おひなさま=hina dolls

言葉の遅い双子ですが、ルカはこないだの土曜日に「おとうさん」と言えるようになりました。夫はさすがにうれしそう。ルカ本人もうれしいのか「おとうさん」を連発しています。

ようやくおひなさまを仕舞いました。ずいぶん遅いけど、私の実家のある静岡ではおひなさまは4月3日に祝っていたので、いいか、と。絶対いたずらされると思って今年はいつもの場所には飾りませんでしたが、記念撮影用にいつもの場所に持って来ました。
じっとしていられない2歳児は写真撮る間すらおとなしく座っていてくれません。
e0122514_1802311.jpg


ちなみに去年はこんなでした。
そう言えば、この頃はやたら椅子の上に立ち上がりたがっていたような。
e0122514_1845130.jpg


そしておととし。
首もすわってませんでした…。
e0122514_1825218.jpg

[PR]
# by honyakusha | 2008-04-08 18:12 | 双子 | Comments(8)

10年=a decade


10年前の今日、一緒に暮らし始めてまだ1週間の夫と私の元にロビンがやってきました。満開の桜の中、黒い目と太い足が目立つ元気な子犬を我が家に迎えたこの日。私たち家族の歴史が始まった記念すべき日です。

あれから10年。2人と1匹の家族は4人と1匹に拡大しました。夫と私とロビンは10年分ヨレてるけど、お互いに対する愛情は10年分成長しています。この日をこうして迎えることができて本当に幸せだなーと思います。すべてにありがとう!神様ありがとう!と大きな声で言いたいぐらい。

ロビンは相変わらずリハビリの日々です。3月23日の診察で、獣医さんから「ここまできたら、後は飼い主さんがどれだけこの子に時間をかけてやれるかで決まります」と言われました。以前はヘルニアが悪化することを恐れて大好きなボール遊びも封印していたのだけど、これからはどんどん運動させるようにしてくださいとのことなので、毎日サッカーしたりお風呂で泳がせたりしています。そしたら動かなかった左足をなんとな~く動かしてるみたいな気が。まだまだ歩くところまではいってないけど、少しだけ足を前に出そうとするようになりました。

これまでの10年間を振り返ってみると、私は常に「翻訳の仕事がしたい」とか「母になりたい」とか、漠然とした夢を現実にするためにまず身近なところから一つ一つ目標を設定してそれをクリアする、ということを繰り返して少しずつ前進してきた気がします。具体的な目標に向かって地道な努力を続けていると、ふとしたときに神様が助けてくれたということかもしれません。今の私の夢は「ロビンが歩けるようになること」なので、それに向けて一つ一つ目標をクリアしていけば、いつか現実になるかな、と思うのでした。
e0122514_21584137.jpg

普段はほとんどベビーカー使わなくなったけど、リハビリ場所にしている山の上の広場まで上る時はベビーカーで一気にいかないと、道草大好きな双子だけに時間がかかってしょうがない。

[PR]
# by honyakusha | 2008-04-01 21:20 | | Comments(2)

アンパンマン=Red Bean Bread Man

3月も今日で終わり。いよいよ明日から新年度で、この4月から我が家にとっても新しい生活が始まるという期待がいっぱいです。先月、双子がこのたび入園するお教室の説明会にいったのですが、子供たちひとりひとりのお道具を入れるカゴに1人ずつ違うマークが付くこととか、準備するタオルとかコップとか、もう聞いてるうちに「未熟児だったあの子達も一人前になったんだなー」と感激で涙目になってしまった母でした。お着替えいれの袋やスモックも手作りしてやりたくて、調子の悪かったミシンを修理してもらったりしたんだけど、いざ作るとなるとなかなか時間が作れず入園式に間に合うかしら。

相変わらず言葉が遅い双子だけど、それでもルカは少しずつお話しするようになってきたかな。最近は「こわい」とか「すごい」とか「いたいよ」と言うようになって、でも用法まではよく分かってないみたいで、犬グッズの通販カタログに載ってる骨ガムを見て「こわーい」と言ってみたり、スーパーの入り口で「すごーい!」と言ったり。ピカは相変わらずあまりしゃべらないけど、少しずつ単語を覚えてるような気が。「こっき(ひこうき)」とか「ちょうちょ」とか。でも彼は言葉を使わないコミュニケーションは得意みたいで、ショッピングセンターのエレベーターに乗りあわせた見知らぬお姉さんともすぐお友達になってしまうし、いつでも誰にもニコニコして可愛がられる得な性分らしい。

そろそろオムツのサイズがLでも小さいかな?と思う感じになってきました。最近ルカのお気に入りはアンパンマンのパンツ型オムツですが、Lサイズにはアンパンマンとドキンちゃんの2種類が入っており、必ずドキンちゃんを自分で出して自分ではくというのがお決まり。でもLより大きなビッグサイズだと入ってるのがアンパンマンとカレーパンマンなので、ちゃんとはいてくれるか不安。

