上になってしまいました。

そして久々に会った彼女はやはり英語を勉強していました。
私も最近、自分が本当は何をやりたいのか頭が混乱してたんですが、改めて20年前の気持ちがよみがえりました。
あのワークショップでやっていたように、英文をとことん読み込んでその背景にある文化や歴史、行間に込められた筆者の思い、なぜそういう表現をするに至ったのかそれらを読み解くことこそが自分にとって何よりも楽しいことなのでした。

訳文を作る際のそれらしい言い回しとか日本語表現ももちろん大事だけど、やっぱり原文を丹念に読み、できる限りの知識と想像力を駆使してそこに表現されている世界を心で感じることが大切ではないかと。
考えてみたら当たり前なんだけど、どういう種類の仕事を引き受けるべきかみたいなことばかり最近はよく考えていたので、こういう基本的なことを忘れていました。
でもこの気持ちを大事にしていれば、今後どんな仕事をしていくのかもおのずと見えてくる気がします。
20年経って、初心に戻りました。

納得できる水準の仕事を、もう少し時間をかけずに仕上げられるようになることが当面の課題です。
e0122514_15114059.jpg
ハニーレモン味を期待してたら思い切り龍角散の味だった。小さくてバッグの中でかさばらないし、効き目は期待通りで気に入りました。
[PR]
by honyakusha | 2018-11-30 15:26 | Comments(0)

風邪のひき始め

先週は外出が多かった。
13年ぶりの翻訳会社さんにうかがったり(すごく大きなオフィスになってて驚いた)、来年のギフティッド教育カンファレンスの打ち合わせで委員会に出席してそのまま息子の習い事のお迎えに行ったり。

日曜の朝、起きたら咳が出る。何かだるいし、これはムリしない方がいいなと
礼拝や教会のクリスマス飾り付けはお休みして家でのんびり翻訳作業を進めることにした。
葛根湯を飲み、食べ物も体を温めてくれそうなチゲスープ(フリーズドライ)にして、タートルネックのセーターを着て、足元はヒーターでポカポカにします。
じわっと汗が出るぐらいの環境でおとなしく根を詰めない程度に翻訳。

そして一晩寝て起きたら、体調は完全に回復していた。
やはり風邪はひき始めの葛根湯、栄養と安静、これが大事だと思いました。

e0122514_14511053.jpg
仕事の合間にホットレモネード。手軽にビタミン補給。


[PR]
by honyakusha | 2018-11-26 14:59 | 健康 | Comments(0)

エッグタルト

こないだ大阪で、友達が別れ際に「これ食べてみて」と渡してくれた
エッグタルトと言えば、以前訳したドキュメンタリーシリーズに出てきて
これはぜひとも食べてみたい!と思ったポルトガルの名物。

帰宅後に食べてみたら、すごくおいしい。
カスタード風のフィリングに独特のコクがあって
今までに食べたことのない味!

アンドリューのエッグタルトは東京には店舗がないようだ。
エッグタルト自体は東京にも売っているお店があると分かり
表参道のお店で買ってみた。
これもおいしかったけど、残念ながらあの独特のコクがない。

アンドリューのエッグタルトはちょくちょく東京や神奈川でも
催事として出店しているようだ。
ウェブサイトで確認して、もう一度あの味に会いに行こう。

本店はマカオかー。
ポルトガルのリスボンに行って食べてみたいなあと思ってたけど
リスボンよりは近いな。
マカオに旅行してみるのもいいかも!

e0122514_06504766.jpg
こちらは表参道のエッグタルト。


[PR]
by honyakusha | 2018-11-24 06:53 | 食べ物 | Comments(4)

中1後期の授業参観

先週は、仕事を納品してすぐ大阪へ行き
帰宅するタイミングでチェックバックと追加の翻訳素材が届いたので
旅行と仕事をいい感じで両立できた。

しかしその後はスイミングや人間ドックの血液再検査、息子の学校の保護者会と茶話会と委員会、息子が新たに始める習いごとの説明会など。その合間に特急案件の仕事が舞い込んだりもして、あたふたしまくっています。

昨日は息子の授業参観だった。
毎回、見なければ良かった…と思うので、気が重かったけど
本人は何気にうれしそう。

前期と同じ数学の授業。
またしても先生の話を全然聞いてないみたいだ。
最前列の席(定位置)で、ずっと電卓に数字をパチパチと打ち込んでいる。
周囲の生徒はきっとうるさいなと思っているだろう。
思わず息子の席まで行って「そんなことしてないでちゃんと先生の話を聞きなさい!」と怒鳴りつけたくなるが、ぐっとこらえる。
小学校の時、息子の席の近くで「なぜ皆のようにちゃんとやれないの!」と小声で言ったら、突然ガタン!と立ち上がり「お母さんのそういうところがイヤなんだよ!!」と叫んで教室から走り出て行ってしまい、周囲の保護者の皆さんはじめ教室全体が凍り付いたという経験があるのです。

やがて先生が「この問題の式が分かった人」と聞いたら
息子がさっと手を挙げた。
まさかと思ったけど先生に指名され、意外なことに息子は正しい式を答え、
なぜその式になるのかという考え方も説明していた。
考え方も合っている。
う~む。不思議。

それなりに勉強は理解しているみたいだけど
授業中の態度を見てると真面目に聞いてるようには全く見えない。
この先どうなっていくのか常識的な見方では予想もできず
まあ、なるようにしかならないよねと思う母なのです。

[PR]
by honyakusha | 2018-11-21 12:03 | 教育 | Comments(0)

太陽の塔

先週、息子と大阪に行きました。
太陽の塔の内部が見学できるようになったと聞いて
息子が「行きたい!」と言っていたのです。

事前に予約して、学校が平日休みになる日に出かけました。
すごくよかったです!!
こんなスケールのデカいものを
48年前に作ったのか~と感動しました。
現在は内部を階段で上がりながら見学しますが
大阪万博当時はエスカレーターで上まで登り詰めて
塔の腕の部分から外に出ると
そこはテーマ館の大屋根の上の空中展示場だったという心憎い演出。

実際の大阪万博を訪れてみたかったなあ。
当時日本全体が万博に沸いたことをかすかに覚えています。
EXPO'70パビリオンの展示は見応えありました。
誰もが明るい未来を確信していたいい時代だった。

息子との旅は、自分にはない視点でいろんな物事に触れられて
なかなか面白いものです。
なんばグランド花月の吉本新喜劇でたくさん笑ったり
たこ焼きや串カツ食べて大阪のお友達にも会えて楽しい旅でした。

e0122514_21445151.jpg





[PR]
by honyakusha | 2018-11-19 21:49 | お出かけ | Comments(0)

英語の面白さ

なんだか急に忙しくなってしまい、そんな時に限って風邪も引いてしまい、どうなることかと思ったけど何とか無事に納品にこぎ着けた。歯の治療(エムドゲイン)も息子の学校のイベントお手伝いも予定通り完了。よかった。

トランプ大統領の日本人記者に対する発言のことを夫から聞いて、どれどれと動画を見てみて、あー、トランプ大統領は日本人が”f”の発音が苦手で”h”になってしまうということを知らなかったんだな、自分の見聞が狭いことを世界に向けて発信してしまってるなあ、と思った。

私はいろんなアクセントの英語を聞くのが好きだ。サッカー番組の仕事してた頃は、毎回いろんなインタビューを聞き取って、短時間で日本語に訳さなくてはならなかった。ファーガソン監督のスコットランド英語には毎回苦労した。ブラジル人サッカー選手のインタビュー(英語)を訳していた時、「以前ブラジルにある”Belismo city”でプレーしてたんだけど…」という話が出てきた。ブラジルに「ベリスモ市」という地名があるのねと思い、裏を取ろうとしたけど見つからず収録時間が迫る中で四苦八苦するうちにふと、それは「very small city」だと気づいた。ブラジルにあるとても小さな町でプレーしていたのでした。何度も繰り返し聞いてその選手のアクセントに慣れてきたら分かったのです。

地域による単語の使い方の違いも意識しないといけない。今回はイギリス英語を訳していたんだが、同じ単語でもアメリカとニュアンスが違うことに気づいてなかった。納品前の最後の見直しで誤訳に気づき冷や汗をかいた。なんとなーく違和感がある部分は落ち着いてよーく考えてみると本当の意味が浮かび上がってくる。そんな時、日本語の辞書はあまり役に立たない。とにかく映像をよく見て原文をよく読むこと。そして粘り強く自分にツッコミを入れること。

ともかく、英語もいろいろあるのが当たり前で、だから楽しいのだと私は思う。

[PR]
by honyakusha | 2018-11-12 20:56 | 仕事・趣味 | Comments(0)

TSUTAYA DISCASが好き

最近は映画館に出かける余裕ができたけど、双子妊娠後から10年余りは映画はほとんど自宅で見ていた。
自宅にレンタルDVDが届くTSUTAYA DISCASに自分が加入したのはいつだったのか、さっき調べてみたら2008年12月23日。
双子が3歳の時だった。レンタル履歴を見ると当時は自分が見たい映画(「ドリームガールズ」とか「プラダを着た悪魔」とか)だけでなく「それいけアンパンマン」とか「きかんしゃトーマス」とか自分が仕事してる間に子供に見せておくためのDVDをよく借りていたようだ。当時は双子育児で外出もままならなかったため、仕事で参考のために見る必要がある映画をTSUTAYA DISCASで借りようと思ってたけど、予約してからメール便で届くまでの時間を考えると夫に頼んで会社帰りにTSUTAYA店舗で借りてきてもらった方がずっと効率的。なのでその目的ではあまり活用できなかった。

先日とある特典映像の翻訳のため参考にしたい過去シリーズをTSUTAYAで借りようとしたら、店舗もDISCASも在庫が全部貸出中だった。しかしhuluならすぐに見られるということが分かった。ずっと前にやはり仕事の参考に見たいアメリカのドラマシリーズが見られるのがhuluだけだったためお試し無料期間を使って一気見したことがあった。その後休止していたものを再開したら、あっという間に見られてすごーく助かりました!

配信ってホント便利だなあ、と思いつつもTSUTAYA DISCASもやはりいいですね。新作が安く確実に借りられて、延滞料もないし。こないだ借りた「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」のDVDには特典映像も収録されていた。本編鑑賞後に特典を見てみたら、本編の内容や時代背景、監督はじめ製作陣の意図の理解も深まりすごくよかった!私も特典をよく訳してますが、本編の内容や原作者に関するドキュメンタリー番組となっている特典も多くてすごく勉強になります。一緒に借りた「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」は監督コメンタリー(音声解説)も入っていて、こちらも興味深かったです。配信にはない楽しみ方ができるからやはりTSUTAYA DISCASはやめられません。

[PR]
by honyakusha | 2018-11-05 15:26 | 本・映画・舞台・ドラマ | Comments(0)