庭で遊びながらずぼんを脱いでしまってる2人。たまにオムツも脱ぎ捨ててとても恥ずかしい格好で遊んでいたりする。
e0122514_14305754.jpg

[PR]
# by honyakusha | 2008-03-31 14:36 | 双子 | Comments(0)

やれやれ

やっと、少し落ち着きました。
2月に沖縄へ旅行に行き、その後ロビンが退院したあたりから仕事が猛烈に忙しくなってしまいました。ますますパワーアップする双子と毎日格闘しつつ、4週間で3000枚の字幕を書き上げ、ようやくひと段落。

ロビンは少しずつ回復してはいますが、まだまだリハビリに時間がかかりそう。双子は4月から週2日午前中だけ幼児教室に通い、週1日は保育園に行くことになりました。今まで、できるだけ手元で育てたいと幼稚園も年中からにしようと思っていましたが・・・。先日、臨床心理士の先生がうちの双子(特にルカ)の好奇心の強さや活発さを見て、この子を今までケガもさせずに育てたお母さんはすごい、とおっしゃいました。そして、こういう子はきっと集団生活の中で伸びていくとのことなので、やっぱり来年は幼稚園に通わせようかなと思うようになりました。私の仕事も徐々に分量が増えてきて、なんだかこのままでは母にとっても双子にとってもよくない感じ。

仕事は育児しながらやるのは大変だけどやっぱり面白いと思うし、双子は現在もたまに行く保育園や託児所が楽しくて仕方ないらしいので、きっと幼稚園も楽しめると思うのです。それにロビンのリハビリにも時間を割いてやりたいし。そう思うとますます、今双子と一緒に過ごせる日々は貴重なんだなと思うのでした。

[PR]
# by honyakusha | 2008-03-25 22:17 | 仕事・趣味 | Comments(10)

耳=ear

日経新聞土曜版に「突発性難聴」に関する記事があった。最近よく耳にするこの病気、他人事ではありません。私も7年前になりました。

夜、BBCで火星に探査機が着陸したニュースを見た後、なんだかずいぶん大きな耳鳴りがするなぁと思いつつ床に就き、朝、目が覚めたら何かが変。ロビンの吠える声がいつもと少し違って聞こえるような…と思いながら夫を仕事に送り出し、さて、私も通訳学校へ行こうか、と思っていたら電話がかかってきた。受話器を取って左耳にあてると「?」何も聞こえない。無言電話かな?持ち替えて右耳にあてたらちゃんと聞こえる。受話器の故障?いやいや、私の左耳が聞こえてないんだ、とそこで気づいたのでした。

たいしたことないと思うけど一応病院へ寄ってから通訳学校へ行こうと思って、軽い気持ちで診察を受けたら「突発性難聴だと思います。治る確率は30%。すぐ入院してください」と言われた。そう言われてもすぐに入院なんてしたくなかったし、当時はこの病名があまり知られてなかったため、事態の深刻さに気づかず、このまま入院はちょっと…と言って点滴だけ受けていったん家に帰ったまぬけな私でした。

家に帰ってからネットで調べて分かったのは、この病気を発症してすぐに治療をせずに放置したため、聴力が回復しないまま生涯耳鳴りに悩んでいる人が大勢いること、入院治療で治らず東洋医学に頼って鍼治療を長く続けている人も大勢いることなど。鍼の治療院に電話してみたら「今日のうちに入院できる病院を探して治療を始めたほうがいいです。」と言われた。あわてて病院を探し、無理を言って即日入院させてもらった。

私の場合、聞こえなくなった当日に治療を始められたおかげで、2週間の入院治療で無事に聴力は回復した。左耳が完全に聞こえなくなっていたのはほんの数日間で済んだけど、やはり片耳が聞こえないのは不便だな、と思った。普通に生活することが不可能なわけではないし、たいていの仕事はたぶん支障なく出来るけど、耳をよく使う映像翻訳の仕事が今ほどストレスなく出来るわけではないと思う。あの時、事態の深刻さに気づいて本当によかった。すぐに入院するよう勧めてくれた鍼治療院の方や、金曜日の夕方だから月曜まで入院は受け入れませんと何軒もの病院に断られたのに、今から来てもいいですよ、と言ってくれた横浜の病院には今も感謝している。

突発性難聴の原因はウィルス感染やストレスが考えられるけど原因は不明らしい。でも私の場合、通訳学校の会議通訳コースと放送通訳コースの両方に通って熱心に勉強していた頃だったから、毎日自宅や地下鉄の中でもイヤホンで英語のスピーチをずっと聴き続けて、相当に耳を酷使していたことが、もしかしたら原因になっていたのかもしれない。その後は会議通訳はやめて、自分に向いていると感じた放送通訳だけ続けることにした。

今もイヤホンして仕事ながら、左耳が聞こえないとドキッとする。それはたいていプラグの接触不良なのだけど。でも1度なった人が再発しないわけではないので意識して耳を休ませるようにしている。耳、大事にしましょう。

[PR]
# by honyakusha | 2008-02-10 07:34 | 仕事・趣味 | Comments(0)